綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,742 記事

ふくらはぎのツボが痛い!痛みの原因と対処法

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2014年10月14日更新 | 168,020 views | お気に入り 327

 

ふくらはぎマッサージが今話題となっています。
ふくらはぎをマッサージすることで、健康促進やダイエットに効果があるんです。

詳しくは同サイト内のTVでも話題のふくらはぎマッサージ 気になる効果を参考にしてみて下さい。

しかし、ふくらはぎをマッサージするとすっごく痛い!という人も多いですね。
その痛みの原因はいったい何なんでしょう?
気持ちよくふくらはぎマッサージを行うために、痛みの原因とその対処法について知りましょう。

ツボと体調の関係

例えば、とっても胃の調子が悪いとします。そこで胃に効くというツボを押すとあら不思議。胃の具合が良くなった!なんてことがありますね。

不調の箇所に適したツボを押すことで、その箇所の調子が良くなることは実際にありますが、なぜ良くなるのかは科学的にはまだはっきりとは解明されていません。ツボにはまだまだ謎がいっぱいなのです。

しかし、全く無関係ということではありません。ツボを押すと体調が良くなるのは多くの人が体験済みでしょう。
また、それぞれのツボに関係している臓器や箇所の具合が悪い時には、ツボを押すととても痛いですね。

ふくらはぎのツボ

ダイエットに関係する4つのツボ

ふくらはぎにもツボがあります。その中で健康やダイエットに関係するのは4つのツボですね。これらのツボを押して痛いと感じるのであれば、健康やダイエットの障害となる何らかの原因が身体の中に隠れているという事になります。
とっても気になる4つのツボがこちら。

【委中(いちゅう)】

膝の裏側の中央、ちょうど凹んだところにあるのが委中というツボです。ここのツボが痛い場合は、腰痛やむくみといった体内トラブルを抱えている可能性があります。

【承筋(しょうきん)】

ふくらはぎの筋肉部分、一番太い箇所の中央にあるのが承筋と呼ばれるツボです。このツボは下半身のむくみに関係しています。ふくらはぎがむくみやすい人は、このツボを押すと痛いはずです。

【承山(しょうざん)】

ひざ裏の委中と、足首を繋いだ直線の真ん中に位置するツボです。ふくらはぎを膝のほうから触っていって、筋肉の形がちょうど変わる位置にありますね。触って確認してみて下さい。このツボも足がむくんでいると押した時に痛いです。

【承間(しょうかん)】

承筋と承山を結んだ線上の、ちょうど中間の部分にあるのが承間というツボです。
これもまた足がむくんでいると、押した時に痛いです。

4つのツボについてご理解いただけましたか?
これらのツボを押して痛いという場合は、ズバリ!「足がむくんでいる!」ということです。むくみによってツボ押しがとっても痛く感じるんです。

対処法

正しいツボ押しのやり方

これらのツボを押して痛いという事は、足がむくんでいるということです。足がむくんでいると、見た目も良くない上に、だるさや疲労感などの辛さもありますね。
そういった体の不調を改善するためにも、ツボ押しマッサージを行いましょう。

正しいツボ押しのやり方がこちら。

①いすに座り、両手でふくらはぎを抱えるように持ちます。包み込むような感じで優しく。

②両手で包み込むようにふくらはぎを持ったら、両方の中指を重ねます。

③膝のほうから下へと、4つのツボを順番に押していきましょう。ギュッと力を入れ過ぎないように注意して下さい。

④下までいったら、また膝のほうから繰り返しツボを押していきます。それを片足を1~2分、続けましょう。片足が終わったら反対の足も同じようにツボを押していきましょう。

最後に

ふくらはぎの4つのツボを押すことで、むくみが解消されます。
1回のツボ押しでは、それほど改善されませんが、何日か続けていくと、ふくらはぎのむくみが解消され、スッキリした足になれますよ。

本記事は、2014年10月14日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。