綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

すべすべかかとも夢じゃない!かかとのガサガサ対策

2014年8月12日更新 | 4,540 views | お気に入り 357

人前で素足になるのが恥ずかしい原因の一つが「ガサガサかかと」です

人前でカカトを見せることに抵抗ありますか?

サンダルを履くと目立つし、「人前で素足になれない!」という女性は多いですよね。

自分で触ってもガサガサになっていると気になるし、またストッキングに引っかかって、すぐに伝線してしまうことも多いと思います。

ガサガサかかとが原因で、1回でストッキングがダメになるなんて「ショック!」ですよね。

かかとが気になる方は、「すぐに何とかしたい!」と思って、かかとのケアを少しハードにしすぎる方が多いようです。

サロンでお客様にお手入れ方法を聞いてみると、一回で角質を取ろうとして思いっきりやすりでガシガシと力をこめて削ってしまったり、刃物や爪切りでカットしてしまったり、手で剥いてしまったりしているケースがあるとのこと。

角質を取りすぎることで保水力が低下してしまい、更にかかとがガサガサになってしまうという方が多いようです。

足裏、特にかかとは歩く時にあなたの体重以上の負荷がかかるので、相当の圧や摩擦の影響を受けてしまいます。

ですから、本当は柔らかいクッションのような役目を持つお肌が理想です。

自宅で簡単にできるかかとケア

簡単に自分でできる、かかとケアをご紹介しますので、あなたのかかとケアのお手入れ方法をもう1度見直してみてくださいね。

 

① ケアの前に温めてから専用やすりでケア

専用のやすりは「粗い面と細かい面があるやすり面が長くて、しなるもの」がおススメ♪

かかとやすりでケア

まずはシャワー、あるいはバスタブでしっかりお肌を柔らかくしていきます。そうすると余計な角質がやすりで無理なく削ることができます。 

足がいつも冷たい方は、表皮が固くなりやすいので、いきなりケアをすると傷をつけてしまいます。

固くて頑固な角質は、かかとが温まりふやけた状態で粗い面でケアし、細かい面で最後に整えましょう。

ポイントは「かかとのカーブに沿うように一定方向にやすりをかける」ことです。

難しいようでしたら、くるくると優しくかけましょう。

 

ポイント!

やすりでのケアは20秒~30秒くらいが理想的で「もうちょっと削りたい!」と思っても我慢!

一気にガシガシと角質を取りすぎないことが大切なんです。力を入れて往復がけはNGです。

足裏の角質は残念ながら悪者のイメージですが、お肌の保湿には角質層は必要なのです。くれぐれも取りすぎないように。刃物などを使うと、後でヒリヒリする場合があるので削りすぎに気をつけてくださいね。

※使用する「やすり」はきちんと洗って干して清潔に。

 

② 必ずケア後は保湿をする

足の保湿は「べたべたするからイヤ!」という方が、とても多いのですが、かかともやはり保湿は必要です。 

もしこれがお顔だったらどうでしょう?

洗顔後に何もつけなくてもすべすべのお肌になるでしょうか?

保湿はお顔同様、足にも必要なのです。

やすりでケアした後、石鹸で足を必ず洗って清潔にしてから保湿をしましょう。

 

③ 日常のお手入れ

保湿については、ヒアルロン酸や尿素入りなど、しっかり乾燥を防ぎ、負担無くなく角質を取り、肌の代謝を補う為の成分が入っているものがおススメです。

例えば、クリームやオイルやフット専用クリームがおススメですね。

フットクリームをお持ちでない方や持ち歩きに便利なのはハンドクリームを使うといいでしょう。手の平と足裏の皮膚層は同じなので、お持ちのハンド用保湿クリームで、べたつき感がなく、お気に入りのものがあれば代用してもいいでしょう。 

また、冷え症で足がいつも冷たい方におススメなのが「馬油クリーム」。

馬油は人の皮脂に近く、溶ける温度が低いため低温でも固まらずにサラッとしてなじみやすいようです。

 

ポイント!

かかとをつつみ込むようにマッサージをして、保湿クリームが浸透するまで靴下を履いておくとベストです。ラップやスーパーなどのビニール袋を足にかぶせ靴下を履けばパックしているのと同様ですが、この方法であれば短時間でOKです。

5~10分もたてば、肌触り「すべすべのかかと」になるので、思わず頬ずりしたくなるかもしれませんね。

 

ガサガサまでいかないけど、何となくかかとのかさつきが気になる方は、お手入れ方法はやすりよりも、保湿成分の入っているスクラブクリームで行うといいでしょう。

 

④ お手入れの周期

やすりのお手入れは、2週間前後に1度くらいにして、保湿はクリーム等で栄養補給&保湿しながらできるだけ毎日行うと、早くふわふわすべすべなかかとを取り戻せます。 

お手入れした後は、素足より靴下(かかと用靴下など)を履く習慣をつけましょう。

 

ガサガサかかとでヒビ割れしてしまった「鏡餅かかと」で血が出てしまっている場合や、かゆみがある場合など疾病等の疑いがある場合は、皮膚科さんで診てもらう方がよいでしょう。

無理に削ってしまうと余計に痛み、かゆみ等が増す場合がありますのでくれぐれもお気を付け下さい。

 

ふわふわかかとで女子力アップ

素足に気を使ってお手入れが行き届いている女性って素敵だと思いませんか?

足裏までお気に入りの香りのクリームやオイルに包まれて、自信を持ってオシャレなサンダルを履いて女子力アップしましょう!

 

著者情報

足の悩み研究家 サロンオーナー エイジレスフットアドバイザー®

本記事は、2014年8月12日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。