綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

お休みの日におススメのディープスキンケア

2014年10月27日更新 | 7,106 views | お気に入り 516

休日におすすめ!心とカラダ、お肌もとろける全身ディープケア

ぽっかりと予定が空いた休日、って時々できますよね。そんな日は、心とカラダ、そしてお肌を贅沢に甘やかすディープケアはいかがでしょう。

女性は自分に手をかければかけるほど美しくなり、自分のことを好きになれるもの。たまの休日くらい、自分のことだけを考えて思いっきり癒してあげてください。ストレスケアにもなって、翌日はすっきりイキイキになりますよ!

昼風呂でとろけるボディに

普段お風呂は「汚れを落とす」ためのもの。ですから1日を終えた夜に入ることが多いと思います。しかし昼のお風呂は自分をリラックスさせるためのものとして考えてみてください。好きな香りのバスオイルや入浴剤を入れ、輝く日差しの中、四季の景色や音楽を楽しみながらのバスタイムは、思っている以上に心が癒されるはずです。

38~40度がゆったり昼風呂を楽しめる温度です。

好きな本や雑誌を見ながらの半身浴もいいでしょう。半身浴で汗をかきつつカラダの芯からあったまると、肌はやわらかくなり、その後のケアも吸収がよくなります。

ポイントとしては好きな香りの中でリラックスすること。

人は香りによって脳が癒されるといわれているからです。
実は香りを感じる嗅覚は、大脳辺縁系という部分に直接結びついており、大脳辺縁系は人の情緒行動、自律神経などに大きくかかわるもの。そして香りは大脳辺縁系へ伝達されたのち、ホルモンをコントロールする視床下部へも伝わっていきます。

つまり、自分が心地いいと感じる香りは、女性ホルモンや気持ちの安定につながっているということなのです。

グリーンスムージーで体内をグリーンセラピー

脂っこいメニューがあふれる現代。食生活に野菜が足りている方というのは少ないものです。1日の野菜の必要量は350gといわれており、ひとつの野菜に偏ることなくバランスよく摂取することがよいとされています。しかし毎日350gバランスよく、は簡単なことではないですよね。そのためか、最近では野菜ジュースやサプリで摂ることがごく当たり前になってきました。

そして今とても注目されているのが、グリーンスムージー。おしゃれでおいしく、見た目もきれいな美容食でのカラダメンテナンスです。
新鮮なお野菜を買って、特製のグリーンスムージーを作り体内から自分を癒してみてはいかがでしょう。
下記にはわたくし田中愛特製のグリーンスムージーの作り方をご紹介します。

田中愛特製のグリーンスムージーの作り方

YOUTUBE:uDgXFIYdqco

動画 https://www.youtube.com/watch?v=uDgXFIYdqco

■材料(大人ふたり分)

バナナ1本
アボカド1個
キウイ1個
ほうれん草4株
アマニ油おおさじ1
ごま適量
水100cc

■作り方

1.一口大に切った材料を、バナナ、アボカド、キウイの順にジューサーに入れます。
2.ほうれん草は根元を切り落とし葉にしてジューサーに入れます。
3.お水、アマニ油、ごまを入れ、ジューサーをON。

※野菜は重量のあるものから順に重ねることがポイントです

バナナとアボカドのまろやかさがあるため、例えば凍らせなくてもスムージーのような感覚で食べられます。アイス感覚がお好きな方は出来上がってから冷やしてもおいしいです。味も非常にフルーティで食べやすくおいしいので、ぜひ試してみてくださいね。

化粧水…ではなくこっくり美容液で贅沢パック

普段もパックは定期的にしている、という方は多いと思います。ですが、せっかくのディープケアデイには、ほんの少し、贅沢に特別に。化粧水ではなくお気に入りの美容液をたっぷり使用したパックを試してみてください。

やり方は簡単。普段通り洗顔し化粧水で肌を整えた後、コスメストアやドラッグストアで販売されている何も塗布されていないシートパックにお気に入りの美容液をたっぷり浸し、密封パック。10~15分そのままにし、その後は乳液や美容クリームでふたをします。

浸透力を高めるために、パック前には蒸しタオルで毛穴を開いてからおこないましょう!

なお、高価な美容液でなくともお肌に合うものであればOKですが、できるだけこっくりとしたテクスチャのものをおすすめします。こっくりとした美容液ならじわじわとろーり肌に入ってくる感覚があり、パックをはがした後ももっちりうるうるに。贅沢なケアをしたな、と実感できる仕上がりになるからです。
ぜひお試しくださいね。

お肌のゴールデンタイム睡眠で上質な眠りを

ディープケアの締めくくりとして、「お肌のゴールデンタイム」に睡眠をとりましょう。お肌のゴールデンタイムとは、筋肉や皮膚組織などの修復がもっとも活発におこなわれるといわれる22時から26時のこと。この時間にしっかりとした睡眠がとれていれば、肌の構築に必要な成長ホルモン、メラトニンなどが分泌され、美容によいことからこう呼ばれています。

忙しい毎日にはこの時間帯にしっかり睡眠をとるのは難しいものです。でも自分のための休日くらい、お肌のことを考えた睡眠をとってみてはいかがでしょうか。
眠る前には好きな香りのアロマを焚くのもおすすめです。

最後に

心と身体はつながっていて、ストレスなくリラックスできる状態が肌にもいい影響を与えます。
もしも予定のない休日ができたのなら、ぜひ試してみてくださいね。

著者情報

美容家 エステティシャン

本記事は、2014年10月27日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。