綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,792 記事

少ない手順で意外と簡単! コトコトゆっくり楽しむ煮込み料理

著者情報

株式会社フードクリエイティブファクトリー代表取締役社長、管理栄養士、料理研究家

2017年1月18日更新 | 3,108 views | お気に入り 36

寒い冬は、煮込み料理がおいしいですね!寒さが増すほどにおいしく感じる気がします。
でも、難しそうだから家では作れない、という方もいるのでは?

実は、煮込み料理は意外と簡単に作れます。

煮る時間が長いために難しそうに感じるかもしれませんが、基本的には材料を切ったらあとは煮込むだけでOK!

煮込み料理は、冷める過程で味が染み込むという特徴があります。
よって、煮て火を止めたら一旦冷まし、食べるときに再び温めるようにしましょう。この特徴をいかすことで、おいしい煮込み料理が作れるのです。作る料理にもよりますが、具にしっかり味が染み込むため、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもぴったりですよ!

それでは、レシピをご紹介します。

魚介と根菜のココナッツミルクシチュー


 材料:2人分 

  • 殻付きエビ:6匹
  • アサリ(砂抜き済み):120g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • れんこん:100g
  • にんじん:1/2本
  • ブロッコリー:6房
  • 米粉:大さじ2
  • 醤油:小さじ2
  • 水300ml
  • ココナッツミルク:1缶(400g)
  • 塩こしょう:適量
  • オリーブオイル:大さじ1 

作り方

1.殻付きエビは背わたを取り、尾を残して殻をむく。玉ねぎは6等分のくし切りにする。れんこんは厚さ1cmのいちょう切りにする。にんじんは皮をむいて一口サイズの乱切りにする。ブロッコリーは大きければ縦半分に切る。

2.鍋にオリーブオイルを引いて中火で熱し、玉ねぎを透き通るまで炒めたら、エビ、れんこん、にんじんを加えて全体に油が回るまで炒める。

3.米粉、醤油を加え、水を少しずつ加えて米粉を溶かしたら、ふつふつするくらいの火加減で10分煮る。

4.あさりを加えて口が開くまで煮たら、ココナッツミルク、ブロッコリーを加えてとろみがつくまで煮る。

5.塩こしょうで味を調えたら火を止める。そのままおいて冷まし、再び温めてから食べる。
(部屋があたたかい場合は粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてください。)

牛乳の替わりにココナッツミルクを入れた濃厚なシチューです。香りがよく、魚介や野菜の旨味がぎゅっと詰まっていますよ。少量の醤油を入れることで風味と旨味が加わり味わい豊かになります。冷めると濃度が増すため、煮詰め過ぎず、少しとろみがついたら火を止めるようにしましょう。

スパイス香る豚角煮

材料:作りやすい分量 

  • 豚バラブロック肉:600g
  • 長ネギの青い部分:1本分
  • 生姜:1かけ
  • 茹で卵:4個
  • 長ネギの白い部分:1本分
  • ごま油:小さじ1
  • A【水:600ml、醤油:大さじ5、オイスターソース:大さじ1、酒:大さじ5、きび砂糖:大さじ2、はちみつ:大さじ1 

作り方

1.長ネギの白い部分は4cm幅に切る。生姜は薄切りする。豚バラブロック肉は厚さ2cmの大きめの一口サイズに切る。

2.鍋にごま油を引いて中火で熱し、豚バラ肉の表面を焼いたら一旦取り出し、キッチンペーパーで油をふきとる。

3.2の鍋にひたひたの水を入れて強火で熱し、沸騰したら豚バラ肉、長ネギの青い部分、生姜を加えてふつふつする位の火加減で1時間茹でる。

4.3をザルにあげ、鍋をさっと洗ったらAと豚バラ肉、茹で卵を入れて強火で熱し、煮立ちそうになったら火を弱めて落し蓋をし、ふつふつする位の火加減で1時間煮る。

5.火を止めてそのままおき、再び温めてから食べる。
(部屋があたたかい場合は粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてください。)

台湾の定番料理、ルーローハンをイメージして作った香り豊かな豚の角煮です。煮汁と一緒にごはんにのせて食べるのがおすすめですよ。豚バラ肉は脂が多いため、下茹ですることで余分な脂肪を落とすことができる上、やわらかく仕上げることができます。また、落し蓋をして煮ることで、全体に味がしみ込みやすくなりますよ。

余ったシナモンスティックや八角はホットワインや紅茶に入れるとおいしく使い切れます。

意外と簡単においしく作れる煮込み料理。今年の冬はお家でぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

本記事は、2017年1月18日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。