綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

病院で勧めるプチ断食法 病院プチ断食のメリットとデメリット

2014年10月10日更新 | 3,276 views | お気に入り 557

病院でもプチ断食を行っていることがあります。
病院が勧めるプチ断食法にはどのような特徴があるのでしょうか?

病院プチ断食のメリットとデメリットを知りましょう。

病院プチ断食のメリットとは

プロによる管理

病院で勧めるプチ断食は、身体の事を知り尽くした医師や栄養士のもとで行われます。
そのため、断食中でも必要な栄養はしっかりと摂れます。
体調を良くするためのプチ断食なのに、栄養不足によって返って体調不良になってしまったなんてことにはまずなりませんね。
安心して栄養管理を任せられるというのが、病院プチ断食の大きなメリットと言えましょう。

また、栄養管理だけでなく、体調管理もしっかりと行ってくれます。規則正しい生活や運動の指示なども、プロのアドバイスを受けることが出来ます。

 個人に合わせたプラン

プチ断食のやり方はインターネットや本などで調べることができますが、それらは万人に提供されるものであり、個人に合わせた方法ではありません。
人それぞれ体格や体調、持病、悩みなどは違います。プチ断食も本来なら、その人にピッタリ合ったものを行うのが良いのです。

その点、病院プチ断食の場合、医師や栄養士が個人に合わせたプランを提供してくれます。自分にピッタリ合ったプチ断食を行うことができるので、その効果もしっかりとしたものとなります。

アフターフォロー

プチ断食も終われば全てOKというものではありません。プチ断食で最も大切なのは、断食期間が終わった後です。ここで暴飲暴食、乱れた生活などを行っては断食効果は薄れてしまいます。時には、かえって体調が悪くなってしまったり、体重が激増してしまうことがあります。

そこで、おすすめなのが、アフターフォローをしてくれる病院プチ断食です。
病院プチ断食は、断食が終わった後の食生活や生活の仕方を指導してくれます。
プチ断食後に体調が悪くなった場合も、すぐに相談・対応してくれるのも大きなメリットですね。

病院プチ断食のデメリットとは

メリットがあるということは、反対のデメリットもあるということになります。
病院プチ断食のデメリットも知っておきましょう。

個人でするプチ断食よりも費用がかかる

 

最近では生活習慣病の抑制のため、病院プチ断食でも保険が適用されることが多いです。保険が使えるのはお財布に嬉しいですね。
しかしそれでも、1回で4000~5000円ほどは費用が必要のようです。この費用はあくまでも指導や検査のもので、薬を使う場合は、その薬代がプラスされます。

入院をしながらプチ断食を行う場合は、さらに入院費もプラスされるという事です。
プロによる指導はやっぱりお金が掛っちゃうものなんですね。

時間も必要

病院プチ断食は、その指導やアドバイスを受けるために病院に通わなければなりません。つまり病院に行く時間が必要になります。
毎日忙しい人には、断食のために病院に行くのは難しいかもしれませんね。

最後に

病院プチ断食にはそれぞれメリット、デメリットがありますが、自分だけでプチ断食をするのが不安な人や、一度や手てみてしっっぱいしている人は、病院に相談しながらのプチ断食のほうがお勧めです。
何て言ったってプロのサポートがあり安心できますから。
興味のある人は、プチ断食の指導を行ってくれる病院を探してみて下さい。
しっかりとした実績のある病院を選びましょうね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2014年10月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。