綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,643 記事

子供っぽい男性の特徴と上手な付き合い方

2016年10月5日更新 | 9,229 views | お気に入り 238

大好き!でも大人になって欲しい!子どもっぽい男性の特徴と上手な付き合い方

こんにちは、今井翔です。あなたは今、こんなことに悩んでいませんか? 

「彼の行動が、将来を考えているようには思えない」
「趣味に没頭し過ぎて周りが見えない」
「すぐに怒る」
「いわゆるマザコン…?」

これらを一言であらわすと、「彼が子どもっぽい性格で悩んでいる」といえます。
多かれ少なかれ、男性は女性に比べるとこういった特徴があるため、特に女性から見るとその特徴が際立って見えてしまうでしょう。

では、あまりにそういった特徴が強い男性とうまく付き合うにはどうすれば良いのでしょうか?今日はそのコツについて、説明いたします。

無邪気で魅力的! でもちょっと大人になりきれていない…

子どもっぽい男性は、同年代の男性と比べるととても魅力的に見えます。感情を正直に表現したり、純粋な雰囲気が自分まで無邪気だった青春時代に戻るような気分にさせてくれたりするからです。あなたが年上であれば、より一層そう感じさせてくれるでしょう。

でも、あなたはきっとこう思っているはずです。
「彼がもうちょっと大人になってくれたらなぁ…」と。
ときには無い物ねだりのように思えてしまい、どこかで彼が大人の男性のように振る舞うことを諦めているかもしれません。

そもそも、なぜ彼がそういった子どもっぽい特徴を持っているのか?その理由は大きく分けると次の2つのように考えられます。

理由1:成熟した男性ではないから

直球すぎてショックかもしれません。
でも、本当のことですし、あなたはどこかで気づいていたのではないでしょうか。子どもっぽい特徴を持つ男性は、つまるところ男性として成熟していません。つまり、精神的にまだ大人になりきれていないのです。

もちろん年齢的にとても若い男性であれば、それも仕方ないでしょう。でも、もしも30歳以上でそういった特徴を感じるのであれば、彼には成熟した男性となる試練が必要です。もしその試練がこなければ、彼は一生子どもっぽいままでしょう。

理由2:あなたが大人すぎるから

もしも他の友人から見て、彼が子どもっぽくない場合、それはあなたが大人としてあまりに成熟し過ぎていて、そう見えてしまうだけのことです。ふたりの人間が関係を持つとき、互いのエネルギーの強さによって、表に出てくる人格は変わってきます。あなたも会う人間によって、自分が子どもっぽいと感じるときがあると思います。それと同じです。彼は、あなたといるときだけ子どもっぽい性格になってしまっていますし、あなたもそう見てしまうだけのことです。

冷静に判断するために、あなたの友人(できれば女性)に彼の評価を聞いてみてください。もしも他の友人から見て彼が子どもっぽくない場合は、あなたが大人過ぎてそう見えるだけのこと。特に気にする必要はありません。

それでも大好き。そんな彼とうまく付き合うには?

ここまで読んでも、彼に対するあなたの気持ちは変わりませんか?
それであれば、ひとつ良いお知らせがあります。それは、あなたは彼を変えることができるということです。

もちろん私たちは、誰か他人をコントロールすることはできません。最終的に、彼が大人の成熟した男性になるには、彼自身が決断し行動する必要があります。でも、彼に一番近いあなたはきっかけを与えることができます。

長期的にふたりが幸せになるためには、彼が大人になる必要がありますよね?
それであれば、次の方法試してみてください。

解決策:あなたが大人であることをやめる!

今から、とてもあなたが受け入れ難いことを言います。
もしも本当にあなたが彼に大人になって欲しいと思わなければ、この先は読まないでください。
…よろしいですか?

実は、ある心理的な面では、あなたは無意識に彼が子どもっぽい特徴を持っていることを、良しとしてしまっています。なぜなら彼が子どもっぽくあることで、あなたが大人であることを証明し、そして彼をコントロールできる助けとなるからです。

まずはこのメリットを捨てましょう。そして、あなたが大人のポジションを捨てて、彼よりも精神的に子どものポジションへと移るのです。具体的には、彼が成熟した大人として成長せざるを得ない状況をつくるのです。例えば、あなたが彼に大人になって欲しい部分について、改善が見られない場合にふたりが別れてしまうような状況をつくります。

もちろんあなたは彼よりも子どものポジションですから、彼の手助けをしてはいけません。彼が解決をするのです。ここまで話せば、もうあなたが何をすべきか分かりますよね? きっと、そうせざるを得ないような状況というのが何のことか、ピンときているはずですから。

もしもこれが「キツいな」と思うのであれば、あなたが彼を子どものままにしていることを今一度自覚しましょう。あなたと彼についてのあらゆることは、ふたりの関係性で起きています。彼について思うところがあれば、あなたもそれに加担しているのです。

心配なのは分かります。でも…

「そんなことをしたら、彼に嫌われてしまうんじゃ…」
そうあなたは思うかもしれません。もちろん、嫌われる可能性もあります。もしかしたら、別れてしまう可能性もあります。でも、今この関係を変えようとしなければ、ふたりはずっとこのままです。彼もまた、ずっと子どもっぽいままでしょう。

けれどもある方向の未来では、彼があなたに感謝しているのを気づきませんか?
彼が大人の男性として成熟し、そこまで高めてくれたあなたを絶対に手放さない未来です。嫌われてしまうリスクを背負ってまで、大人にさせてくれたあなたを、一生愛そうとする未来です。

どちらの未来に行くかは分かりません。でも、少なくともお互いの関係は前へと進みます。なぜなら、どちらに進んでもあなたは違うステージにいるからです。

著者情報

才能・パートナーシップ・自分らしい生き方の専門家

本記事は、2016年10月5日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。