綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

ボーダーって選び方があるの?ベストなボーダーのトップスはこう選ぶ!

2017年4月6日更新 | 22,018 views | お気に入り 147

1.はじめに

春になると手に取りたくなるボーダーのトップス。言わずと知れた定番柄で、無難なイメージがありますが、実は得意・不得意が分かれます。

また、ボーダーの太さや配色によっても、しっくりきたり、違和感が出たりと、似合うボーダーを選ぶのは、案外難しいもの。どこに注目すればベストボーダーが見つかるのか?ポイントをまとめてみました。 

2.ボーダーが似合うのは?

ボーダーは、直線的でカジュアルな柄。この柄がお得意なのは、お顔や体のラインに柄と同じ特徴がある人です。目や顎、フェイスラインが、角ばっていたり、シャープだったりと、お顔立ちが直線的な人。

体型で言うと、骨格がしっかりしていて、肩が直線的な人や、ウエストのくびれが少なく、体のラインが直線的に見える人は、ボーダーがお得意な事が多いです。

反対に苦手なのは、お顔や体型に女性らしい丸みを感じる人。お顔のパーツやフェイスラインが丸く、肩やウエストラインも曲線的な人です。

また、ボーダーは横に膨張して見えるため、とてもふくよかな人や小柄な人にとっても、少し難しい柄となります。

3.似合うボーダーを選ぶポイント

似合うボーダーの幅や配色のコントラストに影響を与えるのは、お顔立ちの印象です。

①お顔のコントラスがはっきりした人

目鼻立ちがはっきりしていて、目のコントラストが強い人は、太め幅で、コントラストが強い配色のボーダーがお似合いです。


画像出典:左:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO404_cpg-105_pno-11_ino-01_ocn-01.html
右:https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/H56035/

②お顔のコントラストが中程度の人

目鼻立ちがシャープで、目がすっきりした人は、端正な印象になる中~やや細め幅で、配色のコントラストもやや強いものがおすすめ。

 
画像出典:左:http://item.rakuten.co.jp/rilltrill/6652003
右:http://item.rakuten.co.jp/ac1753/132-1111b-edera/

③お顔のコントラストがソフトな人

お顔のパーツが小さめで、優しい丸みを感じる人は、細め幅で、配色のコントラストが弱いものがお似合い。一見無地に見える様な同系色の濃淡ボーダーや、白地の多いボーダーが馴染みます。ボーダーが苦手な人も多いので、お得意な素材や色を選んで似合わせましょう。

 
画像出典:左:http://item.rakuten.co.jp/memphis/ant80155/
右:http://item.rakuten.co.jp/angers/147068/

4.スタイルアップするボーダーはこう選ぶ!

①ぼっちゃりさん

ぽっちゃりさんは、中~細め幅のボーダーを選びましょう。VネックやUネックなど、胸元が広めにあいていて、身体に程よくフィットするデザインを選ぶと、すっきり着こなせます。


画像出典:http://item.rakuten.co.jp/memphis/ant80155/

②ほっそりさん

ほっそりさんは、サイズ感が重要です。ゆったりしたサイズを選んで、ふんわり女性らしいイメージに見せましょう。

 
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/cocacoca/16-161208000-04/

②小柄な人

小柄な人がバランスよくボーダーを取り入れるコツは、細め幅のボーダーを小面積で取り入れること。ショート丈やコンパクトサイズのトップス、インナー使いがおすすめです。

 
画像出典:http://item.rakuten.co.jp/garageshop/kw00096/

5.なりたいイメージを叶えるボーダーはこれ!

①カジュアルに着たい! 

ビビッドカラー(原色やマルチカラー)や幅の太いボーダーがおすすめ。ボトムスも、デニムやコットン素材などカジュアルなものを合わせて。

 

画像出典:左:https://search-voi.0101.co.jp/voi/freeword/?store=1&q=%83%7B%81%5B%83_%81%5B#factor=freeword&sortby=5&q=ボーダー&store=1&fcd=10001&color=red&page=2
右:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO404_cpg-118_pno-97_ino-01_ocn-02.html

②大人っぽく着たい!

ベーシックカラー(ネイビー、黒、グレー、ベージュなど)で、細め幅のボーダーがおすすめ。コーディネートの色数も絞って、モノトーンやワントーンでまとめると、ぐっと大人っぽい印象になります。


画像出典:左:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO405_cpg-149_pno-04_ino-01_ocn-03.html
右:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO404_cpg-230_pno-18_ino-01_ocn-03.html

③フェミニンに着たい!

ソフトカラー(パステルカラーなど)で細いボーダーがおすすめ。柔らかいニット素材や、パフやベルスリーブ袖のもの、あるいはレースの飾りがついているなど、甘さがプラスされていると、より女性らしい印象になります。

 
画像出典:左:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO403_cpg-078_pno-21_ino-01_ocn-02.html
右:https://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO403_cpg-067_pno-60_ino-01_ocn-03.html

6.最後に

ここまでボーダートップスの選び方をご紹介してきましたが、ボーダーはトップスだけでなく、ボトムスに取り入れるも良し、靴、バッグで、着こなしのアクセントにするも良しです。シンプルなのにトレンド感がでるボーダー。ぜひ上手に取り入れてくださいね。 

著者情報

AFT1級カラーリスト/センセーションカラーティチャー/骨格スタイル協会認定骨格スタイルアドバイザー

本記事は、2017年4月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。