綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

麦茶で健康に!女性に嬉しい効果について

2017年6月7日更新 | 8,517 views | お気に入り 260

麦茶の効果

自宅で作り置きするお茶の定番といえば麦茶。

CMの影響でミネラルが豊富なことは分かっていても、それ以外は意外に知らないですよね。

何気なくいつも飲んでいる麦茶には思いの外嬉しい効果がいっぱいあります!

麦茶が健康美人の近道かもしれません!

麦茶とは?

麦茶とは

大麦からできている

麦茶は大麦の種子を煎じた飲み物です。

大麦の注目する成分として、ピラジンがあげられます。

この成分が麦茶の苦み成分となっているのです。

市販されている麦茶の多くは、保存料や甘味料などの添加物が一切含まれておらず、天然の健康茶だといえます。

麦茶の歴史

麦茶の原料となる大麦は、世界最古の栽培穀物といわれ、約1万年前の西アジアから中央アジア地方の栽培が始まりだといわれているようです。

約3000年前には、ツタンカーメンの墓から大麦が発見されています。

日本へは縄文時代の末期に中国から伝えられ、平安時代にはすでに大麦ごはんがあり、貴族にも麦茶として飲まれていました。

麦茶としての習慣は、戦国時代に武将にも飲まれていました。

徳川家康は麦ごはんを好んで食べていたそうです。

大麦はビタミンが豊富な食べ物で、明治時代に流行った「脚気」の予防に役立ちました。

江戸時代末期になると、麦茶は一般庶民の間にも広がる飲み物となっていったのです。

麦茶は「麦湯売り」という屋台が登場し店先でも売られ、今でいうコーヒーのような感覚で飲まれていました。

現在のようなティーバッグの麦茶が発売されたのは常陸屋本舗によるもので、昭和38年のことです。

そして昭和40年には、水出しタイプのティーバッグ麦茶が、石垣食品から発売されました。

ノンカフェイン

麦茶はノンカフェインのため、乳幼児から年配の方まで幅広く飲むことができます。

妊娠中の女性で、カフェイン摂取量を減らしたいときにも便利です。

ちなみにノンカフェインの飲み物は、ハーブティー、ルイボスティー、はと麦茶、とうもろこし茶、黒豆茶などがあります。

このなかでも安く入手できて、誰でも美味しく飲めるのは麦茶ではないでしょうか。

カフェインは、コーヒー、茶葉などに含まれています。

カフェインとは、摂取すると中枢神経を刺激して、眠気をとる働きがある成分です。

しかし、過剰摂取で、不眠、心拍数の増加などが起こりやすく、妊娠中の女性が摂取し過ぎると流産のリスクや、胎児の発育不全を招いてしまいます。

カフェインの怖いところが、繰り返し摂取していると耐性ができて、眠気を予防するために多くのカフェインが必要となってくること。

これがカフェイン中毒で、いっきに止めようとすると、頭痛が起きる場合や集中力の低下を招き、離脱症状がひどい人もいるのです。

その点、ノンカフェインの麦茶なら、中毒も離脱症状もなく、寝る前の水分補給にも適しています。

ミネラルが摂取できる

麦茶とミネラル

CMで登場する「ミネラル麦茶」という言葉から、麦茶はたくさんミネラルが含まれていると思っていませんか?

実は、ほかのお茶と比べて、特別ミネラルが多いというわけではないのです。

ではなぜ、「夏には麦茶でミネラルを補おう!」となったのでしょうか。

まずは、ほかのお茶とのミネラル含有量を比べてみたいと思います。

煎茶 

ナトリウム3 カリウム27 カルシウム3 マグネシウム2 リン2 鉄0.2 亜鉛tr 銅0.01 マンガン0.31

番茶 

ナトリウム2 カリウム32 カルシウム5 マグネシウム1 リン2 鉄0.2 亜鉛tr 銅0.01 マンガン0.19

紅茶 

ナトリウム1 カリウム8 カルシウム1 マグネシウム1 リン2 鉄0 亜鉛tr 銅0.01 マンガン0.22

麦茶 

ナトリウム1 カリウム6 カルシウム2 マグネシウムtr リン1 鉄tr 亜鉛0.1 銅tr マンガンtr

「日本食品標準成分表2015年版より」

麦茶はカリウムが多いといいますが、煎茶や番茶に比べて少ないです。

お茶類のなかで亜鉛が含まれているのは麦茶と玉露くらいで、茶葉に含まれていても抽出液になるとほとんど含まれていないものが多くなっています。

このように麦茶は特別ミネラルが多いわけではないのに、麦茶=ミネラルが多いという図式が成り立ったのには理由があります。

それは、一部のメーカーがミネラルを添加した麦茶を販売し、「夏にはミネラルたっぷりの麦茶」というコンセプトで販売したためなのです。

その理由からなのか、一部の地域では麦茶に塩を入れる家庭もあるようです。

  • 麦茶はノンカフェイン
  • 麦茶はタンニンが含まれていない
  • ローカロリー

という意味から麦茶が選ばれているのであって、ほかのお茶と比べてカリウムの含有量は特別多くはないことは覚えておきましょう。

ですが、麦茶を飲んでカリウム摂取になることは間違いありません。

その昔、最初の煎じ薬である、ヒポクラテスが処方した大麦の煎汁は、利尿作用を得ていたという文献が残っています。

煎じ薬という言葉は大麦湯を意味したものです。

大麦は利尿作用の煎汁としても使われ、カフェインが含まれておらず、カリウムが摂取できる飲料だといえます。

6月1日は麦茶の日

1986年、全国麦茶工業協同協会により、6月1日は麦茶の日に制定されました。

6月1日は衣替えにあたるため、麦茶の始まりにふさわしい日という理由からです。

全国麦茶工業協同協会により、全国各地で麦茶無料プレゼントイベントを開催しているため、出かけてみるのもよいでしょう。

麦茶の効果・効能

麦茶の効果・効能

夏になると毎日活躍する麦茶。

なんとなく飲んでいませんか?

実は麦茶に含まれる成分は、研究によって血液サラサラ、がん予防、胃の粘膜を保護、糖尿病の合併症を予防、炎症を抑える作用などがあることがわかっています。

「研究で効果が実証されているなら、もっと飲んでみたい!」

という方もいるのではないでしょうか。

それでは、麦茶を飲んだときに期待できる9つの効果を紹介していきます。

1・血液サラサラ(アルキルピラジン)

農林水産省食品総合研究所の菊池祐二先生と、カゴメ総合研究所による研究で、麦茶には血液サラサラ効果があることがわかりました。

麦茶を焙煎することで発生するピラジン類(アルキルピラジン)による効果で、この成分は麦茶が持つ香ばしい香り成分であることもわかっています。

また、血圧を下げる働きのあるギャバ(GABA)も注目され、さらなる研究が行われているようです。

ピラジンは、麦茶の原料である大麦のほかにも、コーヒーやココナッツを焙煎したものや、えび、豚肉、牛肉を加熱料理したときにも発生します。

ローストした食品の、香ばしい香りとしても知られているようです。

アルキルピラジンは、以前から試験管を使った実験で、血液の流動性がよくなることはわかっていました。

今回の研究では、人体への効果を実験し、アルキルピラジンを摂取すると血液流動性が向上するか調べたものです。

すると次のような効果があることがわかりました。

  • 麦茶を飲むと血液サラサラ効果は90分続く
  • 飲用から30~60分で有意に向上
  • より香ばしい麦茶が効果的
血液がドロドロになるとは?

そもそも血液がドロドロになるとは何なのでしょうか?

本当に血液の粘度が高まりドロドロになっているというより、血液の成分である、赤血球、白血球、血小板に問題が起きたことなのです。

通常はこれらのバランスが保たれていますが、生活習慣の問題や病気などの影響で、量や質に問題が起きてきます。

1・赤血球の割合が増える

脱水になると、血中の液体成分が減少するため起こります。

2・赤血球の柔軟性が失われる

糖尿病が進行すると起こります。

3・血小板が固まりやすい

脱水や肥満の影響でも起こります。

4・白血球がくっつく

体の炎症や、細菌感染、ストレス、喫煙によって起こります。

このような原因で血液がドロドロになると、毛細血管の部分で血流が悪くなり、末端冷えを感じやすくなるのです。

血液ドロドロの原因が、糖尿病や高血圧にあると、動脈血管内が傷つき、悪玉コレステロールが血管内膜に蓄積していきます。

この塊は壊れやすく、血小板が集まってコブがどんどん大きくなってしまうのです。

ついに心臓の動脈内で血流が滞れば心筋梗塞となり、塊が血管内を浮遊して脳の動脈内を詰まらせると脳梗塞になるのです。

血液のドロドロになる原因は生活習慣の問題といわれるのもこのためで、糖尿病や高血圧を発症している方は、動脈血管内が傷つきやすく、血小板が集まり血管をふさぎやすいといえます。

血小板が集まり塊をつくっても、十分に水分を摂取できていれば、数時間後には溶解していくため、血液ドロドロ対策には水分補給も大切です。

血栓を防ぐためのポイントは
  • 食生活に注意して血液をサラサラにする
  • 適度に水分を補給して固まりにくくする
  • 禁煙をする
  • 適度な運動を心がける
  • ストレスを解消させる

麦茶にはカリウムの摂取で尿量を増やし、ナトリウムの排出に役立つため、高血圧予防になります。

さらに水分補給をこまめにしていれば、赤血球の割合増加や、血小板が固まりやすい状態を防ぐことになるのです。

2・体の熱を冷ます

麦茶の効果

麦茶の原料の大麦は、穀物のなかでも体を冷やす性質があります。

麦茶が体の熱を冷ます効果がどれだけあるのか、実験で調査したデータを紹介しましょう。

水のみのグループは0.6度上昇したのに、麦茶を飲んだグループは胸部や腹部の体温が1.7度低下したことが確認できたそうです。

また、麦茶にはカリウムが多く含まれ、利尿作用があるため、体に溜まった水分を排出させ、熱を下げる効果が期待できます。

体が熱を下げる働き

夏の炎天下では気温もみるみる上昇し、体温も上がっていきます。

人の体温は約37度で、体温が42度を超えると体内の酵素の働きに問題が出るため、これ以上体温が上昇しないよう調節しなければなりません。

そして脳が44度以上になると、脳障害が起きます。

脳障害を予防するために、体は次のような機能を働かせているのです。

1・血流を促し血管を拡張させて冷やそうとする

2・汗をかいて気化により体温を下げる

体温の調節は脳の視床下部が指令しており、最初は血流をよくして体温を下げようとします。

それでも体温が下がらなければ発汗が起きることで汗が気化して水蒸気になる際に、皮膚の熱を奪うため体温が下がります。

そしてもう一つ、体温を下げる機能があるのです。

それが尿の量を増やして水分を排出すること。

体温が上昇しやすい子どもや、発汗の調節が低下するお年寄りは、汗をかく方法では十分に熱を下げられない場合もあります。

また、汗をかいて熱を下げる働きは、外気温が上がり過ぎると十分な効果を得られず、熱中症にかかりやすい状態になるのです。

だからこそ、麦茶で水分補給をしながら尿の量を増やして、オシッコが出るときに一緒に熱も奪う働きを利用すれば効率がよくなります。

3・虫歯予防

麦茶を飲むと、虫歯の原因となるミュータンス菌の抑制に効果的だといわれています。

赤ちゃんの虫歯予防にも麦茶は活用されており、食後などに麦茶を飲ませるママも多いようです。

4・美肌効果

麦茶が美肌によいといわれるのは、大麦にはビタミンB群が豊富に含まれているからです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸

大麦にはこれらのビタミンB群をすべて含みます。

ビタミンB群は、脂質代謝や肌荒れ予防に必要で、皮膚や爪などの生成や、コラーゲン生成に関わるものもあるのです。

だからこそビタミンB群を豊富に含む麦茶を飲むと、美肌に繋がるといえます。

5・胃粘膜の保護

麦茶の効果

静岡大学の衛藤教授と、京都薬科大学の吉川教授による共同研究で、麦茶の抽出物で胃の粘膜を保護することがわかりました。

「コーヒーを飲むと胃が荒れる・・・」

胃が弱い人にとって、コーヒーはこのような悩みの種となることがあります。

コーヒーで胃に刺激を与えてしまうのは、カフェインの影響や、コーヒーに含まれるクロロゲン酸の問題です。

カフェインが含まれていてもココアなら大丈夫という人もいれば、ノンカフェインのハーブティーを選ばなければ胃が荒れるという人もいるため、胃の刺激となる物質はさまざまのようです。

もし逆流食道炎や十二指腸潰瘍などの影響でカフェインがダメなら、麦茶を選んでみてはどうでしょうか。

さすがにカフェで麦茶をオーダーというわけにはいきませんが、家庭用の飲み物としての麦茶は、ホットやアイスでも楽しめておススメです。

6・がん予防(P-クマル酸)

静岡大学の衛藤教授の研究により、麦茶に含まれるP-クマル酸などが、がん予防に役立つことがわかりました。

P-クマル酸などが、発がん性で注目されるペルオキシナイトライトに対し、高い消去活性を持つためです。

ペルオキシナイトライトとは、スーパーオキシドラジカルと、一酸化窒素により生成される、体内で発生する活性酸素のひとつです。

この成分が増えすぎると、次のような影響が出てきます。

  • 核酸や脂質を酸化させる
  • 各酵素活性を阻害または活性化
  • ミトコンドリア膜の傷害

これらの働きで病気の発症とも関係があると考えられている物質です。

また、老化やがん化とも関連する物質で、体内の抗酸化作用が低下すれば、細胞の一部ががんになる可能性もあるでしょう。

P-クマル酸は、落花生、トマト、ニンジン、ニンニク、ワイン、お酢などにも含まれる物質です。

P-クマル酸による抗酸化作用により、胃がんリスクを下げるといわれています。

また、神戸学院大学栄養学部が麦茶に含まれる成分を調査したところ、抗酸化物質である、カテコール、没食子酸、ゲンチシン酸が含まれていることがわかっています。

同じような物質が含まれているお茶の葉に、バナバ茶、柿の葉茶があることがわかりました。

抗酸化物質は活性酸素を除去する効果がありますから、アンチエイジング対策や、美容対策をしたい方に、麦茶はおススメです。

現代は紫外線、大気汚染、放射線、環境ホルモン、電磁波、ストレス、農薬などの影響で活性酸素は増えやすいため、抗酸化物質を積極的に摂取したほうがよいでしょう。

7・便秘

麦茶の効果

大麦には100gあたり8.5gもの食物繊維を含んでいることから、麦茶を飲むと便秘予防によいといわれています。

大麦には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の含有量が同じくらいで、2つの食物繊維をバランスよく摂取できる食品なのです。

水溶性食物繊維とは、腸で水分を含みゼリー状になり、ゆっくり動く性質があります。

食物の消化吸収を遅くして血糖値上昇予防や、有害な物質の発生予防に効果的な物質です。

余分な塩分、コレステロールなども吸着するため、生活習慣予防には欠かせません。

善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。

不溶性食物繊維はそのままの形で腸まで届き、腸内にある食品をからめとりながら、素早く動く性質があるため、腸の蠕動運動を促す役割を持っています。

不溶性食物繊維は便秘解消にはよいのですが、長く腸内で停滞し過ぎると、今度は便を詰まらせる原因にもなるのです。

食物繊維はどちらも大切なもので、片方のみが多すぎるのもよくありません。

食物繊維が便秘にいいからと繊維質の野菜を大量に食べると、逆に便秘になる人もいるため注意が必要です。

そのため、食物繊維は水溶性と不溶性の2種類をバランスよく摂取する必要があります。

大麦を麦茶にして飲むと、水溶性食物繊維が摂取できます。

水溶性食物繊維は水に溶ける性質があるためです。

麦茶で水溶性食物繊維を摂取したいなら、大麦の粒から麦茶を入れてください。

ティーパックの麦茶だとわずかしか摂取できません。

実は水溶性食物繊維の推奨量は9gですが、日本人の平均摂取量は3gしかないのです。

水溶性食物繊維は、血糖値を下げる働きや、便秘予防にも役立つため、もっと多く摂取する必要があるでしょう。

水溶性食物繊維の摂取量を高めたい方は、濃い目の麦茶を1500CC飲むことで、1日の推奨量に近づけることができます。

8.・糖尿病

胃粘膜保護作用と同様で、静岡大学の衛藤教授と、京都薬科大学の吉川教授による共同研究にて、糖尿病の合併症を予防する効果がわかりました。

生活習慣の乱れで発症しやすい糖尿病2型の原因は、ストレス、肥満、運動不足、暴飲暴食があげられます。

日本人はもともとインスリンを分泌しにくい体質で、糖質の多い食事をとりすぎると、糖の代謝が追い付かなくなって血糖値が上がり、さらにインスリンが大量に分泌されるようになり、糖尿病になってしまうのです。

毎日すい臓から大量のインスリンが分泌すれば、次第にすい臓機能自体が衰え、ついにインスリンを分泌できなくなります。

これが糖尿病の発症原因です。

インスリンを多く分泌する食事とは、糖質の多い食事で、飲み物に含まれる糖分も注意しなければなりません。

麦茶は糖質ゼロの飲み物ですから、糖尿病予防としても最適だといえるのです。

また、糖尿病をすでに患っている方にも、麦茶はおススメできます。

通常の脱水とは体の水分が不足している状態ですが、糖尿病の患者さんはそう単純ではなく、血糖値が上昇し、周囲の細胞から水分を取り込んでしまうのです。

「糖尿病になると喉が渇いて仕方がない」

このように感じるのは血糖値が上昇しているためです。

では、糖尿病の人がどのように脱水を改善したらよいのでしょうか?

  • 血糖値を上げない飲み物を選ぶ
  • 喉が渇く前にこまめに水分補給
  • 体温と同じくらいの飲み物を利用する
  • ミネラル豊富で無糖の麦茶がおススメ

普段から麦茶を飲み物として利用していれば、糖質が含まれておらず糖尿病予防にもなって、糖尿病になった方が麦茶を取り入れても脱水予防に役立つわけです。

9・熱中症

麦茶にはミネラルが含まれており、体を冷ます性質があることから、夏の熱中症予防の飲み物として最適です。

ノンカフェインで子どもから年配者にも活用しやすく、寝る前にも飲みやすい飲み物だといえるでしょう。

熱帯夜の熱中症予防としても、麦茶を活用してみてください。

麦茶の美味しい作り方

麦茶の美味しい入れ方

材料

粒の麦茶またはティーバッグ1個

作り方

1・やかんにお湯を1.5リットル入れて沸かす

2・粒の麦茶またはティーバッグ1個を入れる

3・そのまま5~10分煮立てる

4・粒の麦茶はこす、ティーバッグは取り出す

5・あら熱を取ってから容器に移し返す

粒の麦茶から作る場合はすぐにこしてもいいのですが、ティーバッグの場合は、煮出してから30分くらい置くのがおススメです。

そのほうがちょうどよい濃さとなり、香ばしい香りも出ます。

一度沸かしてから麦茶を入れるのは、大麦は温度が高いほど成分がよく出るからです。

そのため、一度沸騰させたお湯に、麦茶の粒やティーバッグを入れましょう。

ティーバッグで水出しする場合(長く入れない)

コーヒーカップなどに一度ティーバッグとお湯を入れ、粒が膨らむくらい浸します。

それから普通に水出しすると、麦茶の香ばしい香りがよく出て美味しくなるのです。

ティーパックを入れておく時間は長くても2時間までで、それ以上経ったら取り出してください。

麦茶の香ばしい香りが足りない場合は、インスタントコーヒーをひとつまみ入れると香ばしくなるため、試してみましょう。

麦茶をコーヒー代わりに

意外にも麦茶とコーヒーの味は似ているのです。

海外では麦茶を使ったコーヒー風味の飲料が売られています。

イタリアでノンカフェイン飲料といったら「オルゾ」です。

ヨーロッパ地方で栽培された大麦を100%使用し、妊娠中の方や子どもでも飲める飲み物として人気があります。

オルゾの飲み方は麦茶とよく似ていて、ティーバッグを水やお湯に入れる方法です。

日本の麦茶と比べるとちょっと濃い目でしょうか。

だからこそオルゾは牛乳を加えてカフェラテのように飲まれています。

日本の麦茶より焙煎が濃くなっているため、エスプレッソのような味がするのです。

麦茶をカフェラテにする飲み方は、もちろん日本で売られている市販の麦茶でもOKです。

日本の麦茶のティーバッグで作る場合は、やかんで濃い目に煮出しましょう。

または、粒の麦茶を購入してきて、フランイパンで炒って焙煎してから入れる方法もおススメです。

濃さの目安は通常の麦茶より3~4倍くらいがいいでしょう。

子どもがコーヒーを飲みたがったときにも、麦茶ラテはおススメです。

粒から煮出してみよう

麦茶は粒のものと、ティーバッグになったものを比べると、ティーバッグタイプは7割も香りが落ちているといわれています。

粒を砕くときの熱の影響や、長期間空気に触れているため香りが飛んでしまうのです。

麦茶の選び方

麦茶の選び方

日本で麦茶の原料といえば、大麦の品種のひとつ「はだか麦」の六条麦です。

最近は国産原料の不足から、オーストラリア・カナダ産の大麦を使ったものもあります。

はだか麦は日本が生産量ナンバー1です。

はだか麦は、麦飯、麦味噌にも使われています。

脱穀すると簡単に皮が取れることから、はだか麦と呼ばれています。

日本で栽培されるはだか麦の多くは、六条大麦です。

六条大麦は押し麦として白米に混ぜて食べる方法や、麦茶として飲む活用法が活用されており、これらは日本ならではのものだといえるでしょう。

  • 大麦→皮麦→六条麦と二条麦に分けられる
  • 大麦→はだか麦→六条麦と二条麦に分けられる

二条麦はビールになる原料のことで、二条麦と六条麦とでは、穂に付く実の列数が異なります。

六条麦生産国トップは、平成22年産作物統計によると、福井県、富山県、栃木県の順です。

麦茶の産地はどこ?

毎日のお茶として飲む麦茶は、安全面でも気になる方がいるでしょう。

麦茶の原料は必ずしも国産とは限らないため、注意してみましょう。

次に紹介するのは、商品別の大麦原産地です。

  • アサヒ 六条麦茶・・・カナダ産
  • 伊藤園 健康ミネラル麦茶・・・カナダ、オーストラリア、アメリカ
  • はくばく 丸粒麦茶・・・山梨県
  • 川原製粉所・・・茨城県
  • 石垣食品 フジミネラル麦茶・・・カナダ産
  • 茶三代一・・・出雲産

大手メーカーのように大量生産する必要がある麦茶では、海外産のものが多いようです。

小規模の麦茶メーカーで、昔ならではの原料にこだわっているところは、日本産の大麦を使用しています。

国産にこだわる方は比較してみてください。

国産と外国産との違いは?

麦茶の原料は、かならずしも日本産が安全で、外国産が危険ということではありません。

人によっては、放射性物質を避けるため、100%外国産の原料を使った麦茶を選ぶ方もいます。

国産でも放射性物質の影響が少ない地域の原料の商品を選ぶことは可能です。

また、外国産の麦茶は、国産のものと比べて価格が安めなのがメリットです。

大量に飲む方にとっては、外国産の麦茶もありではないでしょうか。

中国産の麦茶とは?

一部中国産の麦茶が国内で販売されています。

噂によると「56パック105円」で激安なんだとか。

「中国の麦茶って危険で子どもに飲ませられない?」

このように疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

中国茶のお茶が危険といわれる原因は、過去に報道された中国茶の残留農薬の問題があるからです。

中国では、文化大革命により嗜好品のお茶はなくなり、1980年代になってようやく茶葉の生産量を上げる政策が導入されました。

そのようななかで生産量を増やすために農薬が大量に使われ、基準値を超える残留農薬が出ていたことは事実です。

しかし、近年日本に輸入される茶葉の規制は厳しくなり、一部で安全性を高めた中国茶も出ています。

日本に出回る中国産の麦茶の数は少なく、カナダ産や日本産の原料を使用したものも選べるため、あえて中国産を選ぶかは、消費者の私たちがよく考える必要があるでしょう。

麦茶の素朴な疑問

麦茶の素朴な疑問

麦茶の日持ちは?

家庭で作った麦茶は無添加で、防腐剤などが入っていません。

そのため早めに飲むのが鉄則です。

麦茶を飲み切る目安は、4日以内となります。

長期間冷蔵庫で保存しておくと、細菌が増えてお腹を壊す原因となるため、注意してください。

できれば2日で飲み切る量を作るほうが、毎日安心して飲むことができます。

必要な水の量とは?

煮出して麦茶を作る場合、ティーバッグ1個につき、1~1.5リットルが目安です。

水出しの場合は、ティーバッグ1個につき、水1リットルを目安にしましょう。

濃い目が好きな方は、ティーバッグの個数を増やさなくてもよく、普段浸す時間を1時間のところ2時間にすることで調節できます。

水道水でも大丈夫?

麦茶を入れるのはミネラルウォーター?それとも水道水?

水道水で麦茶をつくるのが心配な人は、カルキの問題を懸念しているのではないでしょうか。

カルキは汲み置きや一度沸騰させると、ある程度は抜けます。

ただしカルキを含まない水は、腐敗しやすいため、短期間で飲み切ってください。

同じくミネラルウォーターもカルキが含まれておらず、腐る時間は早くなります。

赤ちゃんはいつから飲める?

赤ちゃん用の麦茶は、生後1か月から飲ませることができます。

大人用に作った麦茶をあげる目安は、離乳食が食べられるころからです。

その場合は、煮出した麦茶を白湯で薄めてあげて、水出しの麦茶を薄めるのは避けたほうがよいでしょう。

先輩ママたちが、大人用麦茶を薄める場合、生後半年や8か月くらいなどに、少しずつ試してみる方が多いようです。

麦茶を飲むと下痢をしてしまう

まれに麦茶を飲むと必ず下痢してしまう方がいるようです。

麦茶に含まれる水溶性食物繊維による働きや、麦茶を長期間放置したため雑菌が繁殖したなどの理由が考えられます。

麦アレルギー

麦茶の原料は大麦のため、小麦アレルギーの方でも飲むことができます。

ただし大麦アレルギーの方は飲むことができません。

ちなみに消費者庁が出している「アレルギー物質を含む加工食品の表示ハンドブック」によると、小麦アレルギーは12.1%あるのに対し、大麦は圏外です。

そのため、日本ではアレルギー表示対象品目には入っていません。

小麦のアレルギーが多いのは、グルテンを含むからです。

大麦にはグルテンは含まれていないため、グルテンアレルギーの方は麦茶を飲むことができます。

昔ならではの麦茶を飲みたい

「昔おばあちゃんの家で飲んだ麦茶は美味しかったのに、自分で作ると美味しくない・・・」

こんな風に感じているなら、ぜひ大麦の粒から麦茶を作ってみてください。

麦茶の香りは炒りたてが一番のため、香りを引き出すには、炒っていない麦の粒を手に入れましょう。

1・大麦30g、水1リットル、フライパンを用意する

2・大麦にはゴミやモミが付いていることがあるため洗う

3・洗った大麦を乾かす

4・フライパンに入れて中火で炒る

5・いい香りがしてきたら取り出す

6・お湯を沸かしてから、炒った大麦を入れ10分煮出す

7・大麦をこす

この工程が面倒だと感じたら、大麦を炒ってティーバッグに粒のまま入れた商品を活用しましょう。

麦茶に塩?砂糖?

「麦茶にミネラルを添加するために塩を入れる家庭がある」、これはすでに紹介しました。

しかし、地域によっては麦茶に砂糖を入れる場合もあるようなのです。

麦茶はそもそもラテにして飲むこともできるため、砂糖を入れるのは変なことではありません。

気になった方は、濃い目に煮出した麦茶に、ミルクと砂糖を入れてみましょう。

ミルクなしで砂糖のみの方法は、ちょっと疲れて甘いものが欲しくなったときや、子どもがいる家庭におススメです。

麦茶のティーバック再利用法を教えて

使い終わったティーバッグは、掃除に使っている人もいます。

ティーバッグをスポンジ代わりにして、シンクやガスコンロの掃除に使いましょう。

茶葉が油分を分解してくれるため、洗剤なしでも汚れ落ちします。

ほかにも消臭剤として使うやり方もあるため、捨てていた方は活用してみましょう。

麦茶の継ぎ足しは大丈夫?

麦茶を飲みながら、水を継ぎ足す方法は、基本的におススメできません。

その理由は煮出したもの、水出しした麦茶でも、風味が変わらないようティーパックは取り出してしまうからです。

長期間ティーパックを入れっぱなしで継ぎ足すと、細菌が増える原因となるため、避けるようにしましょう。

まとめ

麦茶の情報をいろいろと紹介しましたが、改めて麦茶を見直した方もいるのでは?

夏になると毎日何気なく飲んでいた麦茶にも、たくさんの効果や効能があると知り、早速取り入れようと思った方もいるはずです。

麦茶の選び方や作り方によっても、効果が半減してしまうことがあるため注意してみましょう。

  • 大麦の粒から作るのがおススメ
  • 麦茶はお湯から煮出すと成分がたくさん出る
  • 直前に炒ると香りが高まる

これらのポイントを踏まえながら、麦茶を選んでみましょう。

市販のティーバッグでも、お湯から煮出すか、カップにお湯を注ぎティーバッグを浸してからにすれば、いつもの麦茶がパワーアップします。

ぜひ試してみてください。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2017年6月7日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。