綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,890 記事

疲れやすいはじまりの時期に食べたい!春が旬の魚とは

2017年4月10日更新 | 3,235 views | お気に入り 130

お魚で元気

魚は疲労回復に効果的なタンパク質やビタミンが豊富に含まれています。
疲れやすいこの季節、旬の魚を食べて元気になりましょう!

春が旬の魚とおいしい食べ方

あじ

青魚ではありますが、臭みがなくさっぱりした味ですね。丸ごと塩焼きにしても美味しいですが、オススメの食べ方がこちら。

「なめろう」

細かく刻んだ身に、大葉、ねぎなどを合わせ味噌で味付けした漁師料理です。お酒のおつまみにもなりますが、白ご飯と一緒に食べるととても美味しく食欲がでますよ。

いさき

白く柔らかい身のいさき。新鮮なものはお刺身でも食べられますが、少し臭みがあるお魚でもあります。臭みが気になるという人にオススメの食べ方がこちら。

「香草焼き」

塩を振って30分くらい放置した後に、塩を洗い流すと臭みがとれます。
そのまま塩焼きにしても良いですが、ハーブをまぶすとさらに臭みが抑えられます。パン粉とハーブ(ミックスハーブで良し)をまぶして多めの油でカラッと焼きましょう。

かつお

春~夏の魚といえば「春がつお」ですね♪さっぱりとしていて美味しいです。刺身やたたきで食べましょう。その際のポイントがこちら。

「たっぷりのにんにくと一緒に」

刺身やたたきで食べる際には、スライスしたにんにくを薬味にしましょう。たっぷり使うのがコツです。にんにくには疲労回復作用があるので、疲れやすいこの時期にぴったりです。

きびなご

春になるとスーパーに並ぶ小さなお魚「きびなご」。
どうやって食べれば良いのか分からない人も多いかもしれませんね。おすすめの食べ方がこちら。

「からあげ」

市販されている唐揚げ粉をまぶして、多めの油で揚げ焼きするだけでOK。
とっても簡単に作れちゃいます。お肉のから揚げもよいですが、お魚のから揚げもまた美味しいです。

さより

細長い特徴的な形をしたお魚ですね。あまり一般的な魚ではありませんが、春になるとスーパーでよく見かけます。

「刺身」

脂肪が少なくさっぱりした味なのでお刺身がオススメです。さばくのが面倒という人は魚屋さんやスーパーの鮮魚売り場でさばいてもらいましょう。

さわら

魚へんに春と書いて「鰆(さわら)」。 その名の通り春の訪れを告げる魚です。

「塩焼き」

実が柔らかく崩れやすいので煮たり、炒めたりすると身崩れを起こしやすいです。ここはシンプルに塩焼きで食べましょう。春の魚の味をダイレクトで感じることができます。

しらす

白魚の稚魚の総称が「しらす」です。特定の魚の名称ではありません。

「生しらす」

神奈川県や静岡県などでは、1~3月中盤くらいまでしらすは禁漁期間となります。数を減らさないための策です。すなわち禁漁期間が終わった今が生しらすが食べられる時期となります。とろっと甘い生しらす。今の時期に味わっておきましょう。

めばる

ギョロっと大きな目が特徴的な魚ですね。見た目はちょっとイカついですがとても美味しい魚です。

「煮つけ」

やっぱりめばるは煮つけが美味しいです。甘辛く煮ためばると、白ご飯の相性はバツグンですね。ちなみに煮つけは冷める時に味が身にしみます。
グツグツ煮た後はすぐに食べるのではなく、少し冷ましてから食べましょう。 

あさり

春と言えば潮干狩りシーズンということもあり、なぜかあさりが食べたくなるものです。
あさりはしじみと同じく、二日酔いや貧血に効果があります。歓迎会やお花見でお酒を飲む機会が多いこの季節にはぴったりの食材です。

「味噌汁」

あさりに含まれる成分は水に溶けだしやすい性質を持っています。栄養を逃さずに食すにはお味噌汁がぴったりですね。あさりから溶け出た成分も摂ることができます。朝一のあさりのお味噌汁。体と心をほっこり温めてくれますよ。

ほたるいか 

足がはやい(劣化しやすい)ため、市場に出まわっているもののほとんどはボイルされています。

「酢みそ和え」

わさび醤油で食べても美味しいですが、酢みそ和えもオススメです。
酢には疲労回復効果があるため、疲れやすいこの時期にぜひとも摂りたい調味料です。ほたるいかの酢みそ和えを食べて、疲れをふっとばしましょう!

最後に

パワーアップ食材というと肉のイメージがありますが、魚も体を元気にしてくれる食材です。食べ方次第でさらに疲労回復効果はさらに上がります。美味しく食べて元気にこの季節を過ごしましょう!

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2017年4月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。