綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

あきらめないで!40代のための美肌がよみがえる方法

2014年10月7日更新 | 32,122 views | お気に入り 566

40代になったからと言って、美肌をあきらめていませんか?

40の大台に乗るのって嫌なものですよね。なんだか女性として旬が終わってしまったような気がして、ナーヴァスな気分になってしまう。私も実はそうでした!

でも、40代って通り過ぎてみると、女性として一番脂の乗り切った時期。女盛りなんですよ♪ 一番美しい時期なのだから、自信を持って、恋に、仕事に、美肌作りに励んでくださいね!

1) 体の変化に逆らわないで、しなやかに生きる

個人差はありますが、だんだんと女性ホルモンの変化に伴って、体もお肌も変わっていくのがこの時期の特徴。そろそろ更年期症状が出始める方もいるかもしれません。急に白髪が増え出したり、お肌の乾燥やくすみ、ほうれい線、たるみなどが気になったりし始めるのもこの頃ですね。この時期に大切なのは、変化に逆らうのではなく、柔軟に変化に対応していくこと。
「どんな時にはどうする」という対策を知っていれば、怖がることはありません。

ここでは具体的な対策についてお話ししたいと思います。その対策には、体外からのアプローチ、口内からのアプローチ、そして、体内からのアプローチが考えられます。

2) アンチエイジング・ケアのいろいろ

乾燥、小ジワ、ツヤ…体外からのアプローチ

40代の乾燥肌の原因の一つは、化粧品や洗顔料に含まれている合成界面活性剤です。
この合成界面活性剤が皮膚の表面を覆っている皮脂膜を溶かしてしまうために、角質層にある細胞間脂質やNMF(天然保湿分子)までが溶け出して、その結果、水分が蒸発してしまいます。
これをくり返しているうちにインナードライという状態が出来上がります。皮膚表面は化粧品でうるおっていても、表皮の内部が乾いている状態です。

この状態を改善するには三つの方法が考えられます。


合成界面活性剤を含むクレンジングや洗顔料をやめて、オリーブオイルなど天然の油でメイクを落し、卵白でお顔を洗うことです。

洗顔後、化粧水をたっぷり手に取り、両頬をおおって15カウント、次に額とあごをおおって15カウントというようにじっくり保水すること。このセットを3回繰り返して1週間続ければ乾燥肌の改善ができます。

しばらくの間、洗顔そのものをやめること。これは乾燥がひどい場合に行ないます。要は、水やお湯を使うことをやめて、欧米人のようにオイルやクリームによるクレンジングだけにするのです。オイル美容はツヤ肌を作ってくれます。

大ジワ、ほうれい線、たるみ…口内からのアプローチ

小ジワの原因は乾燥ですが、大ジワの原因は表情グセであると言われています。額のシワは眉を上げるクセ、みけんのシワは眉をしかめたり、目を凝らしたりするクセとそれぞれシワの原因となるクセがあります。

大ジワ解消には表情グセの自覚と改善が必要です。私は鍼灸師の土門奏先生の考案した「美顔率」という口内マッサージ&トレーニングのインストラクターでもありますが、ほうれい線には口内からのマッサージが効果的です。

皮膚表面へのマッサージはシミ&シワの元になりますが、指を口内に入れて壁面をもみほぐす、上あごの歯茎と内壁の境目をマッサージするなどはほうれい線の解消に役立ちます。
また、舌のポジションが下がることによって頬やあごのたるみが生じるので、舌を上あごの天井に押しつけて「タンッ」と舌打ちする練習をしてみてください。慣れれば、そのまま舌を上あごに吸い付けておきます。
こうすれば、頬やあごのたるみ解消になります。

お肌のくすみ、ハリ、糖化…体内からのアプローチ

お肌のくすみは血行の悪さが原因ですから、お出かけ前に入浴するだけで肌色がぐんと若々しくなり、透明度を増します。恋多き小説家として有名だった宇野千代さんは、デートの前には必ずお昼寝をして、血色を良くしてからデートに向かったそうですよ。

また、お肌にハリがなくなったり、硬くなったりするのは、加齢によりコラーゲン繊維が弱まるせいであったり、細胞内の糖質がタンパク質や脂質とくっついて焦げてしまう、「糖化」と呼ばれる現象のせいでもあります。
「糖化」を防ぐためには、血糖値を急上昇させない食品(GI値の低い食品)を摂ると良いでしょう。

その他、活性酸素の発生によって、体の中の細胞が錆びてしまう「酸化」を防ぐために、新鮮な野菜や果物をたっぷり摂ることをこころがけてください。

3) 輝く40代は笑顔から

どんなに肌が美しくても、笑顔のない人は魅力的ではありません。

一人暮らしでも、鏡を見るたびに笑顔をつくる練習をしましょう。たとえ、パソコン相手の仕事でも一日中ぶす〜っとしていたら、口角も下がりますし、頬もたるみ、ほうれい線ができてしまいます。

気がついたら、口角を上げて笑うレッスンをしてみましょう。まず鏡を見ながら、頬骨の下あたりに左右3本ずつの指を置きます。そして、その指で頬の筋肉を少し押し上げるようにしながら、口角を上げて笑ってみましょう。美しいスマイルの練習は、そのまま美しい40代を呼び込んでくれるでしょう。

輝く笑顔で、素晴らしい40代を謳歌してくださいね!

著者情報

美肌研究家/アンチエイジング・コンシェルジュ/セミナー・プロデューサー/「愛のファッション・プロファイリング講座」プロデューサー/立川ルリ子 R's メソッド認定講師

本記事は、2014年10月7日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。