綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

睡眠導入剤ってぶっちゃけどうなの?気になる効果と安全な使い方について

2014年11月6日更新 | 6,077 views | お気に入り 494

睡眠導入剤って何ですか?

眠れない悩みを持つ女性が増えています。毎日忙しく過ごし、しっかり眠りたいにも関わらず、睡眠不足だったり途中で何度も目が覚めてしまうことが続くと、肉体的にも精神的にも大変なことです。
そんなときに、睡眠導入剤を利用するという方法があります。
眠れないままにしておいても解決できない場合、利用することを考えてみてもいいですよね。

睡眠薬との違い

睡眠導入剤も睡眠薬も眠りに関する薬であることは間違いありません。
ではいったい何の違い?しいて言えば、睡眠導入剤は軽めの睡眠薬ということになります。
ですから、不眠症の程度が短期だったり、軽めという人にピッタリの薬ということが言えるでしょう。
睡眠薬がはじめてという人には一番抵抗なく使える薬ですね。

睡眠導入剤にはどのようなものがある?

抗ヒスタミン系

 アレルギー性鼻炎などのある人には聞きなれた抗ヒスタミン系、この手の薬を飲むと眠くなることがありますが、その作用を生かして作られたものです。

ベンゾジアゼピン系

 睡眠導入剤のほとんどはこのベンゾジアゼピン系です。抗不安薬にも使われます。多くの種類があるのはこのベンゾジアゼピン系の薬です。

非ベンゾジアゼピン系

 ベンゾジアゼピン系と似ている薬ではありますが、副作用が少ないというメリットがあります。

 睡眠導入剤のメリット

睡眠導入剤、睡眠薬どちらも気になる薬ではありますが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

眠れない悩みからの解放

睡眠導入剤の一番のメリットはここにあってもいいでしょう。眠れないことでの損失は大きいですからね。

同時に解決できる問題もある

 抗不安薬に使われるような睡眠導入剤ですと、不安を取り除くという効果もあります。また、寝る前に全く眠れないような状態であっても、強制的に薬の作用で眠れるということはすぐに眠りたい状況にはありがたい効果と言えます。
また、上昇した血圧を落ち着かせたり、動悸や息切れを解消したりすることができます。

睡眠導入剤のデメリット

メリットがあれば、デメリットがあるのも事実。
ぶっちゃけのデメリットを紹介します。

副作用の心配

 昔の薬と比べると安全性はかなり高いと言えますが、それでも薬であることは事実。からだに良いものではないことは言えるでしょう。薬ということで、肝臓に負担が掛かることも覚えておきましょう。

依存性がある

 すぐに効果のある睡眠導入剤ですから、これまでの悩みがウソのように眠れるということから、どうしても依存性が高くなってしまうという傾向があります。

その場しのぎの効果

 他の薬との違いが、このその場しのぎの効果ということになります。
睡眠薬を飲み続けることで、不眠症は解決できますが、飲まなくなったら再び不眠症に・・・ということが多々あります。
また、耐性ができてしまって、薬の量を増やさないと効果が出ないという場合もあります。

 まとめ

睡眠導入剤にはメリットデメリットが多くあります。メリットをしっかりと生かしつつ、デメリットは極力避けたいものですが、そのためには睡眠導入剤の選び方、もしくは医師にしっかりと症状を伝えることが大切になります。また、しっかりと副作用については説明してもらうことをお勧めします。
睡眠導入剤、睡眠薬といっても種類はかなりありますので、自分に合ったものを処方して貰うように私たちも情報をしっかり提供しましょう。

【おススメ関連記事】
睡眠には環境を整えることも大切!睡眠の質を上げてくれる方法はコチラ⇒

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2014年11月6日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。