綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,812 記事

世間をさわがしている水素水の『今』その正しい知識とは?

著者情報

フリーランス管理栄養士/美容アドバイザー

2016年11月22日更新 | 1,532 views | お気に入り 92

最近何かと話題で、世間をにぎわしている水素水。
身体に良いという情報が出ていたり、一方では効果が実証されていないなんて声もチラホラ。今日は、水素水の今、についてご紹介したいと思います。

水素水の働きとは?

水素水には、活性水素が含まれていて、身体を錆びさせてしまう活性酸素と結びついいて除去してくれる抗酸化作用の働きがあるのでは?と考えられています。活性酸素はシミ、シワそのた老化の原因の一つと言われていますから、それを除去できるとなれば注目が集まりますね。一般的に水素水は、水素または、活性水素が高濃度で溶け込んでいる水の事をいうのです。

活性水素の効果と臨床試験の現状は?

既に、活性水素自体の研究はかなり進んでいる様で抗酸化作用が確認されつつあります。問題はこの活性水素が溶け込んだ状態の「水」を飲んだ時に人体にどう影響するかという事です。直接的ではなく、溶け込んだ水という事なので間接的な影響になります。また、水素は抜けやすい性質があったりもしますから、その部分が話題となっているのです。という事で、なるべく水素が高濃度に入っている製品や商品が注目を集める様になりましたね。そこで、作りたてが一番!
濃度を気にしようなんていう口コミが続出しています。

水素水の種類

大きくわけて3タイプが主流となっています。

  • サーバー型
  • スティック状の発生器
  • アルミパウチ型

サーバーを選ぶときには、据え置きタイプなのか?
それとも卓上型なのか?などのタイプ。

それから、15万円~70万円前後の購入型か1500円~6000円前後のレンタル型かなどの値段。メンテナンスなどの観点で納得のいく商品を選んでみましょう。

スティック型は、価格も安く手軽です。
使う度に溶解水素量が減ってしまうので交換の時期や、作って直ぐに飲むことがポイントになってきますね。パウチ型は、ドラックストアやコンビニエンスストアでも手に入ります。作り置きせず買えるので一番身近かも知れませんね。この場合は水素が抜けていないか容器が何層になっているかもポイントになりますね。


出典元:https://www.amazon.co.jp/

商品のチェックポイント

容器など以外にも商品をチェックする3つのポイントがあります。
まずPH、人の体液に近い7.3~7.8という弱アルカリ性が浸透しやすいと言われています。

2つめは、酸化還元電位、還元力つまり抗酸化作用の強さの目安です。
マイナスが大きいほど効果は高いので、マイナス400~マイナス600mVがオススメと言われています。

最後は、溶解水素量、限界の溶解数値1.6ppmに近いものが高濃度という事になります。

いかがでしたか?

まだまだ、水素水の状態での臨床試験は発展途中。
人体に効果があると最終的に言い切るにはエビデンスが不足している状態いる中、今後の研究報告が待たれているというのが、水素水の今です。
是非、興味のある方は、このチェックポイントなどを基準に自分にあった水素水を見つけてみてください。

本記事は、2016年11月22日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。