綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,832 記事

リフレクソロジーとはどんなもの?足つぼマッサージとリフレクソロジーの違い

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

2014年11月10日更新 | 3,595 views | お気に入り 348

足つぼマッサージとリフレクソロジーの違い

 b877d66357a1fbdb415a83b331266750_s

手軽にできるマッサージとして、女性に人気があるのがリフレクソロジーです。
リフレクソロジーは、足裏をマッサージするものですが、実は足つぼマッサージとは違うんです。

リフレクソロジーと足つぼマッサージの違いとそれぞれの特徴について紹介します。

足つぼマッサージとは

足裏の点(ポイント)を刺激

足つぼマッサージは、足裏に無数にあるツボを押すマッサージ法です。
足裏には経絡(けいらく)というエネルギーの通路があります。ツボはその通路上にある点です。電車の経路図で例えると、経絡(けいらく)が線路、ツボは駅という感じですね。
足つぼマッサージは、正確なツボの位置を押すことが大切です。そのため、指や専用の棒を使って、一点をグッと押します。一点を押すので強い痛みを感じることがあります。

リフレクソロジーとは

足裏の面(ゾーン)を刺激

足つぼマッサージは足裏のつぼ、すなわちポイントを刺激するマッサージ法です。
それに対しリフレクソロジーは、面(ゾーン)を刺激します。
足裏には、それぞれ体の器官に繋がるゾーンがあるとされています。
小指下の部分は肩に関係、かかとの部分は生殖器に関係しているといった感じです。それぞれの器官ごとにゾーンを分けると、国境が描かれている地図のようになります。
そして、それぞれのゾーンをマッサージすることで、体調を整えたり、リラクゼーション効果を与えたりします。
足つぼマッサージのように、ポイントをグッと押すのではないので、痛みはあまり強くないのも特徴の一つですね。

簡単にまとめると・・・

足つぼマッサージ→点(ポイント)を刺激
リフレクソロジー→面(ゾーン)を刺激

ということになります。

英国式リフレクソロジーと台湾式リフレクソロジー

リフレクソロジーの発症はアメリカと言われています。東洋医学発祥の足つぼマッサージを、痛みに弱い欧米人用に改良したものと言われていますね。

リフレクソロジーも時代の流れによって少しずつ変化し、現代の日本では2種類のリフレクソロジーが主流となっています。
それが英国式リフレと、台湾式リフレです。
それぞれの特徴がこちら。

●英国式リフレクソロジー
施術者の指の腹を使いながら、ゾーンを撫でるようにマッサージする方法です。
痛みが少なく、気持ちいい刺激はこちらですね。
●台湾式リフレクソロジー
施術者の指の関節を使いながら、強めの刺激でゾーンマッサージを行うのが台湾式リフレです。関節で押されるので痛いです。
足つぼマッサージに近いのが台湾式リフレと言えましょう。

最後に

痛みに強い人は、英国式リフレは物足りないかもしれませんね。
反対に痛みに弱い人は、刺激の強い足つぼマッサージや台湾式リフレは避け、まずは英国式リフレから始めましょう。 

本記事は、2014年11月10日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。