綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,765 記事

美肌細胞を活性化するエネルギーの取り入れ方~ユヒャン流韓方美容法~

著者情報

韓方美容家/フードプランナー/美容ジャーナリスト

2014年9月17日更新 | 2,855 views | お気に入り 309

「気」を補う心のスキンケアが不調知らずの美肌を作る 

美肌を手に入れるための外側からだけのケア、そろそろ卒業してみませんか?

「体の中が健康でなければ、外見の美しさは手に入れる事ができない」
これは韓方美容の基本概念でもあります。

どれだけ頑張ってお手入れしても、体の状態、心の状態が健康でなければ内側から輝く健康美肌を手に入れる事ができません。

予防医学、予防エイジングのヒントとなる考えが沢山詰まった韓方の百科事典である「東医宝鑑」の中にも、健康を維持するには「食生活」と「心の持ち方」が大切であると書かれています。

今回は、体の内側から元気になり、美肌細胞を活性化してくれる韓方×ユヒャン流「心のスキンケア方法」をご紹介したいと思います。
外から重ねるだけではなく、体の内側に目を向けて、体の声を聞く事で更に生き生きとした美肌を手に入れる事ができます。

「気」を重視する韓国

image

私ユヒャンが美を追求する国、韓国は「気」をとても大切に捉えています。

昔、韓国では首都を決める時に気の流れの良い場所に首都ソウルを作り、その中でも最高に「気」の流れが良い場所に王様が住む「景福宮」を建立したと言われています。今でも景福宮はパワースポットとしても有名です。

気が足りていない時、気分転換に「気(パワー)」をもらえる場所に行く事で不足した気を補う事ができます。

元気の「気」と言うのは東洋医学で生命の源として捉えられています。

「気」の流れが悪くなったり、気が不足してくると体調が崩れたり免疫力が低下したり老化を促進したりします。テレビや雑誌に出ているパワースポットに行くのも良いと思いますが、人によって「気」が合う場所も違ってくると思います。

何となくこの場所にいると元気になるなと思える場所ってありますよね。
大切なのはこの「何となく」の感情。理由は無いけど直感的にパワーをもらえると感じる場所はきっとあなたにとってのパワースポットなのだと思います。

「気」を補う食事を取り入れる

疲れやすい、元気が出ない時は「気」が足りていない状態。そんな状態が続くと心と体に悪影響をもたらします。少しでも疲れたなと感じた時は早めに「気」を補う食品を選択する事が大切です。元気が無い時こそ食べ物の力を実感する事ができます。

今回は手軽に「気」を補う事ができる食材を5つご紹介させて頂きます。
生活の一部に取り入れてみて下さい。

「気」を補う事ができる食材を5選

【鰻】

土用の丑の日にも食べる鰻。鰻は滋養強壮効果が非常に高く、気を補ってくれます。
風邪気味の時に和風だしでとったお粥に鰻をトッピングする事で最高の滋養薬膳になります。韓国では鰻を野菜に包んで食べる方法が一般的です。

新鮮野菜に白焼きの鰻と甘酸っぱく浸けた生姜をトッピングする韓国風の食べ方も美味しくとてもヘルシーです。

【鶏肉】

鶏肉は体を温め、気と血を補ってくれます。

韓国では土用の丑の日の事を伏日(ポンナル)と呼びます。体力が失われる夏の暑い時期に食べて元気をつける料理こそが参鶏湯。参鶏湯とは鶏肉と数種類の韓方、ニンニク、もち米を一緒に煮込んだ料理です。気を補ってくれる食材が沢山詰まった参鶏湯は韓国でも最高の滋養食です。

【きのこ】

きのこは気を補うだけではなく免疫力も上げてくれるパワー野菜の一つです。
きのこには食物繊維やビタミンも含まれているので美肌を維持する優秀野菜。

さっと茹でたきのこに、ごま油とひとつまみの塩を加えるだけで簡単にビューティ−薬膳前菜が完成します。

【かぼちゃ】

かぼちゃは体を温め、胃腸を強くし気を補ってくれる食べ物です。特に胃腸の調子が悪くて元気が出ない時にオススメです。
韓国では病気回復の時や産後にかぼちゃ粥を食べる習慣があります。

胃腸の調子が悪い時、お粥やスープにトッピングする事で胃腸を保護し気を補ってくれます。

【蜂蜜】

疲労回復効果もある蜂蜜ですが、美肌を維持する効能も期待されています。美容健康成分が豊富な蜂蜜ですが実は二日酔いにも効果的なのです。
蜂蜜に含まれている果糖がアルコールの分解を促進し、二日酔いの症状を軽減させる効果があるのです

韓国では二日酔いの時に蜂蜜を水で溶かした蜂蜜水を飲む風習があります。

「気」を満たしてくれる太「陽」シャワー習慣のススメ

やる気が出なくてお手入れも力が入らない時、疲れが溜まってお肌も元気が無い時は心と体にパワーが不足しています。そんな時は朝起きて太陽を全身で受けるとパワーが漲ってきます。

陰陽論で太陽は「陽」に属し、陽の象徴でもある太陽にはエネルギーが沢山詰まっています。太陽のエネルギーは私達を明るく照らし、温めてくれる不可欠なエネルギーです。

朝起きて一分間、体を大の字にして太陽の光を受け、ゆっくり深呼吸をし、今日一日を健康に過ごせることに感謝し続けることで、体の中から元気にしてくれます。

美しく健康な心と身体を保つ為には体の「気」の巡りを良くし、気が満ち足りた状態にすることが大切です。

いかがだったでしょうか?

体の気をコントロールする事で体やお肌トラブルを予防し、心と体を健康に美しく保つ事ができます。人間も自然の一部です。食材や自然のエネルギーを見方にし、共存する事で治癒力が高まり元気を充電することができます。

外から重ねる美容習慣も大切ですが、体の内側に目を向ける事で更に美肌細胞が生き生きと元気になることを実感できるはずです。

「気」を強める心と体のスキンケアを取り入れてみて下さい。

本記事は、2014年9月17日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。