綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,854 記事

亜麻仁油を乾燥肌に塗るといい?亜麻仁油のヒミツ

2014年9月17日更新 | 18,224 views | お気に入り 433

油を体の中と外に摂ったら体に良い油

美容を語る上で、油(オイル)というのは、切っても切れない位置にあります。例えば、オリーブオイル。イタリア料理でお馴染みのこのオイルは、エステでマッサージする際に用いることもありますし、クレンジングの成分としても、もう一般的です。アーユルベーダで使うごま油は、食べても香ばしくて風味豊かな美味しさがあります。そして最近注目なのが、亜麻仁油です。亜麻仁油も、食べてもよし、塗ってもよし、と言われているものですが、今回はその亜麻仁油についてのオハナシです。

亜麻仁油の正体とは!?

アマの種子からとれる油です。

アマ、という植物自体、あまり馴染みのないものですが、その種子となると、もうよくわかりません。ということで、大元については置いておいて、このアマの種子が熟して、それを潰して出てくる油、これが亜麻仁油の正体です。空気に弱く、空気に触れると固まる、という性質を持っています。熱に弱いため、保存は冷暗所で常温で保存するのがおススメです。食べる時は、加熱はせず、サラダにかけたりして食べると、成分を壊すことなく摂取できます。

注目はαリノレン酸

この亜麻仁油の成分のうち、αリノレン酸(別名オメガ3)、これが注目の的の成分で、ろうやらいろいろな体の不調に効果がある、ということが医学的にわかっています。体内でαリノレン酸が不足すると、人間は肌荒れ、アレルギー反応が出てきます。ですので、例えば、このαリノレン酸を体内に摂取することにより、アトピーや花粉症、アレルギーといった症状を和らげる効果があります。アトピーでは、直接塗ると皮膚の炎症を和らげる効果があるため、乾燥肌にもいいのでは?と考えるのは、自然なことかもしれません。

「乾燥肌へ亜麻仁油」の使用感の感想

実際に亜麻仁油を乾燥がひどいところに塗ると、油ですから最初はヌルヌル、とか、テカテカしていて、心地いい、とは少々言いにくいものです。ですが、肌表面を包み込んで保護し、水分が逃げていくことを防ぐ、という点では、亜麻仁油をお肌に塗るという面から見ると、これは理にかなっています。オリーブオイルと同じように、精製された上質の油ですので、乾燥対策になることがわかります。乾燥が激しいところに塗っても良いし、手首などに塗ると、そこから体内に入って、血の流れに乗って、体中にこの成分が行き渡る、という使い方もできます。

酸化しやすいので、開封後は出来るだけ早く使ってしまうこと

亜麻仁油は熱や酸素に弱く、これらのものに触れると酸化する恐れがあります。酸化してしまうと、”良い子”だった亜麻仁油は一変、私たちの体に”悪い子”になってしまいます。生活習慣病の一つ動脈硬化の原因にもなるトランス脂肪酸に豹変してしまい、私たちの体に害を及ぼすようになります。短期間で使ってしまえるように、小さい容量で購入するか、開封後は出来るだけ早めに使い切ってしまうようにしましょう。

★亜麻仁油の記事をこちらのサイトでも公開中♪

亜麻仁油で痩せやすい体づくり!ダイエット中に摂るならこれ! | ダイエット教習所

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2014年9月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。