綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,845 記事

ヘルシーで嬉しい!簡単蒸し料理レシピ

著者情報

料理家・豆腐創作料理研究家

2017年8月7日更新 | 1,885 views | お気に入り 3

蒸気を使って食材を加熱する“蒸し料理”。

主な魅力は3つあります。

まずは美味しく調理が出来ること!

食材を温めるときに食材の水分が蒸発しすぎないので、みずみずしく、食感もしっかり。しかもうま味・甘みがぎゅっと凝縮され、食材本来の美味しさが存分に引き出され、とても美味しく仕上がるのです。

2つ目は、栄養素の損失が少ないこと。

水溶性のビタミンなどの栄養素は、茹で料理だと水に流れ出てしまいます。ところが蒸し料理の場合は、水に流れ出すことがないので、栄養素の損失を最小限に抑えることが出来ます。それどころか色素の流出も防げるので、食材の色も綺麗に保てるという利点つき。

そして最後に、とてもヘルシーであるということ。

油料理のように油を使って調理しないので、カロリーが控え目。ダイエット中の方にもお勧めの調理方法と言えますね。

では実際に蒸し料理を作るときのお勧めの道具のお話をさせて頂きましょう。

ぱっと思い浮かぶのが、せいろ、蒸し器、電子レンジという感じでしょうか。個人的な好みがあると思いますが私の一番のお勧めは“せいろ”です。蒸し器に比べて蒸気がきちんと抜けるので、水っぽい仕上がりになりにくく、蓋との間に布を挟む手間も省けます。

また電子レンジに比べて水分が蒸発しないので、みずみずしく仕上がります。

そして何よりうれしいのが、そのまま食卓へ出しても、とてもおしゃれだということ。

せいろに入っているだけでいつものおかずがワンランクアップ!しかも洗い物の手間が少なくなるという嬉しいこと尽くしなのです。

せいろについて

せいろの大きさは色々とありますが、直径15㎝ほどの小さなサイズがあるととても便利です。

 ささっと簡単に蒸すことが出来ますし、食卓へそのまま出しても邪魔になりません。

食卓の真ん中に並べて皆で楽しんだり、一人ひとつのせいろにおかずを入れてそれぞれに楽しむのもおしゃれ!

一人暮らしの方にもお勧めの大きさです。

写真のように棚にしまわずにキッチンに置いておいてもインテリアにもなりますし、3段重ねで使うと一人用のごはんが簡単にかつ、栄養満点で豪華になります。 

それでは、そんなおしゃれで便利なせいろを使ったレシピを3つご紹介です。

まずは野菜のうまみがぎゅっと凝縮される蒸し野菜のレシピから。

蒸し野菜・ハニーマスタードドレッシング

 お塩を軽くふりかけて召し上がるだけでも十分に美味しいのですが、色々なソースで野菜本来の美味しさを楽しむのもお勧めです。

~材料~

お好みの野菜(じゃがいも・ブロッコリー・人参等)

*ハニーマスタードドレッシング

  • ディジョンマスタード…大さじ1
  • はちみつ…大さじ1
  • マヨネーズ…大さじ3
  • レモン汁…小さじ2
  • 塩、こしょう…少々

~作り方~

1. お好みの野菜は食べやすい大きさに切る。せいろに並べて蓋をする。

2. 蒸気のあがった湯が入った鍋の上に1.をのせて強火で5分ほど加熱する。

3. ハニーマスタードドレッシングの材料を全て混ぜ合わせる。

4. せいろに入ったままの蒸し野菜に、3.を添える。

次にご紹介させて頂くのは、蒸し料理の“あたため機能”

冷ごはんはもちろんのこと、お店で買ってきたお惣菜なども美味しく温めることが出来るのです。

冷ご飯からのほかほかごはん

 ~材料~

冷ご飯 適量

~作り方~

冷ご飯をせいろに入れて、蒸気の揚がった湯の入った鍋の上に置き、強火で5分ほど蒸すだけ。

くっつきやすいので、下に布やクッキングシートを敷いてください。

写真は、冷ご飯の上に塩麹に漬けこんだ鮭をのせて蒸した後、大葉の千切りと白いりごまを混ぜ込みました。

次にご紹介するのは、蒸し鶏。

ぱさぱさな印象の強い鶏むね肉ですが、あら不思議!蒸すだけでしっとりジューシーに仕上がります。

そのまま蒸すだけでも十分な美味しさですが、もうひと手間かけた一層奥深い味わいの蒸し鶏のご紹介です。

塩麹蒸し鶏・ねぎポン酢

 ~材料~

  • 鶏むね肉 1枚
  • 塩麹 大さじ1

*ねぎぽん酢たれ

  • 白ねぎ 適量
  • ぽん酢 適量

~作り方~

1.鶏むね肉は水気をふき取り、ビニール袋にいれる。塩麹を加え袋の上からもみ込み、冷蔵庫で半日ほど置く。

  塩麹をふきとり、せいろに置いて蓋をする。

2.蒸気のあがった湯の入った鍋の上に、1.をのせ、強火で10分~15分ほど蒸す。

3.白ねぎはみじん切りにする。ぽん酢を加える。

4.2.の蒸し鶏を食べやすい大きさに切り、3.のたれにつけて頂く。

鶏むね肉は、筋にさからって切ると一層やわらかい食感になります。

一度に2、3段で調理するときには、時間差をつけて火の通りにくいものから順に重ねてください。

重ねる順番はアクのでるものが一番下、上記のレシピだと鶏肉が一番下になります。

せいろの使用方法の注意点

それでは最後にせいろを使う上での注意点をお伝えさせて頂きますね。

☑ まず使う前にせいろを水できちんと濡らすこと。
(水で濡れていないと、熱で乾燥して型崩れをおこしてしまいます。)

☑ 調理するとき、くっつきやすいものはクッキングシートや白菜などを敷くこと。

☑ 蒸気があがるほど湯が沸騰してから、食材の入ったせいろをのせること。

☑ そして洗うときは洗剤を使わずにたわし等でやさしく洗います。
(水気をきちんとふき取り、きちんと乾かすのも長持ちさせるコツですよ。)

以上のことを念頭に置き、末永くせいろ生活を楽しんでくださいね!!

本記事は、2017年8月7日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。