綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,864 記事

気分が凹んだ時におススメのメンタルトレーニング方法

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

2014年10月27日更新 | 6,127 views | お気に入り 310

落ち込んだ気持ちを回復させるには?

生きている上で、気分が落ち込むことってたまにありますよね。
そんなときにどうしていますか?自分でできるメンタルトレーニング法を知っていれば、気分が持ち直すかもしれません。簡単にできるメンタルトレーニング法を紹介します。

メンタルトレーニングとは?

まずは、メンタルトレーニングについて説明します。
これは、落ち込んだ気分を上げる方法です。知っているのと知らないのとでは生活そのものが違うかもしれません。方法は一つではなく、複数ありますし、効果があるかどうかもその人によって違います。

スポーツやビジネスの世界ではいち早く取り入れられて来たメンタルトレーニングですが、最近では日常生活に取り入れている人も多くいます。
思考を上手にコントロールすることで、前向きになり、続けていれば生活そのものが変わる可能性も大いにあります。

~かもしれないとネガティブな予想をしない!

 笑われるかもしれない、間違うかもしれないというような、~かもしれないという不安ってありますよね。特に、人前で話をしなければならないという場合は、慣れていない人はとても不安になり、心配ばかりしてしまいます。
~かもしれないというのは、自分が勝手にそう思っているだけで、実際そうなるかどうかという未来のことってまだ誰にも分かりません。
そのようなことに不安を感じるなら、人前でどうやって話せばいいだろう?ゆっくり話そう、語尾をしっかりしよう、というように考え方を変えましょう。
相手にしっかり伝わるような話し方をするような努力をしましょう。

他人に陰口を言われようと気にしない

 例えば、「〇〇さんってバカだよね」とあなたのことを悪く言っている話があったとします。そんなときに、一体だれがそんな悪口を言うのだろうか?許せない!と思うのと、ホントに私ってバカなの(笑)で済ます人がいるでしょう。
前者の人は、時間も思考も無駄にしています。誰なのか?ということ、他の人は自分をどう見ているのか?と色々なことが気になる。
一方、後者の人はいちいち他人のひとことを気にするようなことはしません。よい意味で執着が無いということになります。
悪口を言う人は、言ったことさえ忘れていることが多いのです。そんなことに振り回されることの無いようにしましょう。

 辛いときも楽しいときもずっと続くわけではない

 明けない夜はない、と言いますがまさにその通りなんです。
今の辛いこと、これはずっと続きはしないのです。今、もしかすると失恋したり、友達とうまく行かなかったりしているかもしれません。
しかし、この先半年後、1年後同じように悩んでいるのだとしたら、それは時間も思考も無駄なんです。もしかすると、あなたに非はないのに失恋したということもあるでしょう。あなたが最高の相手と思っていても、相手にはそうでないこともありますし、好きな人が幸せになれる相手かどうかはまた違う問題だったりします。縁があればまたお付き合いすることもあるだろう・・・私の赤い糸の人は違ったのね!それくらいの強気な発想でいると、次の恋も見つかりやすくなります。
ポジティブな人や笑顔の多い人は人望も厚く、楽しそうですよね。やはり、自分のこころ次第で周りが変わってくることをこころに止めておきましょう。

 メンタルトレーニングで大切な発想とは?

 笑顔でいること

 笑う門には福来ると言いますがまさにそうです。
笑顔に自信があるかどうかって関係ないですよ。
私たちも、笑顔でいる人と一緒にいたいと思いますから。

自分に自信を持つこと

 何も自信過剰になることは無いのですが、もっと自分に自信を持つと行動が変わって来ます。自信の無い人に共通するのは、褒められた経験が少ないということです。子育て中、これからママになる人は褒め上手で子育てしましょう。

未来を楽しみに待つ

 なかなか難しいのですが、未来を不安に思うより楽しみに思うと今も楽しく過ごせます。
転勤が嫌だと思うより、新しく出会う人の中で自分にプラスになる人がいるかもしれない、新しい住まいで楽しいスポットやおいしいお店を探そう!
ポジティブ発想をすると、笑顔にもなれますし若くいられますよ。

 最後に

頭で分かっていても、最初っからすべてをポジティブに切り替えることは難しいでしょう。私もそうでしたし、今でもネガティブ発想はあります(笑)
しかし、メンタルトレーニングを知ることができただけでも幸せなんですよね。何も知らずに50代、60代と歳を重ねる人も多いですから。
少しずつでいいんです、ゆっくり生きやすく変わっていきましょう。

本記事は、2014年10月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。