綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,864 記事

冷え性を治すために必要な、今日からできる簡単な習慣

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

2014年11月4日更新 | 2,803 views | お気に入り 311

冷え性は女の大敵である

女は冷えると厄介です。

冬は寒さとの戦いです。単純に、寒いのがイヤ、とかいう問題ではなく、健康面でかなり厄介になります。まず、体温が1℃下がると、体の免疫力は約30%程下がり病気になりやすくなります。内臓も冷たくなる(内蔵型冷え性)と、腸の働きが悪くなりますので、便秘がちになります。便秘になると、これすなわち、お肌にも悪影響が出て、ハリツヤなしで大人ニキビ持ちの肌になります。便秘で代謝も落ちると、ダイエットの効果が出にくくなります。と、ここまでは男女共通ですが、更に女性は、体が冷えると良いことは全くありません。子宮が冷えると、生理痛の悪化、そして妊娠しにくい体になってしまう可能性もあるからです。

簡単にできる冷え性改善のための習慣

夏でも湯船に浸かる

体の中からポカポカにしておくためには、外から熱を加えるというのも一つの考え方です。毎日湯船に浸かると、体の芯から温められます。湯船に浸かることによって、リラックス効果も高まり、ストレスフリーに。その日のストレスは、その日のうちに、湯船に溶かしてしまいましょう。温泉に毎日入る、なんてことは難しくても、毎日家のお風呂で十分です。

出来るだけ冷たい飲み物や食べ物を摂らない

夏場のビールやかき氷はウマイ!というは重々承知していおりますが・・・、冷え性の方は、夏場でも、出来るだけ冷たい飲み物食べ物を避け、常温か温かいものを選びましょう。夏場のウマさの代償は、冬の冷え性となってし~っかり現れますょ。因みに、内蔵型冷え性の筆者は、飲食店に行ってお水をもらう時は「氷抜きで」、とお願いしています。

体を動かす習慣をつける

体の熱をアップさせるには、エネルギーを効率よく熱に変える筋肉をつけることが、根本的な改善に役立ちます。イメージとしては、体内に機関車があって、火をジャンジャン燃やすようなイメージ・・・、(わかりにくいですか?)。筋肉は、定期的に負荷を掛けることによって増えるものですので、冷え性にとって、やはり運動は大事ということになります。体を動かす、ということ自体、血流が良くなりますので、血流で一時的な、また筋肉で根本的な改善に繋がります。

〇〇首、と名のつく部分を温める

衣類で体を温める方法としては、首、手首、足首を温めると効果的です。例えば、手袋やマフラーをつけると、それだけで服を1枚着るのと同等の温め効果があります。

これらの他にも、重ねて履く靴下(足先の保温と保湿効果アリ)や、湯たんぽ(体の芯から温める効果アリ)の活用などで、今年の冬は、寒さ知らずの元気な毎日を手に入れましょう!

本記事は、2014年11月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。