綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,792 記事

パーソナルカラーって何?私に似合う色の選び方

著者情報

AFT1級カラーリスト/センセーションカラーティチャー/骨格スタイル協会認定骨格スタイルアドバイザー

2014年10月2日更新 | 50,611 views | お気に入り 366

パーソナルカラーとは?

友人にはとても似合う「ピンクのチーク」が、何故か自分には似合わない!そんな事ありませんか?
人によって似合う色が違うのは何故か?そして、私に「似合う色」はどんな色なのか?それを見つける方法についてまとめてみたいと思います。
花や果物に色があるように、人にも生まれ持った色、ボディカラー(肌・瞳・髪の色)があります。人によって似合う色が違うのは、このボディカラーが微妙に違うからです。
「似合う色」とは、あなたのボディカラーと相性がいい色です。色との相性の良し悪しは、とても重要で、見た目の印象に大きな影響を与えます。

例えば、画像の女性の場合。

顔の下に置いた布の色で、お顔の印象が変わっています。布の色はどちらも緑ですが、青緑では肌色が悪く見え(写真左)、黄緑では、艶が出て健康的な肌色に見えます(写真右)。顔の立体感までも変化し、印象がはっきりします。この女性は、青緑よりも黄緑と相性がいいのです。

この様に、ボディカラーとの相性がよく、身に着けると肌色が引き立ち、イメージが良くなる色が「パーソナルカラー」です。

パーソナルカラーは、「緑や赤が似合う」という様な色相そのものを決め込むものではありません。人それぞれに似合う色のグループがあり、その中に、似合う緑や赤があると考えるのです。

パーソナルカラーの4つのグループ

似合う色のグループは、4分類されており、それぞれが、四季の色をイメージさせる事から、
「サマー」「ウインター」「スプリング」「オータム」と季節(シーズン)の名前がついています。

注:シーズンの有名人は、あくまでもイメージです。

自分がどのグループ(シーズン)なのかを知る事が、パーソナルカラーを知る事です。シーズン内の色は、どの色を組み合わせても調和するため、洋服のコーディネートにとても役立ちます。更に、メイクカラーの色の参考にもなります。  

つまり、シーズンを知ることは、自分に似合う色のパレットを手に入れるのと同じことなのです。

自分のシーズンを知る確実な方法は、プロのカラー診断を受ける事です。
カラー診断では、140色程度の色布(ドレープ)を、1枚ずつお顔の下にあて、顔色の変化から、その人に似合うシーズンを見極めていきます。

自分のパーソナルカラーを見つける方法

テスト1~3の答えが分かれば、ご自分のシーズンが分かります。

理想的なのは、色画用紙や色布を用意して、鏡の前で色比較をし、答えを出す事です。そうでなければ、これまでの成功・失敗体験(身に着けていると褒められる洋服・メイクの色、身に着けると顔色が悪くなる洋服・メイクの色等)を思い起こして、答えを出してみて下さい。

この時に、「想定されるシーズン」として、何度も出てくるのが、ご自分のシーズンです。(但し、あくまでも予測であり、確実なものではない事をご了承ください)

【テスト1】 「ブルーベースとイエローベース」を比較する

色には、青みの強い色(ブルーベース)と黄みの強い色(イエローベース)があります。例えば、おなじ「黄色」でも、レモンの黄色はブルーベース、向日葵の黄色はイエローベースです。 
人により、似合うベースが違います。自分に似合うのは、どちらのベースなのかを判定してみてください。色を間違えているケースの多くは、ここが間違っています。
自分のベースと異なる色を着ると、印象があか抜けず、肌色が悪くなるのです。

【テスト2】 「明るい色と暗い色」を比較する

似合う色の「明度」を判定します。
明度を間違うと、肌トラブルが目立ったり、お顔の輪郭が曖昧になったりします。

【テスト3】 「グレイッシュな色とクリアな色」を比較する

似合う色の「清濁」を判定します。色の中に灰色が混じると、濁り感のある落ち着いた色になります。それがグレイッシュな色。クリアな色は、鮮やかで澄んだ色です。
色の清濁を間違えると、印象がぼんやりしたり、肌色の見え方に影響が出たりします。

パーソナルカラーの効果

パーソナルカラーを身に着ける最大のメリットは「第一印象があか抜け、若く見える事」です。これは、色のもたらす、様々な効果の積み重ねです。そして、パーソナルカラーを知る事の最大のメリットは、「色選びを迷わなくなる事」。
その結果、無駄な買い物が減り、クローゼットやコスメBOXがすっきりします。また、ショッピングにかける時間も少なくなります。

 

洋服もメイクも、殆どの場合は色選びからスタートします。自分のパーソナルカラーを知ると、そこから自分の味方になってくれる色だけを選び取ることが出来るようになります。ぜひ自分のパーソナルカラーを知り生かしてみて下さい。

 

本記事は、2014年10月2日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。