綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,642 記事

肌のざらつきの原因は何?クリアなつるるん赤ちゃん肌になるための肌育方法

2017年9月26日更新 | 2,997 views | お気に入り 62

清潔な手で肌にそっと触れてみてください。理想は赤ちゃんのようなクリアなつるるん肌ですが、あなたの肌はどうですか?もし、そんな理想な肌とは遠いと感じたら、すぐに対処することが美肌を手に入れる近道。特に夏や夏の終わりは「ざらつき」が気になりやすいもの。

そこで、今回は赤ちゃん肌を目指すために肌のざらつきの原因とそのケア法をご紹介したいと思います。

肌のざらつきの原因

 肌のざらつきの原因は何なのでしょうか。乾燥や古い角質の蓄積、角栓などが挙げられます。そして、これらの要因が複雑に絡み合っていることが多々あります。特に乾燥が気になる時は肌表面のざらつきだけではなく、肌のごわつきも気になることがよくあります。ざらつきやごわつきを放置すると乾燥が進行したり、肌が硬くなってエイジングサインを加速させる恐れがあるので、早めに対策をとることが大切です。

赤ちゃんの肌にはざらつきやごわつきは見られませんよね。ざらつきやごわつきが気になる大人の肌と赤ちゃんの肌の違いにも着目する必要があります。まず加齢によってターンーバーが遅れることはこのことに大きく関係しているといえます。そのため保湿や古い角質・角栓の除去だけでなく、ターンオーバーを促進させるようなケアを日々のお手入れに取り入れましょう。

ざらつきが気になりやすいパーツとその特徴

 ざらつきが気になりやすいパーツは、額や鼻、あごなど。これらのパーツは、皮脂分泌が活発であることが共通しています。夏は皮脂分泌が活発になるだけでなく、紫外線の影響を強く受けてターンオーバーが乱れやすくなることも関係してざらつきが進行しやすくなります。そのため乾燥が本格的に気になり始める前に気になるざらつきを解消することが大切です。

古い角質や角栓を除去してツルツルの肌に

ざらつきを解消するためには、古い角質や角栓を除去するケアを行うのが先決です。そのためにはピーリング効果のあるコスメを投入する必要があります。とはいえ、ピーリング効果のあるコスメの中には刺激の強いものもあります。刺激が強いと肌を痛める恐れがあるので注意しましょう。貼って剥がすタイプや肌を擦るタイプのピーリング剤の使用は控えましょう。

以下、穏やかな作用で古い角質や角栓を除去する効果のあるコスメをご紹介します。

1.タカミ タカミスキンピール 

10ml/税込価格1,000円、30ml/税込価格4,950円

 

 筆者自身の愛用品でもう20本近くリピートしている角質美容水。水のようなテクスチャー・使用感ですが、肌にジワジワと浸透していきます。そして、加齢で遅れがちなターンオーバーを整えて毛穴やざらつき、くすみを払拭した健やかな美肌へと導きます。

洗顔後に塗るだけなので肌に刺激を与えることなく、毎日使用することができるのも高ポイントです。

2.ジュエルスキン®  クレンジングバーム


出典:http://placenrich.com/placenrich/lineup/

毛穴に溜まってしまった角栓は無理やり剥がそうとすると肌に大きな負担をかけることに。そのため日々のケアで少しずつ除去を目指すのが◎。そのためには毎日のクレンジングや洗顔を丁寧に行いつつ、バームタイプのクレンジングを使うのがオススメです。毛穴の汚れまでしっかりと落とす効果があるので角栓ケアには最適。筆者のオススメのこのクレンジングバームは、汚れをしっかりと落としながらも肌に必要な潤いは残したままに洗い上げます。また、比較的肌に優しい成分で作られているのも大きな魅力のひとつです。

3.THREE ピュリファイング クレイマスク 

120g/税込価格5,940円


出典:http://www.threecosmetics.com/fs/three/balancing/ski-0101001

吸着力のあるクレイが毛穴の奥まで入り込み、ざらつきやごわつきの原因となる汚れや古い角質、余分な皮脂などを吸着してオフします。また、肌に比較的優しい成分で作られている上、保湿力もあるのでしっとりとしてつるりとした美肌へと導きます。精油ベースのいい香りがするのも◎。

しっとりとして柔らかい肌に

古い角質や角栓を除去しただけでは赤ちゃん肌にはなれません。赤ちゃん肌に近づくためには、しっとりとしていることと柔らかさが必要となります。では、どのようなケアを行えばよいのでしょうか。以下、具体的にご紹介していきましょう。

1.薬師堂 ソンバーユ 液状特製 

55ml/税込価格2,160円

保湿と肌の柔軟性を求めるなら日々のお手入れにオイルを取り入れるのが◎。中でも馬油は血行を促進させる効果があるので、ターンオーバーの乱れが気になる肌には特にオススメです。また、美白効果やシワ・ニキビにも効果が期待できます。

この他、セラミドなどの保湿有効成分が配合されたコスメを使うのもオススメです。

また、クリームやオイルなどを使ってマッサージするのも◎。

季節ごとに気をつけたいこと

夏は皮脂分泌を抑える効果のあるコスメを使い、クレイマスクの使用頻度を上げる、冬は保湿を重視したケアに切り替えるとともに血行を促進させるケアを取り入れることが大切です。そういった季節性を考慮したケアを行うことで、ざらつきのない健やかな肌をキープできる見込みがあります。

まとめ

どんな時も大切なのは、肌とよく対話すること。毎朝清潔な手で肌に触れ、つまみ、鏡でよく観察して肌の状態をチェックしましょう。そして、肌の変化に注意するとともに、その時に必要なケアを素早く行うことが何より大切です。今日からケア法を見直して、赤ちゃん肌を目指してはいかがでしょうか。

著者情報

アンチエイジングアドバイザー・@cosme公認ビューティスト

本記事は、2017年9月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。