綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

歩きながら美しい身体づくりを! ウォーキングをエクササイズに変える方法

著者情報

特定非営利法人日本ウォーキングセラピー協会理事長/ ウォーキングセラピスト

2016年11月30日更新 | 2,322 views | お気に入り 27

年齢を重ねるにつれて維持をすることが難しくなる身体のボディライン。
あれ? 若い頃に比べて友達に会う回数も、外へ食事に行く機会も減っていませんか?

外出が減っていたら、「歩く=運動」が減るわけですから、使わない筋肉はあっという間に脂肪へ変わり、ボディラインがゆるんでしまいます。

身体の筋肉量と基礎代謝量も比例していますので、筋肉の少ない身体ではこれまでと同じ食事をしても、カロリーを消費できません。

体重も少しずつ増えてしまうのは仕方のないこと。
ボディラインが整った代謝のいい身体をキープするには、やはり運動が重要になってきます。でも、毎日忙しいしジムに行く時間もお金も惜しいですよね。

何か簡単にできること…。

あります!!

それは「ウォーキング」です。

毎日の「歩く」をトレーニングに

特別なことをしなくても毎日できること、それは「歩く」=ウォーキングです。

私たちは毎日歩いて出かけます。通勤やちょっとした買い物、家の中でももちろんですが歩かない日はありませんね。

この「歩く」を意識的に行うだけでエクササイズ、つまり運動になるのです。
毎日ただぼーっと歩いているだけなんて本当にもったいない時間。
さあ今すぐ、「歩く=エクササイズ」をしていきましょう!

ウォーキング3つのポイント

「歩く」をエクササイズにかえる効果的なポイントは3つあります

①正しい姿勢

正しい姿勢を保つことは見えない筋肉、インナーマッスルを使います。
つまり、姿勢をキープするだけで、筋トレになっているということです。

②ラインウォーク

1本の線の上を歩くラインウォークは、内転筋がしっかり鍛えられます。

③蹴りだし

前に1歩足を出すときには後ろ足でしっかり蹴りだして歩きます。
蹴りだすことで、身体の一番大きな筋肉である太ももを使えるので、運動量がUPします。

まずは15分からスタート

最寄駅までの道を、いつものようにただ無意識に歩くのではなく、上記3つのポイントを意識して歩くことによって、「歩く」を「運動」に変えていくことができます。

まずは15分間続けて歩くことで、ときめきホルモンと言われているベータエンドルフィンが分泌されます。

30分ほどたつとドーパミンという快楽ホルモンが分泌され、45分を過ぎるとセロトニンという幸せホルモンが分泌されてきます。

ウォーキングをすると、身体のボディラインを整える運動の効果だけでなく、心理的にも良い効果が得られるのは、実はこれらのホルモンのおかげなのです。

やる気の出ない時、落ち込んでいる時こそウォーキング

自分の体内で分泌されるこれらのホルモンの効果は、ウォーキング後、約3~5時間程度続きます。朝ウォーキングでスタートできたら午前中の集中力が高まり、仕事がスムーズに進むはずです。またお昼休みのウォーキングも効果的。

ボーッと眠くなりがちな午後にも頭がスッキリして、仕事に取り組めます。
夜のウォーキングは1日の疲れが取れ、質の良い眠りにつくことができ、さらに翌日の目覚めもよくなります。

歩くことが未来の時短に

自分の身体の健康を、毎日たった15分間歩くことで得られるとしたらどうですか?

運動不足では身体の代謝も衰え、身体機能も低下していきます。
お肌のハリと艶、美しさも同じです。今の運動不足が、将来の病気や怪我などにつながり、結果未来の時間を消耗してしまうかもしれません。

1駅分を歩くとだいたい15分と言われていますが、この毎日歩く15分間を「エクササイズ=運動」だと考えてみましょう。

気持ちもウキウキ、表情だって明るく美しく輝いていきます。

いかがでしたか?

毎日の「歩く」が未来の健康や美しさにつながり、結果、未来の時間の節約・時短につながります。
さあ、今日から「歩く」をエクササイズに変えて未来の美しい身体づくりをしていきましょうね!

本記事は、2016年11月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。