綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

ストレスと悩みをすっきり解消! かんたん呼吸法

著者情報

美呼吸ウォーキング主宰

2016年12月1日更新 | 2,489 views | お気に入り 109

はじめまして。遠藤美絵と申します。
正しい呼吸と歩き方で美しくなる「美呼吸ウォーキング」を主宰しています。

今回は、ちょっとしたコツを意識するだけで、いつでもどこでもできて、心と体が整う「かんたん呼吸法」をご紹介します。

呼吸と健康の関係

最近、ストレス解消法のひとつとして注目されている「呼吸」。
毎日何気なくしているものですが、実は呼吸と心身の状態は連動しています。

ストレスがたまりイライラした状態が続くと、無意識に呼吸が浅くなり、血管中の酸素が不足状態に。そうなると、一番酸素を必要とする脳まで届かず、緊張状態が続きイライラやストレスから逃れられなくなってしまうのです。

同時に自律神経のバランスも崩れて、代謝も悪くホルモンバランスも崩れがちになり、健康状態にも影響を及ぼしかねません。

本来「自律神経」は、私たちの意思とは関係なく働いてくれているため、自分で意識的にコントロールするのは、難しいのです。ここで、呼吸を意識的に行うことによって、自分の心と体のバランスがとりやすくなり、イライラやストレス解消にもつながるのです。

深くゆっくりとした呼吸をすることで、脳までしっかり酸素が行きわたり、リラックス時にはたらく「副交感神経」が優位になり、本来の元気な状態に戻りやすくなります。

かんたん呼吸法

では早速、今日からできる簡単な呼吸法をご紹介します。

1. まずは姿勢を整える

レッスンの時、私が必ずお伝えしているのが、
「姿勢が変われば呼吸が変わる。呼吸が変われば姿勢が変わる。」
ということです。

姿勢と呼吸は切っても切れない関係。背筋が曲がったり丸まったりしていると、肺が圧迫されて十分に空気を吸い込むことができません。

まずは、呼吸しやすい姿勢を覚えるところから始めましょう。
立っている時、座っている時、それぞれの姿勢の整え方をご説明します。

立っている時の姿勢

 

・頭の重心をかかとと土踏まずの間に乗せる

・目線はいつもより2cm上げて

・体の軸が真っ直ぐ地面に刺さるように、背中とお腹を引き上げ背骨を意識しながら、呼吸しやすい位置を保つ

座っている時の姿勢

・椅子に座る位置を調整する。
 正しい位置は、足の裏全体がしっかり地面に着地するところ

・座骨で座る意識で、骨盤をしっかり立てる。

・椅子の背もたれに背中を沿わせ、頭が前に垂れないように骨盤をたてて座る

2.次に、基本の呼吸を覚える

正しい姿勢ができたら、呼吸法スタート。

基本は鼻呼吸。
「鼻から吐いて鼻から吸う」で一呼吸と考えてください。

呼吸というと、皆さん、吸うことばかりを意識しがちですが、吐ききって初めて空気を吸い込むこことができるのです。

2. リズミカルに呼吸を繰り返す

吐く、吸うでワンセットの呼吸になれてきたら、自律神経が休まる呼吸リズムを覚えましょう。

①鼻からゆっくり長く息を吐いていく。
※ 吐きながらお腹がゆっくりへこんでいくイメージ

② 吐ききったらゆっくり鼻から吸う。
※吸いながらお腹は空気が入って膨らむイメージ。

③最初は5秒かけてゆっくり「吐く」を心がけ、2~3秒かけて吸うこと。

まとめ

今日からできる「かんたん呼吸法」、いかがでしたか?

日常生活のなかでストレスを感じることがあったら、まずは一呼吸。
「吐いて吸う」を3セットゆっくりと繰り返すだけでも、気持ちが落ち着きます。

普段から正しい呼吸法ができるようになると、いつでも心身が安定してイライラしにくくなる効果も期待できます。良かったら試してみてくださいね。

本記事は、2016年12月1日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。