綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

浮遊感を楽しむ!リラックス効果抜群エアリアルヨガの魅力

2016年9月30日更新 | 2,292 views | お気に入り 221

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。
皆さんは、エアリアルヨガ(空中ヨガ)を聞いたことはありますか?
今や世界中に様々な団体が作られ、人気を集めているエアリアルヨガは、天井からつるした布に体を預けながら行うヨガで、アメリカのダンサー出身のアイデアが発祥です。
今回は、エアリアルヨガの特徴や効果、ポーズのご紹介をします。

画像出典:http://yard-yp.com/top

エアリアルヨガの特徴

エアリアルヨガは、天井からつるした布に体を預けて行うため、体の一部または全部が床から浮いた状態でゆらゆらと動きます。
ですから、体の一部が浮いたまま通常のヨガと同じポーズを取ろうとすると、ポーズを安定させるためにコアの筋肉をより強く意識して使うことになり、体の軸や体幹の強化を図ることができます。

体の全部が浮いた状態になると、通常のグラウンディング(大地とのつながり・接面の意識)がないため、不安定ですが、普段お尻に根が張ったように動きが鈍くなりがちな方には、気の流れが良くなりフットワークが軽くなるという側面や、日常生活では味わうことのできない浮遊感を楽しむことができます。

また、布に体を預けることにより、より楽に大きく筋肉を伸ばすことができたり、包み込まれるリラックス感も味わうことができます。

そして、コウモリのように逆さになるポーズを楽に取ることができるのが、エアリアルヨガ一番の特徴です。通常のヨガで逆さになるポーズを取るためには、重力に逆らう必要があったり、筋力が必要であったりして、危険性や難易度が上がりがちです。

しかし、エアリアルヨガでは、布にぶら下がるだけで、簡単に逆さまになることができ、同様の効果を得ることができます。

エアリアルヨガの効果とポーズ

体幹を使ってバランスを取るポーズ…英雄のポーズ

片足の膝を布にかけて行う英雄のポーズ。床と接しているのは片足だけ、しかも開脚をしている状態なので、布がゆらゆらしないように足裏や内もも、骨盤周りの筋肉を使って、動きを止めるようにします。

体の全部が浮いたポーズ…立ち木のポーズ

 

布の上に立った立ち木のポーズ。足裏は不安定で、ゆらゆらと揺れる状態ですが、布と一緒に吊り下がるような、鉛直感(天と地を結ぶ垂線)を体感することができます。
体のエネルギーが上に昇りやすく、下りた後にもふわふわと浮いたような感覚が残るので、落ち込みがちでエネルギーが下へたまりがちな人には最適。

布に体を預けて気持ちよく体を伸ばせるポーズ…前後開脚

布に足をかけてぶら下がり、重力を利用して前後開脚をするポーズ。通常のヨガでは、地面に手足をつくため、ストレッチをするのに筋肉の緊張を伴うことが多いですが、布に体を預けることで、ある程度リラックスしながら大きく伸ばすことができます。180度以上の開脚も可能になり、柔軟性もアップします。

布に包みこまれるリラックス感を感じるポーズ…シャバアーサナ

 

通常のシャバアーサナでも、ブランケットなど体に布が触れているとリラックスするものです。
まゆのように包み込まれたプライベートな空間を安心して楽しむことができます
(シャバアーサナ…仰向けになってくつろぐポーズで、全身の力を抜いて心地良く呼吸をします。)

逆さになるポーズ…合せきのポーズ

 

腰に布をかけてひっくり返り、足裏を合わせたポーズ。逆さになること、維持することに一切力を使わず、体重を委ねるだけでいられます。逆さになる効果は高く、毎日2分以上逆転ポーズを続けると、血圧や心拍数の低下、下腹部の血流を良くする、椎間板に栄養を送るなど、健康に与える影響がみられます。

そのほか、布に体を引っかけることで筋肉や関節が引き伸ばされる効果、布か体にかける圧力でマッサージ効果、布に体を乗せるため握力向上や腹筋の力がつくなど、数限りない効果が期待できます。

おわりに

いかがでしたか?
華やかで非日常が味わえるだけでない、心身へのたくさんの影響があるエアリアルヨガ。その魅力を味わいに、ぜひ体験してみてくださいね。

撮影協力:ヨガスタジオYARD 私もこちらでエアリアルヨガを学びました♪

★エアリアルヨガを体験できる教室
エアリアルヨガ専門ヨガスタジオですと東京都内に10か所程度、スポーツクラブやホットヨガスタジオ内併設スタジオもできてきています。

●平均的な時間…1レッスン60~90分

●平均的な値段…1レッスンあたり3500円程度

専門スタジオは数人程度の少人数で丁寧に指導してくれるところがほとんどです。

著者情報

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター

本記事は、2016年9月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。