綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

背中の脂肪はなんとかなる!?簡単背中引き締めテク

2017年9月8日更新 | 2,753 views | お気に入り 27

ブラジャーから脂肪がはみ出るとき

背中の脂肪を何とかしたい人のブラの付け方を見直すと、スッキリした体側に「腕が振りやすい!」「痩せて見える!」と喜びます。それくらい普段もったいない付け方をしているのと、そのほとんどの場合、合っていないサイズをつけているようです。補正下着まで使わなくても、市販の下着で付け方一つで変わります。

まずはスッキリする付け方

 1.軽く脚を広げ前かがみになり、アンダーバストのホックをきつくもゆるくもないちょうどいい位置で止めます。背中の脂肪が気になる人の多くは、ほぼゆるすぎです。

2.前かがみのままあらかたの脂肪はカップの中に入れましょう。

3.身体を起こし、肩側の紐をバストが持ち上がるように軽く上にあげ、紐の長さを調節します。両方行いましょう。

4.最後にアンダーを少しクイッと下げます。

さていかがでしょう?正面から鏡を見て、スッキリ見えたら上手です。

サイズの合わせ方はプロにお任せ

「恥ずかしいから測ったことがない」「恥ずかしいから嫌」という人はとっても多いですが、合っているサイズを付けた後はスリムに見えるだけでなく呼吸や肩が楽になるため、自ら店員さん目がけて行くようになるほど変化を実感されます。筆者のおススメは百貨店内の下着屋さん。

私たちが知り得ない知識を豊富に持っているプロの店員さんに相談しながら試着し、合っているものを購入できるからです。

例えば、

  • 胴体のタイプ(平べったい平胴、胸部にボリュームのある丸胴など)
  • 胸の形
  • 好みの見え方(胸の幅、寄り方、ボリューム)
  • 紐やアンダーの太さ

からチョイスしてくれますよ。

また下着は、季節によって売り出される色やデザインが異なります。一番自分に近いものですから、快適なものを選べるといいですね。

背中の脂肪の特徴の話

背中の脂肪が気になる人の多くは、脚が細く・お尻は平べったく四角気味で、上半身にボリュームがありませんか。冷たいものの摂り過ぎに思い当たる場合は控えられるときは控えましょう。

また、普段の姿勢は猫背気味の場合、上半身だけでなく脚全体、ひいては身体全体が硬いかも。首が埋もれて鎖骨が見えない場合は、体重より体脂肪率の減量が必要です。

背中の脂肪が気になる人にオススメの座り方

● 脚幅は、股関節、膝、足首と揃えて座ります。

● 骨盤を倒します。※身体が硬い人は無理をしないで下さい。

●骨盤を倒すと胸が開きやすくなるため、胸の間を少し突き出すようにすると、胸が開き背中が締まります。

● そのまま脇を締め、ちからこぶは正面に向けましょう。※手は腿の上に置いたままでも問題ありません。

ムダに力が入っている場合は、力を抜きます。

このように、背中を使おうとすると、股関節や胸といった遠いところが硬いことがわかると思います。どこか一部を整えるより、全身がしなやかに連動するイメージで、たまにお試しください。

まとめ

背中が気になる人は普段腕を開いていますのでチェックなさってみて下さい。

ただ、無理をして頑張ることが即効性を生むわけではありません。ステップアップしていくように取り組みましょう。

著者情報

ダイエットの通訳・Body care Room主宰

本記事は、2017年9月8日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。