綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,866 記事

脱毛の効果を高める毛の周期とは?

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2014年9月24日更新 | 6,051 views | お気に入り 379

 

脱毛サロンや医療系脱毛などの、プロによる脱毛の場所もどんどん増えています。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛も私たち女性にとって、とっても身近なものになりましたね。

ところで「毛周期」というのを知っていますか?
これを知らないと、せっかくの脱毛も綺麗に終えることができません。綺麗でツルツルの肌を手に入れるため、毛周期について知りましょう。

毛周期とは

毛周期とは別名ヘアサイクルとも呼ばれています。
誕生から抜け落ちるまでの毛の一生のことを毛周期と言います。毛の一生は3つの期間に分けられます。

●成長期(約3~5年)
古い毛が抜け落ちた後、次の新しい毛が生える時期です。毛根内で活発に細胞分裂が起き、新しい毛が生え成長します。
●退行期(約3週間)
活発な細胞分裂が終わり、毛の成長が止まっている時期です。
●休止期(約3か月)
毛の成長が完全にストップし、抜け落ち次の毛が生える準備をしている時期です。

私たちの体に生えている毛は、成長期・退行期・休止期の3つの期間を繰り返しているのです。

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛の原理

黒い色素に反応する

続いてレーザー脱毛やフラッシュ脱毛の原理についてです。
何だか小難しい感じもしますが、しっかりと覚えておきましょうね。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛から発せられる光は、黒い色素に反応する性質を持っています。この性質によってレーザーを照射すると、毛根内の黒い毛や、毛の成長の素となっている毛母細胞が破壊され、毛が抜け落ちる仕組みとなっています。
ほくろやしみといった黒い色素の箇所にレーザーやフラッシュを当てられないのは、毛と同じようにダメージを与えてしまうからなんです。レーザーの熱によって火傷しちゃいますからね。

毛周期とレーザー・フラッシュ脱毛の関係性

毛周期とレーザー脱毛の基本的な仕組みを知った後は、この2つの関係性について知りましょう。今回の本題に突入です。

成長期にのみ効果あり

毛周期には成長期・退行期・休止期があります。
そして、レーザーやフラッシュには黒いものに反応する性質があります。
レーザーは黒い毛が生えている箇所のみに反応するため、毛の生えていない休止期の毛穴には効果がありません。
効果があるのは成長期の毛が生えた毛穴です。退行期や休止期の毛穴には効果ありません

毛は再び生えてくる

レーザーやフラッシュにより成長期の毛穴と毛には効果がありますが、退行期・休止期の毛穴には効果はありません。
退行期の毛は抜けますが、眠っている毛母細胞にはレーザーは届きません。
休止期の毛穴も同じです。
一回レーザー脱毛をしても、また毛が生えてくるのは、レーザーを完全スルーしていた退行期や休止期の毛穴から再び毛が生えてきたということなんです。

そのため、むだ毛のないツルツルの肌にするには何回も脱毛を繰り返す必要があるのです。

脱毛の回数と期間

余裕を持って行いましょう

ツルツルのお肌になるためには、レーザーやフラッシュを繰りかえし行うことが大切です。1回や2回で脱毛処理を止めてしまっては、また毛が生えてきてしまいます。個人によって回数や期間には差がありますが、目安としては、2~3か月おきに10回以上行うと良いでしょう。1年半~2年くらいでしっかりとした効果を感じます。
ただし、10回以上行っても、数年たつとポツポツと毛が生えてくることがあります。これは休止期だった毛穴から毛が生えてきたということです。ツルツルのお肌を保ちたいのであれば、1年に1~2回はレーザーやフラッシュの脱毛を続けると良いですよ。

早く脱毛を完了したいからといって、短期間で何度もレーザー照射するのはダメです。毛周期のことを踏まえれば、効果がないことがわかりますね。また、肌を痛めてしまうので絶対に止めましょうね。

最後に

毛周期に合わせて脱毛していくので、ある程度の期間は必要ですが、ある程度の回数続けると、だんだんと毛が薄くなり肌が綺麗になってきます。
ツルツルのお肌を目指して、じっくりと頑張りましょうね。

本記事は、2014年9月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。