綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

透明感のあるあか抜けナチュラルリップは仕込みがポイント♡綺麗に見せるちょいテク

著者情報

コスメコンシェルジュ、美容ライター

2017年5月26日更新 | 28,334 views | お気に入り 52

ここ数年、赤リップやブルーグロス、ティントリップ、リップクレヨンなど、さまざまなリップアイテムが大流行中!リップはアイメイクと比べ、テクニック要らずで気軽に楽しめるのが嬉しいところ。今回は、コスメコンシェルジュの筆者が、リップメイクをより美しく魅せるちょいテクを披露します!

リップがイメージ通りにキマらない人必見!
今すぐ始めたい『仕込み』って?

お気に入りのルージュに巡り合えたときって、胸がキュンと高鳴りますよね。
でも、いざ塗ってみると、
「意外と色持ちが悪くて塗り直しが面倒…」
「唇が荒れる…」
「唇の輪郭が上手く型取りにくい…」
など、当初のイメージ通りにならないこともあるはず。

そんな悩みを持つ方は、次の5つの道具を使って『リップ前の仕込み』をしてみませんか?

美リップを叶える仕込みアイテム

  • リップクリーム
  • リップライナー
  • リップブラシ
  • サランラップ
  • ティシュペーパー 

image-10

リップの仕込み方法

①唇全体にリップクリームをたっぷり塗り、上からサランラップで5分程度パックする

どんな口紅を使っても皮むけしてしまうという人は、口紅を塗る前の保湿が足りていない可能性が。スキンケアの一環としてリップクリームを塗る習慣をつけると、唇の状態が良くなり、リップ映えする唇を作ることができます!

image-1

image-2

②ティッシュオフして余分な油を落としたら、リップライナーで唇の輪郭を型取る

リップクリームの油が残っているとリップライナーの色が乗りにくい上、口紅が落ちやすい原因に。リップライナーを使うことで、唇の形を自由自在にアレンジすることができます。

image-3

image-4

③リップライナーで唇全体を塗りつぶす

リップライナーは口紅を囲うものというイメージが強いですが、唇全体を塗りつぶすことにより、唇の輪郭外に口紅が流れるのを防ぐ効果があります。

image-5

④ティッシュオフして、リップライナーを唇に密着させる

美リップメイクの基本は密着度を高めること。
1工程ごとにティッシュオフする習慣をつけておくと良いでしょう。

image-6

⑤リップブラシを使ってリップを塗っていく

直塗りでもいいのですが、リップブラシを使うことで唇の山や口角をしっかり型どることができ、清潔感のある唇を演出することができます。
また、口紅の量が均一になるため、色ムラができにくいというメリットも。

image-7

⑥唇を擦り合わせて「ん〜パッ」をし、再度ティッシュオフして密着度を高めたら完成

image-8

image-9

グロスを塗る時のコツ

グロスってポテッとしたスイートな唇を作るときに重宝しますよね。
唇の輪郭をかたどる手間もなく、何となく塗るだけでそれなりの仕上がりになるので、時短アイテムとしても頼れる存在。

一方で、グロスは口紅よりもオイルの量が多いため、塗り過ぎてしまうと唇の外に流れてドロドロになってしまう可能性があるのです。

グロスを塗る時のコツは、唇の中央にポイント置きし、少しずつ唇の外側に塗り広げるのがオススメ。

リップを落とすときはポイントメイクリムーバーを活用すべし!

口紅は夜になるとほとんど色が残っていないため、あえてクレンジングをしているという人は少ないのではないでしょうか?
しかし、口紅が落としきれていないと色素沈着してしまったり、シミの原因になってしまうこともあるのです。

リップオフの方法

①コットンにたっぷりとリムーバーを染み込ませ、30秒ほど唇にあてておく。

②唇の縦じわに沿うように優しく拭き取る。
※ゴシゴシこするのはNG!

③スキンケアのラストにリップクリームをたっぷり塗る。

ちょいテク次第で美リップは作れる

image-11

リップはテクニック要らずなようで、実は少しの工夫で大きく見栄えが変わる奥の深いパーツ。今季もたくさんのブランドから新作リップが登場します!これらの方法を駆使し、今まで以上に魅力的な口元を演出してみてはいかがでしょうか?

本記事は、2017年5月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。