綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,789 記事

スキマ時間でできる!アンチエイジング「顔ヨガ」レッスン

著者情報

顔ヨガ協会インターナショナル認定アドバンスインストラクター

2017年5月15日更新 | 3,003 views | お気に入り 2

20歳を過ぎると全身の筋肉が少しずつ減っていくと言われています。

なかでも失われやすいのが顔の筋肉。頭蓋骨の上に薄く乗っているだけなので、何もしないと年齢と共に下がり、ほうれい線やたるみの原因になってしまいます。
でも、大丈夫!体と同じで、顔もトレーニングをすれば鍛えることができます。

今回は、アンチエイジングに効果抜群の「顔ヨガ」のポーズを2つご紹介します。

「顔ヨガ」がアンチエイジングに良い理由

「顔ヨガ」がアンチエイジングに良い理由は3つあります。

①血行が良くなるので、しわやたるみの改善や予防に効果がある
②顔の筋肉は体の筋肉よりも小さいので結果が出やすく、若見え効果を実感しやすい
③意識して顔を動かすことが刺激となり、脳の活性化にもつながる

実践している生徒さんたちからも、
「顔色が良くなり、しわが気にならなくなってきた」
「友達から『すごく若返った!』と言われて嬉しかった」
など、効果を実感する声を多くいただいています。

では、早速、アンチエイジング「顔ヨガ」にチャレンジしてみましょう!

アンチエイジング「顔ヨガ」レッスン

今回は、シャワーを浴びながら、コーヒーを淹れながらなど、ちょっとしたスキマ時間でできる「顔ヨガ」ポーズを2つご紹介します。毎日続ければ、2週間くらいで効果を実感できるはずですよ。

「顔ヨガ」レッスンを始める前に

①筋肉を伸縮させることが重要です。しわや表情は気にせずしっかり顔を動かしましょう

②正しく筋肉を使えているか確認するため、できるだけ鏡を見ながら実践しましょう

③ポーズは、自然な呼吸をしながら行います。呼吸を止めないように注意しましょう

スキマ時間でできる「顔ヨガ」ポーズ2つ

1.まぶたのたるみ撃退「まゆ上げ」

まぶたの筋力が低下すると、たるみができて目が小さく見えたり、変に力を入れて目を開けようとして額にしわができたりすることがあります。
まぶたの筋肉をしっかり鍛えれば、スッキリ、ぱっちりした目になれますよ。

① 頭の上から手を回して、親指以外の指4本をまゆにひっかけます。

②指をひっかけたまま、まぶたに少し力を入れて目を細めます。

③まゆにかけた指をおでこから生え際まで優しく引き上げるようにしながら、目をパッと大きく見開きます。

①~③を3回繰り返します。

終わったら、数回まばたきをして目をリラックスさせましょう。 

2.ほうれい線&あごのたるみ撃退!「おいしい唇タッチ」

頬の筋力が低下すると頬の位置が下がり「ほうれい線」ができます。
さらにこの状態で笑うとしわはより深くなってしまいます。頬の筋肉をしっかり鍛えて上げれば、にっこりと歯を出して笑っても大丈夫。
このポーズでは舌の筋肉も鍛えるので顎の下のたるみを改善する効果もありますよ。

①頬をしっかり上げて上の歯8本を見せて笑い、目線は上へ。

②舌を左の口角から上に出して口角をタッチ。

③舌先を上に上げたまま移動させ、唇の真ん中をタッチ、そのまま右の口角をタッチ。

④そこから舌を真ん中、左の口角と唇をタッチしながら戻ります。

 

③,④を3回繰り返します。

慣れるまでは目線を前にして、鏡で歯が8本しっかり見えたままでポーズができているか確認しましょう。

まとめ

スキマ時間でできる、アンチエイジング「顔ヨガ」レッスン、いかがでしたか。

最初は思うように顔が動かないかもしれませんが、慣れてくると筋肉をしっかり使ってポーズをとることができるようになります。毎日続ければ「小顔」や「若見え」効果も期待できますよ!

何歳からでも始められて、効果抜群の「顔ヨガ」、ぜひ試してみてくださいね。 

 

本記事は、2017年5月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。