綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,832 記事

専門家はプライベートでもやっている、健康運動指導士のルーティンとは?

著者情報

スクワットアドバイザー、健康運動指導士

2017年7月14日更新 | 2,430 views | お気に入り 2

こんにちは!
健康運動指導士、スクワットアドバイザーの小川りょうです。
健康づくり指導者としてこの業界に身を置いて、かれこれ25年になります。

そこで今回のテーマは、健康づくり専門家がプライベートで実践している1日のルーティンです。運動指導者の日常と、普段気を付けていることや心がけていることをご紹介します。

健康づくり指導者のある1日の流れ

デイリーレッスン3本、企業にてビジネスパーソン向け講演1本

1、7時~8時:朝ヨガ (市内移動)

2、9時30分~10時30分:体幹筋トレ (新幹線移動)

3、14時~16時:企業にて講演 (新幹線移動)

4、19~20時半:お仕事帰りのOL向けアロマストレッチ 終了

①起床時/朝

寝起きはオレンジジュースを飲んで血糖値を上げます。
朝ヨガを行う前のため、朝食は軽くヨーグルトにシリアルを少しだけ混ぜたもの。

日課として行っているのは、歯を磨きながらのスクワット(しゃがみ立ち)とカーフレイズ(つま先の上げ下ろし)と、ストレッチ牽引器具で2~3分体を伸ばすこと。
寝ている間の体の歪みや傾きを毎日矯正します。

②昼間

移動は貴重な身体活動量を稼ぐ時間です。「大股で早歩き」が基本。

よほど高いヒールをはき、重い荷物でない限りは階段を使ったり、時間があれば1駅歩きます。その際、歩数計アプリで活動量を必ずチェックします。

1日合計8,000歩を切らないように心がけています。

③夜/就寝前

仕事柄、食事制限をすることもあります。そのため、普段は食べるものを我慢したくないので、夜はできるだけ夕食を「早め」に済ますようにしています。

リラックスと美肌効果のあるアロマ精油でゆっくり入浴し、毛穴からたっぷり汗を出してしっかりとデトックスします。就寝前にはカモミールなどの精神鎮静&安眠効果のあるハーブティーやスパイスの効いたチャイをゆっくり飲みます。

④食事面で気を付けていること

とにかくたっぷりと野菜を摂ります。
お肉も好きですが、必ず野菜とセットで摂るようにしています。旬の食材も積極的に摂ります。

朝は季節のフルーツと、整腸作用のあるヨーグルトを必ず食べています。

⑤日常生活で気を付けていること

とても体力を消耗する仕事なので、体を休めることも仕事のうち。精神疲労・肉体疲労を溜めないように、気を付けています。「どうしたらベストコンディションで笑顔で仕事に向かえるだろうか」ということを常に意識しています。

どうしても疲れが溜まる時には、入浴中や眠る時に瞑想や腹式呼吸を行っています。忙しい時期は仕事から離れても、絶えず頭で何かを考えていたりするので、脳が大変疲れます。そんな時は、瞳を閉じてゆっくりとした呼吸を行いながら、ただただ頭を空っぽにします。

たったそれだけなのですが、ストレス脳を休める事につながります。瞑想や呼吸法で気を静めて心を穏やかにすることで、入眠しやすくなり、すっきり目覚められるようになると思います。
疲れている時や煮詰まったときにもおすすめです。

⑥レッスンで生徒さんに伝えていること

「筋肉は落とさず、余分な脂肪は付け過ぎず、心身を柔軟に保ち、良く歩くこと」です。運動の3本柱である「筋力」「柔軟性」「持久力」についてバランスの良い健康づくりを目指しましょう、という思いを込めています。

⑦休みの日には・・・

つきなみですが思いっきり寝ます。「爆睡」ですね(笑)
出張や休日に仕事が入ることもあり変則な日々なので、仕事を終えてホッとひと段落して、目覚ましをかけずに眠れるということが自分にとっての贅沢です。

あとは、映画館に出かけたり、カフェで友人とおしゃべりしたり、本や雑誌を読んだりしながらゆっくり過ごすのが好きです。

また、健康寿命を延ばすには女性は足腰を丈夫に保つことも重要。
やはりスクワットだけは休日でも欠かせませんね!

いかがでしたか? 

今回は、専門家がプライベートでもやっている、健康運動指導士のルーティンでした。健康づくり指導者として、私自身が実践していることで、皆さんの健康づくりや美容のヒントになれば嬉しいです。

本記事は、2017年7月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。