綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,844 記事

シミ隠しは色選びが肝!簡単★透明肌メイクテク

2017年9月6日更新 | 6,158 views | お気に入り 35

若かりし頃に浴びた紫外線の爪痕…シミやソバカス。そして、ホルモンバランスの乱れによって現れる肝斑…。いずれも、女性の見た目年齢に影響する厄介モノ。みなさんは、これらのエイジングサインをきちんとカバーできているでしょうか。コンシーラーを上からグリグリ塗っているものの、その部分がかえって悪目立ちしてしまう、なんてことはありませんか?今回はこれらを上手く隠し、お肌に透明感を与えるメイクテクをご紹介します。

お肌の厄介モノ3つの特徴

まずは、シミ・ソバカス・肝斑の特徴を知り、これらの根本的な解決策を考えてみましょう!

シミ

30代後半からでき始める、後天性のメラニン疾患。原因はUVケア不足、産後のホルモンバランスの乱れ、疲労、ストレスなど。頰や目の周りにできやすい。凹凸はなく、大小・濃淡もさまざま。シミの治療法はフォトフェイシャル、レーザー治療、ケミカルピーリング、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬、トラネキサム酸の内服など。

ソバカス

散らばるように現れる細かな色素沈着。遺伝的な要素が強いといわれており、幼少の頃からできはじめる。1つ1つは小さいものの、広範囲にできやすい。紫外線の影響で濃くなるので紫外線対策はマスト。ソバカスの治療法はフォトフェイシャル、レーザー、ケミカルピーリング、イオン導入など。

肝斑

頬骨や額などに左右対称に現れるシミ。妊娠や経口避妊薬など、女性ホルモンのバランスが崩れることにより発症するケースが多い。シミと比べ、輪郭がハッキリしない、モヤッと広がっている、色は薄めの褐色という特徴がある。肝斑の治療はトラネキサム酸の内服が有効。レーザー治療をしてしまうと悪化してしまうこともあるので見極めが重要。

シミ・ソバカス・肝斑のカバー方法

今まで気になる部分に明るめのコンシーラーをグリグリと塗りたくっていた人。シミやソバカスが隠しきれず、かえって灰色っぽく浮いてしまっていた…なんてことはありませんか?ご紹介したようにシミ・ソバカス・肝斑は、濃淡・大小・原因もまったくの別物。これらをメイクによってカバーするにはコンシーラーの色選びと塗り方が肝なのです。具体的に筆者のシミ・ソバカスをお見せしながら解説していきます(笑)

シミ・肝斑→オレンジ色のコンシーラー

 

自分の肌色より1トーン落としたオレンジ色を使うことで、白浮きせずにナチュラルにカバーすることができます。コンシーラーを塗るときは、指または筆に薄く取り、気になる部分の中心から外側に向けて伸ばしていきましょう。こすらず、薄く重ねていくイメージ◎最後にコンシーラーを塗った部分を筆の側面か指の腹を使って均一にし、上からフェイスパウダーを重ねて完成です!

ソバカス

シミや肝斑よりも色素の薄いソバカスはイエロー系のベージュを使うのが効果的です。やり方は、気になる部分の2周りほど広い範囲に薄く塗り広げ、コンシーラーを塗った部分との境目を指でぼかすだけ。上からフェイスパウダーを重ねれば、より肌に馴染みやすくなります。イエローは光を反射する効果があるので、肌色のくすみを飛ばしつつ、透明度の高い肌作りにもひと役買ってくれるはず◎

筆者的オススメコンシーラー

ローラメルシエ シークレットカモフラージュ

オレンジベージュとイエローベージュがセットになったコンシーラー。単色使いするもよし、2色を混ぜ合わせて肌に溶け込むカラーを作るもよし。たいていのシミやソバカス、肝斑、色ムラは簡単にカバーできる優秀アイテムです。オイルフリーなので、ニキビ肌でお悩みの方にもオススメ。筆者使用色はSC-2。


ローラメルシエ/シークレットカモフラージュ  全4色 3,800円
https://www.lauramercierjapan.com/onlineshop/item/detail?item_code=2111015&color_code=140

厚塗り感のないコンシーラー使いが透明肌の近道!

隠したい部分があると、ついつい厚塗りしてしまいがちですが、透明感のあるお肌とはほど遠い仕上がりになってしまいますよね。しかし、コンシーラーの色選びと塗り方さえマスターすれば、シミやソバカスがあることさえ分からないクリアな肌を演出ができるのです。この秋も引き続き、素肌感のあるツヤ肌がブームの予感。コンシーラーを上手く使いこなして、秋メイクを思いっきり楽しみましょう!

著者情報

コスメコンシェルジュ、美容ライター

本記事は、2017年9月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。