綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,863 記事

生理中のむくみを改善できる5つの対策方法

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

2014年10月30日更新 | 8,080 views | お気に入り 312

生理中のむくみ

生理痛とむくみの両方で悩んでいる女性も少なくありません。女性ホルモンのバランスが変わるため、生理中はどうしても体の水分量が増えてしまうからです。

この時期にむくみを感じる方ができる5つの対処方法を紹介します。

生理中はどうしてむくむの?

生理前は女性ホルモンの一種プロゲステロンの分泌が増え、体内に水分や栄養を取り込もうとします。生理後は自然と解消されますが、生理中も影響を受けやすく体のむくみを感じる方も多くなっています。

生理中にできるむくみ対策

ツボによる刺激

3aca4a862f66ac5c7dac62caa148bb1f_s

足の裏には多数のツボがありますが、中でもむくみに良いのは腎臓・尿管・膀胱の3つの箇所です。普段からむくみがちの方もこのラインを集中的に刺激すると、水分が排泄されすっきりとします。腎臓から始まり、尿管を通って、膀胱に流しましょう。

腎臓のツボ

足の裏の真ん中あたり、足の裏を曲げて八の字になった箇所から少し下にあります。

尿管のツボ

腎臓のツボから繋がり、内くるぶしに向かってツボがあります。

膀胱のツボ

内くるぶしの下、かかとの付け根あたりにあります。

半身浴でむくみをすっきり

むくみやすい時期は半身浴でしっかり汗をかくと体がすっきり、そしてお腹周りが温まり生理痛予防にも繋がります。

食品でむくみ予防

水分の排泄を助けるカリウムが多い食品がおすすめです。キュウリ、スイカなど夏野菜にも多いのですが、食べ過ぎると体を冷やすため注意が必要です。大豆製品、ホウレンソウ、にら、わかめなどバランスよく摂るようにしてください。また、甘い物は体に水分を溜め込む性質があるため、控えるのが無難です。

水分補給はしっかり

KE132_72A

体がむくむからといって水分補給を控えると逆効果になります。体に溜まった余分な水分を排泄させるためには、上から水分を入れることも必要です。体の冷えが気になる方は白湯がおすすめです。

利尿作用が高い飲み物

コーヒーは利尿作用が高いのですが、飲みすぎは体を冷やすため禁物です。トウモロコシ茶、明日葉茶、どくだみ茶など体に優しいお茶を利用しましょう。また、紅茶なら利尿作用があるのに体を冷やす作用が少なめでおすすめです。更にショウガをプラスすれば発汗も加わって水分が排泄されやすくなります。

まとめ

生理中のむくみは仕方が無いことですが、食生活や生活習慣のちょっとした工夫で改善しやすくなります。生理が終わればすっきりしますから、それまで上手く乗り切ってみてくださいね。コツは体を冷やさない、水分排泄を高めることです。

本記事は、2014年10月30日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。