綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,863 記事

足の悩み研究家が教える、足のアーチ構造とカンタン!偏平足セルフチェック&改善法

著者情報

足の悩み研究家 サロンオーナー エイジレスフットアドバイザー®

2017年1月31日更新 | 2,261 views | お気に入り 110

こんにちは!足の悩み研究家の大多和圭子です。

最近、楽ちんな靴を履いているはずなのに、足が疲れる・足が辛い。
そんなことありませんか?もしかしたら、その原因は知らないうちに「偏平足」や「浮き指」になっていることかも?

偏平足

足は片足28個の骨で形成され、その一つ一つはおもに、筋肉、靭帯、腱、で支えられ、それが3点のアーチ構造となります。


出典元:http://drscholl.jp/

この虹を描くような絶妙なバランスを保っている足裏のアーチは、「縁の下の力持ち」として、あなたの体重を毎日支えているんです。
このアーチのバランスが崩れてしまうとどうなると思いますか?

足裏から足首そして脚、膝、腰、上半身へと歪みが徐々に生じてきてしまいます。足裏はあなたの体重を支え、走ったり飛んだり、踏ん張ったりしています。
足の3点のアーチと足指は平らな道だけではなくガタガタな道、険しい山道を歩いたり走ったりすることを容易にしてくれます。

ちなみに走った時、片足に体重の3倍以上もの負荷がかかるんです。
飛び跳ねたら6倍!足裏のアーチ構造ってすごいですよね。

偏平足は、土踏まずや、かかとがつぶれたような状態になるため、衝撃を吸収するバネがないので、着地した時の地面の衝撃を直接受けてしまいます。
ひざ痛や腰痛が辛い!という方は、もしかしたら偏平足が原因かもしれません。
そのため疲れやすく、むくみが出やすい方は痛さを感じることさえもあります。

あなたの足は大丈夫ですか?

柔らかい素材や構造のため型崩れしていませんか?

 

オフィスサンダルのかかとからずれていませんか?

 

かかとが斜めに着地していませんか?

 

足首からかかとがねじれてしまい土踏まずがつぶれていませんか?

偏平足チェック!

☑スリッパをはいたときのように、足を引きずったように歩く

☑歩きスマホなど下を向いた状態で、猫背で歩く

☑ペタペタと歩く

☑急な体重増加でドスドス歩く

☑走るのが苦手になった

☑歩くのが遅くてついていけない

☑土踏まずが痛くなる

☑靴の中でかかとがしっかりと固定されていない

☑自分のかかとより大きい靴ばかり履いている

☑足が靴の中で動いてしまい踏ん張りにくい

☑靴自体がグニャグニャですぐに形が崩れる

☑かかとの減りが早い

☑つまずいたり、転びやすくなった

☑かかとがホールドされない靴が多い

思い当たることはありましたか?
3つ以上当てはまったら、あなたも隠れ偏平足かもしれませんよ?

肌や体の老化とともに足裏のアーチも衰えて、偏平足気味になっていくこともあります。足の幅が若い時より広くなった!今まで履いていた靴が履けなくなった!ヒールで歩けなくなった!そんな方も要注意!

偏平足の改善方法

①足裏の土踏まずを作るように弓状にグーをする

②親指がぐらつかない高さでつま先立ち5秒キープ 

浮指

横のアーチが船底のように低下してしまい指が自然と浮いてしまいます。
そうなると指の筋力が衰えはじめてきます。ウオノメやタコができやすく、巻き爪にもなりかねません。

日ごろから足指のグーパーなど指を動かす。五本指のソックスを履くなど靴を脱いだら足指をリラックスさせてあげましょう!

浮指の改善方法

①足裏のアーチや足指を鍛える
浮指の改善には、足裏のアーチや足指を鍛えることが重要です!しかし、それは何も「筋トレしてください!」というわけではなく、「姿勢を正しく歩くこと」がポイントです。そして正しく歩くには足にフィットし、かかとがずれない靴が必要です。

② インソールの活用
いつのまにか、「楽ちんな靴→ゆるい靴」を選んでいませんか?それは足に余計な負担をかけることになります。
アーチをしっかりと支える、3点のアーチをサポートしたインソールを是非活用しましょう。


出典元:http://drscholl.jp/products/041.html

いかがでしたか?

「足裏アーチのバネ」と「足指のグリップ力」は引き締まった足首や、ヒップアップに効果抜群です!

そして女子力を上げる勝負靴のハイヒールを履きこなす、美脚力を保つこともできます。

そのためにも、颯爽と歩くことを習慣づけましょう!

本記事は、2017年1月31日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。