綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,740 記事

バランスが重要!髪色と眉毛&メイクの関係

著者情報

美容師、トップスタイリスト

2016年10月20日更新 | 8,570 views | お気に入り 54

季節によって、女性は髪の色を変えたくなるものです。
変えたくなる要素は色々あると思いますが、春や夏は明るく、秋や冬は暗くされる方が多いです。またファッション的にも春、夏は明るい色の服や、秋、冬は暗い色味の洋服になります。

しかし、髪色を変えるごとにメイクも合わせて少し変化させないと、バランスが悪く見え、組み合わせによっては暗い印象、地味っぽい、不健康、きつい印象を持たれてしまいます。

今回はメイクと髪色のバランスをどうとれば、好印象な雰囲気になるのかをご紹介します。

アイブローと髪色のバランス

201609深尾5

アイブロー(眉毛)は、メイクと髪色の関係の中で非常に大切な部分です。

  • 髪は明るいのに眉が黒い
  • 髪は暗いのに眉が明るい

たまにそんなバランスの悪い方がいらっしゃいます。

バランスが悪いことで、すごく垢抜けない印象の顔になってしまうので、考えすぎずに髪と眉は同色にしましょう。
それだけでバランスの良い印象になります。

さらに髪色がニュートラルなブラウンより、暖色、寒色に寄っている場合は、眉も髪色に合わせるとなお良いと思います。

髪色とメイクのバランス

明るい髪色とメイクバランスのとり方

髪色を明るくして、メイクが濃いとギャルっぽくなったり、逆にメイクが薄すぎると貧相なイメージになります。

チークとのバランス
チークはピンク系で濃すぎずふんわり広めにのせると馴染みます。

●アイメイクとのバランス
アイメイクでは、囲み系はギャルっぽくなるので、ブラウン系のアイライナー&アイシャドーをグラデーションでのせて立体的に。

●マスカラとのバランス
マスカラはまつ毛が一本一本が太くなりすぎないように、リキッド系マスカラでツヤを出しパッチリまつ毛にすると可愛いらしい印象になります。

●リップとのバランス
リップは濃すぎないフレッシュなピンクが合います。

参考にしたい芸能人は?

明るい髪で眉とのバランスがとれた芸能人は、

  • ローラさん
  • 安室奈美恵さん
  • 木下優樹菜さん
  • 北川景子さん

がうまく髪色に眉の色を合わせて非常にあか抜けた印象です。

眉は髪の明るさと一緒かワントーン暗め、明るめがバランスがいいように思います。あまり細眉、太眉にしない方が髪に馴染むでしょう。

黒・ダークブラウン系の髪色とメイクバランスのとり方

髪の色が黒か、黒に近いダークブラウンの場合は、ナチュラルなメイクが似合います。
しかし、ナチュラルすぎても寂しい雰囲気になるので、ポイントを押さえた同色の眉毛、ナチュラルな目周りを心がけてください。

また、近年日本の女性の間では、寒色、アッシュ系のヘアカラーが非常に流行っています。
美容師的に気をつけたいのは、顔色が悪くならない事!
肌の色が、青みがかった色白さんや、くすみ肌、目の下にクマがある方は、アッシュが強いとさらに顔色が悪くなるので気をつけて!

●濃いヘアカラーとメイクバランス

暗い髪に似合うメイクですが、原色や色味の強いシャドーやチークは控えましょう。

ポイントを重視するのではなく、色味はシンプル、肌のツヤ・質感を良くする事を考えましょう。血色が悪かったり、乾燥肌だと余計に暗い印象になるので、ツヤとハリを意識することで、暗めのヘアカラーでも健康的な印象になるはずです。

●暗めのアッシュカラーの髪は肌の質感が大事

まず肌の色を綺麗に見せる事が必須です。
しかし、ファンデーションで隠そうとすると肌の色が消える頃には厚化粧になってしまいます。

ピンクのコントロールカラーを下地にしてからオークル系のファンデーションを使うと、青白い肌がカバーされ健康的な肌色になり、アッシュも綺麗に映えるようになります。
また赤味肌や黄身肌でも、同じようにコントロールカラーが何色かあるので無理に隠すのではなく、うまく肌になじませてあげると肌美人になれますよ。

 参考にしたい芸能人は?

暗めの髪で素敵だなと感じるのは、この方たちです。

  • 水原希子さん
  • 長谷川潤さん
  • 上戸彩さん
  • 深田恭子さん

地毛に近いブラウンの髪色ですが合わせてダークブラウンの眉で統一感が感じられます。眉は細すぎると昔っぽくなるので、地毛を綺麗に活かしたメイクが自然で良いと思います。

ここだけは押さえておきたいポイント!

明るい髪、暗い髪と言っても黄味 暖色 寒色など様々な色味があり、その色味によっても若干メイクの色が変わってきます。

しかしパッと見た時に、印象が強い眉毛に腹ならないよう、髪色と合わせていただきたいと、美容師として、そして男性目線でお願いしたいところです。

いかがでしたか?

髪色、肌色、メイク、トータルバランスで女性は輝けます。
今回紹介したのもバランスのほんの一部です。

ヘアカラーと眉のバランスについては、カラーリングの際に美容師さんに。
ヘアカラーとメイクのバランスについては、コスメカウンターの美容部員さんなどに、悩みを相談してみるのもおすすめです。

是非素敵女子を目指してくださいね!

本記事は、2016年10月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。