綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,642 記事

セロリを丸ごと食べて健康に!セロリの栄養と効果効能

2017年11月24日更新 | 2,266 views | お気に入り 8

セロリ

「セロリを食べたいけどどんな効果があるのかな?」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

野菜を使ったレシピを増やしたいけれど、どんな野菜を使ったら良いかわからない。野菜の中でも特に気になるのが「セロリ」。

セロリは栄養があるというイメージですが、本当に栄養がありカラダに良い効果があればレシピに加えたいですね。

セロリを食事に摂り入れるか悩んでいるあなたに朗報です。
「セロリには豊富な栄養が含まれており、カラダにとても良い効果があります。」
今回はセロリについて徹底的に調べました。この記事を読むことでセロリについて詳しく知ることができることでしょう。

セロリは苦くて臭い食べ物だというイメージですが、実はその苦みとにおいにカラダへの良い効果が隠されていたのです。

しかも調理次第ではセロリ特有の苦みとにおいを抑えられ、美味しく食べることができます。
セロリを美味しく調理できるようになることで、調理レシピの幅は広がり、さらに健康へと役立てることができます。

今回は普段食べる茎の部分だけでなく、葉の部分に含まれる栄養と、葉の美味しいレシピも合わせてご紹介します。

セロリの栄養と効果を深く知ることで、ご自身と家族の健康のためにこの記事がお役に立てれば幸いです。

セロリの栄養と効果効能

野菜の中でも特に味と香りにクセのあるセロリ。好き嫌いがはっきり分かれる野菜ですね。
しかし、クセのある野菜ほど実は栄養価が高かったりするものです。
セロリを食べることによって以下の効果が期待できます。

セロリの栄養と効果効能

抗酸化作用による効果

セロリにはビタミン類がバランスよく含まれています。

セロリに含まれる主なビタミン類
  • ビタミンA(βカロテン)・・・44㎍
  • ビタミンB1・・・0.03㎎
  • ビタミンB2・・・0.03㎎
  • ビタミンB6・・・0.08㎎
  • ビタミンK・・・10㎍
  • ビタミンC・・・7㎎
  • ビタミンE・・・0.2㎎
  • 葉酸・・・29㎎

このようにたくさんのビタミン類を含んでいます。

体内に発生した活性酸素はカラダの至るところ(肌、臓器、筋肉など)を錆びさせてしまいます。

カラダを若々しく保つためには体内の活性酸素を減らすことが大切です。セロリには強い抗酸化作用を持つ、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。
そのため、セロリを食べることによってカラダの老化を予防し、アンチエイジング効果が期待できるのです。

◆抗酸化作用によって期待できる効果◆
・美肌
・動脈硬化や生活習慣病の予防
・風邪やインフルエンザなどの予防
・動脈硬化の予防  など

むくみ、高血圧予防

セロリはカリウムを多く含みます。カリウムはきゅうりやスイカに多く含まれているイメージがありますが、実はセロリのほうがカリウムの量が多いんです!

カリウム量比較(100g中)
  • セロリ・・・410㎎
  • きゅうり・・・200㎎
  • レタス・・・200㎎
  • スイカ・・・120㎎

セロリに含まれるカリウムはきゅうりの約2倍となっています。意外ですね( ゚Д゚)

カリウムはナトリウムとバランスを取りながら、体内の水分量を調整する作用を持っています。
体内の水分量が増えてしまうと引き起るのがむくみ。
カリウムは余分な水分を排出する働きをするため、むくみの予防、改善効果が期待できます。

また、カリウムによって水分と一緒に余分な塩分も排出することができます。
そのため体内の塩分量が増えることで引き起る高血圧の予防効果も期待できます。

高血圧は放っておくと心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気を引き起こしてしまいます。
日頃から高血圧にならないように予防しておくのが大切ですね。

日本人はカリウム不足と言われています。
カリウム不足は深刻な病気にもつながることもあるので、セロリを食べてしっかりとカリウムを摂るようにしましょう!

便秘予防・解消

セロリは100g中に約1.5gの食物繊維を含んでいます。

◆食物繊維の内訳◆
水溶性食物繊維・・・約0.3g
不溶性食物繊維・・・約1.2g

セロリは食物繊維でも水に溶けにくい不溶性食物繊維を多く含んでいます。

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して大きく膨らみ、腸のぜん動運動を活発にし、便通を良くします。

また大きく膨らんだ不溶性食物繊維によって、便のカサが増すことでも便通を良くする作用もあります。
そのため、便秘の予防、改善効果が期待できます。

便秘は不快なだけでなく、肌荒れやダイエットにも影響を及ぼすものです。
セロリによって便秘が解消されれば、美容やダイエットにも役立ってくれることでしょう。

疲労回復

セロリはビタミンB1を含んでいます。
疲労回復作用を持つ代表的な栄養素がビタミンB1。
ビタミンB1は糖の代謝を促し、エネルギーを生み出すうえで欠かせない栄養素です。

ビタミンB1が足りていないと、エネルギーがスムーズに生み出されず疲れやすくなる、疲れがいつまでもとれないといったことになる場合があります。

セロリと一緒にビタミンB1を多く含む豚肉やうなぎ、玄米などと一緒に食べると疲労回復効果もさらにアップすることでしょう。 

精神の安定・ストレス解消

セロリはカラダだけでなく精神にも良い効果をもたらします。

セロリの特徴と言えばあの香りですね。嫌いな人も多いかもしれません。
実はセロリの香りには約40種類もの香り成分が含まれています。そのため独特のあの香りがするのです。

セロリの香り成分である「アピイン」「セネリン」には精神を安定させる、不眠を解消するといった効果があるとされています。

また、同じく香り成分である「テペイン」にはリラックス効果があり、「アビオイル」という成分には神経の興奮を抑える作用があると言われています。

このようにセロリには精神を安定させる香り成分が多く含まれています。そのため、精神を安定させストレスを解消する効果が期待できます。

セロリシードのアロマオイル

セロリの種から抽出したセロリシードオイルというものもあります。
こちらも香りを嗅ぐことによって精神安定、ストレス解消、リラックスといった効果があるとされアロマとして活用されています。

ちょっとクセのある個性的な香りのオイルですが、気分をスッキリとさせたい方にはおススメですよ。

↓プラナロムのセロリエッセンシャルオイル

セロリエッセンシャルオイル
画像出典 https://item.rakuten.co.jp/aromaoil/pranarom-celery/

血液の流れを良くする

セロリにはビタミンEが含まれています。
ビタミンEは末端血管を広げる作用を持っています。末梢血管が広がることで、カラダの隅々にまでスムーズに血液が運ばれます。

血液の流れが良くなることで、冷え性の改善や新陳代謝アップ、さらには血行不良により引き起る肩こりや腰痛などの症状の改善が期待できます。

胃の健康を守る

セロリにはビタミンUが含まれています。
ビタミンUは別名「キャベジン」。胃薬の名前として知っている方も多いことでしょう。
ビタミンUはキャベツから発見されたため、別名キャベジンと呼ばれるようになりました。

ビタミンUはタンパク質の合成を促し、消化器官の粘膜を修復する作用を持っています。
そのため暴飲暴食などで荒れた胃粘膜を修復してくれることが期待できます。

また、ビタミンUは胃液が過剰分泌されるのを抑制します。
胃液は酸性のため、過剰分泌してしまうと、胃壁が破壊されてしまいます。その結果、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などが引き起ってしまうことがあります。

ビタミンUの働きによって胃液の分泌を抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防が期待できます。

キャベツだけでなくセロリでもビタミンUを摂ることができますよ♪

食欲増進

セロリに含まれる香り成分の一種であるアビオイルには、口内をさっぱりさせる作用があるとされています。
口内がさっぱりすることで、食欲が増す効果が期待できます。

夏バテなどで食欲がない時、疲労回復のためにしっかりと食事をとりたい時などにセロリは役立ってくれることでしょう。

頭痛、生理痛の緩和

セロリの香り成分であるアピイン、セダノライド、セネリンには頭痛や生理痛を緩和する作用があるとされています。

また、末端血管の血流が悪くなることで、脳血管の血流も悪化し、片頭痛が引き起るとも言われています。

セロリには末端血管を広げ、血流を良くする働きをもつビタミンEが含まれています。ビタミンEの血流改善効果による頭痛や生理痛の緩和も期待できます。

頭痛や生理痛の緩

肝機能を高める

セロリの茎には必須アミノ酸の一種であるメチオニンが含まれています。メチオニンは肝臓に溜まった老廃物や毒素を排出させる作用があるとされています。

肝機能を高めることによって、アルコールや脂肪の摂りすぎによる脂肪肝を予防する効果も期待できます。また、二日酔いの予防効果もあるとされています。

お酒や脂っこいものが好きな方はセロリを食べて肝臓の健康を守りましょう! 

ダイエットサポート

セロリは100gあたり約15㎉。野菜は食材の中でも低カロリーではありますが、セロリはトップクラスの低カロリー野菜となっています。
代表的な野菜とカロリーを比較(100g中のおおよその量)してみると・・・

  • にんじん・・・36㎉
  • パプリカ・・・30㎉
  • ミニトマト・・・29㎉
  • ほうれん草・・・25㎉
  • キャベツ・・・23㎉
  • セロリ・・・15㎉

セロリは野菜類の中でも低カロリーなのが特徴です。
そのため、ダイエット中の食事に摂り入れるとカロリーオフとなりダイエットサポートとなります。

また、セロリは食物繊維も多く含んでいます。
腸内環境を整え、便秘を解消することもダイエット効果へとつながります。

生のセロリは噛み応えがあるため、よく噛むことで満腹中枢を刺激し食べすぎを抑制することも期待できます。

脂肪燃焼スープにも使われるセロリ。セロリだけを食べてダイエットするのは健康に良くありませんが、ダイエットのサポート食材として利用するのはおススメです。

★脂肪燃焼スープダイエットについてはこちらをチェック!
食べながら痩せる?脂肪燃焼スープダイエット

葉にも栄養たっぷり!葉の栄養と効果効能

葉の栄養

セロリの葉の部分ってどうしていますか?

「捨てちゃってま~す!」

という人も多いのではないでしょうか?
確かに葉は茎部分に比べると苦みもあり食べにくいと思います。

しかし実はセロリは茎よりも葉のほうが栄養が多いと言われています。
捨てちゃうなんてもったいない!!セロリは丸ごと食べましょう!
葉に含まれる栄養と効果をご紹介します。

血液の流れを良くする

セロリの葉は茎よりも独特の香りがしますよね。
その香り成分の一種となっているのが「ピラジン」です。
ピラジンには血流を改善する作用があると言われています。

また、葉にも茎同様にビタミンEが含まれています。
ビタミンEもまた末端血管を広げ、血液の流れを良くする作用を持っています。

香り成分のピラジンとビタミンEの相乗効果で高い血液サラサラ効果がセロリの葉には期待できます。

血流が良いことは健康でいるための基本です。
自分のため、家族のためにセロリを利用して血液サラサラを維持しましょう!

◆血流改善によって期待できる主な効果◆
・基礎代謝アップ
・免疫力アップ
・疲労回復
・冷え性の改善
・生活習慣病の予防
・肩こり、腰痛の予防、改善
・美肌  など

その他の栄養もたっぷり!

ビタミンCやビタミンE、葉酸などのビタミン類も、茎よりも葉のほうが多く含んでいると言われています。

ビタミンAに至っては茎の約2倍の量が含まれているとされています。

ビタミンたっぷりの葉の部分。捨てずにしっかりと食べましょう!

葉付きセロリは国産だけ!?

スーパーなどで陳列されているセロリには、葉がついたものと茎だけのものがありますね。

セロリは海外からも輸入されていますが、検疫の関係上輸入セロリは葉を切り落としてあります。

そのため、店頭に陳列されている葉付きセロリはほぼ国産と言えます。

安全面から考えても国産のセロリを選びたいものです。
流通量は少ないですが、葉付きのセロリを見つけたら是非購入してみてください♪

セロリの苦みとにおいを和らげるには?

独特の味とにおいを持つセロリ。
好き嫌いがはっきりと分かれる野菜の一つですね。
セロリが苦手な理由としては・・・

「においが嫌だ。」
「苦みがある。」
「筋が苦手。」

といった理由からセロリを好んで食べない場合が多いです。

しかし、セロリは栄養がたっぷりと含まれており健康に役立つ野菜です。

そこで、セロリのにおいや苦みを和らげる方法をご紹介します。セロリが苦手という方は試してみてください。

ご紹介するのはにおいや苦みを完全に消す方法ではありません。あくまでにおいと味を和らげ食べやすくする方法です。
ご了承ください。m(__)m

セロリの選び方

まずはセロリを購入する際の注意点です。セロリを選ぶ時のポイントがこちら。

・茎が白いもの
・茎が柔らかいもの
・茎がしまっていて太すぎないもの
・葉がシャキッとしているもの

茎が白く、程よい弾力があるもののほうが苦みが少ないです。

また茎が太すぎるものは成長しすぎていて、中身がスカスカだったり、筋が固かったりと食べにくい場合があります。

また、葉がシャキッとしているものは新鮮でみずみずしく食べやすいです。
苦みやにおいが苦手という人は、セロリを選ぶ際には以上の点に気をつけてみてください。

セロリの選び方

コーネルセロリとホワイトセロリ

市場に一般的に出回っているセロリはコーネルセロリという品種です。誰もが知るセロリ特有の味と香りを持っています。

それに対しホワイトセロリは香りが弱く、筋がありません。
柔らかい食感のため、生の状態でも食べやすいです。
コーネルセロリほど多く流通はしていませんが、スーパーや直売所で見かけたら購入してみましょう!

↓ ホワイトセロリ ↓
ホワイトセロリ

スジの取り方

「セロリのスジが嫌い。」 

という人も多いですね。
細かく刻んで使う場合は筋はあまり気になりませんが、スティックサラダや大きめにカットして使う場合は固いスジが気になるものです。
スジが気になる場合はスジ取りを行ってみてください。

セロリの基本的なスジの取り方を記します。

セロリのスジの取り方

①セロリを流水で洗い、葉の部分を切り落とします。
(葉の部分も食べられるので捨てないようにしてください)

②茎の根元の固い部分を切り落とします。

③根元の方から筋に浅く包丁を入れます。

④そのまま葉の方に向かって包丁を引きながらスジをはがし取ります。

包丁ではなくピーラーでスジ部分を取り除いてもOKです。
ピーラーで剥く場合、取りすぎると食べる部分が減ってしまうので取りすぎないように気をつけましょう。

スジ取りをすることで、筋が気にならなくなりとても食べやすくなりますよ。

繊維に沿って切る

セロリは繊維に沿って切ると程よい香りとシャキッとした食感になります。

反対に繊維を断ち切るように切ると香りが強くなります。においが気になる人は繊維に沿って切ると良いかもしれませんね。

水に浸けておく

カットした後のセロリを数分水に浸けておくと、多少臭いと苦みが和らぎます。また、食感もシャキッとします。

ただし、長時間水に浸けておくと、ビタミンやカリウムなどの栄養成分が流れ出してしまうので気をつけましょう。

加熱調理をする

セロリは加熱調理がおススメ♪

野菜は生で食べるほうがが栄養が摂れるイメージがありますよね。

確かに野菜に含まれる栄養の中には熱に弱いものも多くあります。
ビタミンCやビタミンB群などは熱に弱い性質を持っています。

それではセロリも加熱しないで食べたほうが良いのでしょうか?
その答えは・・・

「セロリは加熱しても大丈夫!」

です。
セロリに含まれているカリウムや薬効のある香り成分は熱に強い性質を持っています。そのため加熱調理しても栄養を摂ることができます。

また、セロリの栄養分は細胞の中に存在しているため、生の固い状態だとしっかりと噛み細胞を壊す必要があります。
ちゃんと噛んで食べないとせっかくの栄養が摂れないということです。

そこでおススメなのが加熱調理です。
加熱することによって細胞壁が壊れ中の栄養を摂りやすくなります。
このような理由から、セロリは加熱調理に向いた食材ということになります。

加熱することで臭いと苦みも抑えられます。
臭いと苦みが苦手な人にもセロリの加熱調理はおススメです♪ 

濃い目の味付けにする

スパイスや酢などを使い濃い目の味付けにすると、セロリの苦みやにおいを抑えられ食べやすくなります。

また、カレーの具材として利用するのもおススメです。
食感が気になる場合はすりおろす、細かく刻むなどすると気にならなくなります。
カレー自体の風味も増すので是非試してみてください。

セロリを美味しく食べられるレシピ6選

セロリの食べ方といえば野菜スティックやサラダといったイメージですね。

セロリ好きの人には生セロリは美味しいですが、においや苦みが苦手な人には野菜スティックやサラダはキツいかもしれません。

また、毎回、毎回野菜スティックやサラダでは飽きてしまいます。

そこで、セロリを使った美味しいレシピを紹介します。
ご紹介するのは苦みやにおいを抑えたレシピのため、だれでも美味しくセロリを食べることができると思います。
家族みんなで美味しくセロリを食べましょう!

茎のレシピ

セロリ入りミックス甘酢浸け

セロリ入りミックス甘酢浸け

材料~約4人分~
  • セロリ・・・1/2本
  • きゅうり・・・1本
  • キャベツ・・・3枚
  • にんじん・・・1/2本
  • パプリカ・・・1/2個
  • かぶ・・・2個
  • 鷹の爪・・・1、2個
  • 塩・・・小さじ1
  • ★オリーブオイル・・・大さじ1
  • ★酢・・・大さじ3
  • ★砂糖・・・大さじ1
 作り方

①野菜は食べやすいように一口大にカットします。

②ボウルに①を入れ塩を加えて軽く揉みます。そのまま放置し水気が出たら軽く絞りましょう。

③鍋にオリーブオイルと種を取った鷹の爪を入れ、弱火にかけて香りを出します。

④火から下ろしたら酢と砂糖を加え、砂糖がしっかりと溶けるように混ぜます。

⑤②のボウルに調味料を加えて1時間ほど放置したら完成です。

お酢を使うことによってセロリの苦みやにおいを抑えることができます。
また、ほかの野菜と合わせることもセロリの味を和らげ食べやすくする効果があります。

酢のクエン酸、野菜のビタミン類によって疲労回復効果が期待できるレシピです。
また、野菜のビタミンCによる抗酸化作用によるアンチエイジングや美肌効果も期待できます。

冷蔵庫で1週間保存できます。多めに作り瓶に入れストックしておくのも良いでしょう。
「食卓が少し寂しいな~。」「疲れを解消したいな~。」といった時におススメのレシピです。

◆期待できる効果◆
・疲労回復
・美肌
・アンチエイジング
・食欲増進
・消化促進
・便秘解消
・二日酔い防止
・むくみの予防、改善
・血液をサラサラにする
・ストレス耐性  など

セロリのきんぴら

材料~約4人分~
  • セロリ・・・1本
  • じゃがいも・・・中2個
  • にんじん・・・1/2本
  • さつま揚げ・・・4枚
  • ごま油・・・適量
  • ★だしの素・・・小さじ1
  • ★醤油・・・大さじ1
  • ★みりん・・・大さじ1
  • ★料理酒・・・大さじ1
  • 白ごま・・・適量
作り方

①セロリ、じゃがいも、にんじん、さつま揚げは細切りにします。

②フライパンにごま油をひき、じゃがいもとにんじんを炒めます。
じゃがいもとにんじんがしんなりしてきたら、セロリとさつま揚げを加えて軽く炒めます。

③★の調味料を加えて汁気がなくなるまでさらに炒めます。

④白ごまを加え軽く混ぜ合わせたら完成です。
※お好みで七味唐辛子を加えてもOKです。

ごま油の香りがセロリのにおいを和らげます。また炒めることで苦みとにおいを抑える効果もあります。
全体的に濃い味のため、セロリが際立つことがなく食べやすいです。

セロリに含まれるビタミンAやビタミンEは油と合わせることで吸収率がアップします。セロリの栄養素をたっぷり摂れるレシピです。

◆期待できる効果◆
・抗酸化作用によるアンチエイジング
・便秘解消
・美肌
・むくみの予防、改善
・免疫力アップ
・血流改善
・ストレス耐性  など

炊飯器で作る参鶏湯(サムゲタン)

サムゲタン

材料~約4人分~
  • もち米(なければ白米でOK)・・・1合
  • 骨付きの鶏肉(手羽、羽元、ぶつ切りなど)・・・200g
  • セロリ・・・1本
  • 大根・・・1/8本
  • にんじん・・・1本
  • 白ネギ・・・1本
  • しめじ・・・1株
  • あればゴジベリー(クコの実)・・・適量
  • ★鶏がらスープの素・・・大さじ1
  • ★料理酒・・・大さじ2
  • ★塩・・・小さじ1
  • ★すりおろしにんにく(チューブ可)・・・大さじ1
  • ★すりおろし生姜(チューブ可)・・・大さじ1
  • 水・・・1リットル
作り方

①もち米を洗い水切りをしておきます。

②鶏肉は味がしみ込みやすいように数か所フォークでグサグサと穴を開けておきます。

③セロリは斜め切りに。大根とにんじんは1㎝幅のいちょう切りにします。
白ネギは4㎝くらいにぶつ切りに。しめじはほぐしておきましょう。

④炊飯器に鶏肉→もち米→野菜としめじの順に入れます。

⑤水と★の材料を入れ軽く混ぜ合わせてから、通常通りに炊いて完成です。

※皿に盛った後に、お好みでみじん切りにしたセロリの葉を散らしてもOK。
セロリの爽やかな香りがプラスされますよ。(*^^*)

参鶏湯はじっくり煮込んで作る面倒なイメージがありますが、炊飯器を使うことで簡単に作ることができます。

にんにくや生姜が加わることでセロリの苦みと臭みが和らぎます。
鶏肉が入っているのでタンパク質補給にもなります。
カラダも温まるので寒い季節におススメのレシピです。

◆期待できる効果◆
・冷え性改善
・疲労回復
・新陳代謝アップ
・美肌、美髪
・便秘解消
・むくみ予防  など

葉のレシピ

葉にも栄養がたっぷり♪余すことなく美味しく食べましょう!

セロリと玉ねぎのかき揚げ

セロリと玉ねぎのかき揚げ

材料~約6個分~
  • セロリの葉・・・1本分
  • 玉ねぎ・・・1個
  • にんじん・・・1/2本
  • 干しエビ・・・適量
  • ★てんぷら粉・・・200g
  • ★冷水・・・300㎖
  • 食用油・・・適量
作り方

①セロリの葉をざく切りにします。玉ねぎとにんじんは細切りにします。

②ボールに★を入れ天ぷら液を作ります。

③②に具材を入れ混ぜます。

④フライパンに多めの油を入れ中火にかけます。

⑤油が温まってきたら、おたまなどを使い③をフライパンに落とし、平たくかき揚げ型にし焼いていきます。

形が崩れたら菜箸を使い形を整えてください。

⑥片面がきつね色になったらひっくり返し反対の面もきつね色になるまで焼いたら完成です。

天つゆ、塩などお好みの味付けで食べましょう。

油で揚げることでセロリの葉の苦みとにおいが和らぎます。揚げるというよりは揚げ焼きになるため、本格的に揚げ物を作るよりも簡単にできます。

かき揚げ丼、かき揚げうどんなどにしても美味しいですよ。

干しエビを入れることでカルシウムを摂ることができます。骨の健康のためにもカルシウムはしっかりと摂りたいですね。

◆期待できる効果◆
・血液サラサラ
・むくみ予防、改善
・骨の健康維持
・ストレス耐性
・抗酸化作用によるアンチエイジング
・免疫力アップ  など

セロリの葉のふりかけ

セロリの葉のふりかけ

材料
  • セロリの葉・・・1本分
  • ちりめんじゃこ・・・100g
  • かつお節・・・3g
  • ごま油・・・大さじ1
  • めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・適量 
作り方

①セロリの葉は粗目のみじん切りにします。

②フライパンにごま油を入れ弱火にかけます。

③セロリの葉を入れしんなりするまで炒めます。

④ちりめんじゃこ、かつお節、めんつゆを入れさらに炒めます。

⑤最後に白いりごまを入れ軽く混ぜたら完成です。

ご飯にかけても、お酒のおつまみとしても美味しい一品です。

ちりめんじゃこによってカルシウムも摂ることができます。

ピリッと辛めにしたい場合は、めんつゆの量を減らし、ゆず胡椒を加えてみましょう。
ゆずの爽やかな香りが加わり、セロリのにおいが和らぐ効果もあります。

ゆず胡椒を使う場合の分量
・めんつゆ・・・大さじ1
・ゆず胡椒・・・小さじ1
・みりん・・・小さじ1 

カレー風味スパイシーポテト

材料~約4人分~
  • じゃがいも・・・中6個
  • セロリの葉・・・1/2本分
  • カレー粉・・・大さじ1
  • 塩、こしょう・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量
作り方

①じゃがいもの皮を剥き、くし形にカットします。水でサッと洗いキッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。

②セロリの葉は粗目のみじん切りにします。

③フライパンにオリーブオイルを入れ中火でじゃがいもを焼いていきます。

④じゃがいもの中まで火が通ったらセロリの葉を加えさらに炒めます。

⑤カレー粉と塩コショウを加え、全体に味が馴染むように混ぜたら完成です。

カレー風味によってセロリの苦みとくさみが抑えられます。

ほっこりとしたじゃがいもとセロリの爽やかな香りがよく合う一品です。

好みでベーコンやウインナーを加えても美味しいですよ。お子さんから大人まで喜んでもらえるレシピです。

じゃがいもは糖質だけの食材と思われがちですが、ビタミンCやビタミンB1、カリウムやマグネシウム、食物繊維など栄養素を含む優秀食材です。
健康と美容のために役立てましょう。

◆期待できる効果◆
・抗酸化作用によるアンチエイジング
・冷え性改善
・便秘予防、改善  など

まとめ

セロリの栄養やその効果効能についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

セロリを食生活に摂り入れることで、自分自身や家族の健康のために役立てることができます。

セロリも調理方法次第で美味しく食べることができます。
セロリが苦手という人も是非今回ご紹介したレシピを試してみてください。「セロリってこんなに美味しいんだ♪」と再発見していただけたら幸いです。

セロリを食べて綺麗&健康になりましょう!

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2017年11月24日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。