綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,884 記事

皆どうしてる?海外の脱毛事情

2014年11月4日更新 | 4,880 views | お気に入り 306

日本の脱毛方法は世界共通ではない?

7b60faa5fe3a6b428d80aed9d8b94556_s

今は、老若男女(とはいっても、シニア世代はまだまだかな?)を問わず、かなり普及してきた永久脱毛や全身脱毛。女性なら、だれもがサロンに行ってみたり、すでに全身脱毛完了しました、なんて人も増えていますよね。
ただし、日本で行われている全身脱毛は、光脱毛、もしくはレーザー脱毛が多いのですが、アメリカや海外では、もうちょっとマイナーな方法で脱毛している人が多いです。

もちろん、海外セレブなどは、ばっちりレーザー脱毛で、綺麗さっぱりしている人が殆どでしょうが、一般人となると、また事情が違うようです。

海外の脱毛方法

顔の産毛処理、スレッディング(Threading)。

これは、アメリカの美容院や専門サロンなどでは普通に行われている産毛処理で、二本の糸をクロスして素早く顔の産毛を抜いたり、眉毛を整えたりする技術です。だいたい15分くらいで終わってしまいますし、簡単なので、手軽にサロンに立ち寄って処理して行く人も多いです。

海外の人は、毛質が細くて、また毛にもコシがなく、色も薄いので、この程度の処理で十分な場合も。日本人のように、黒くて堅くて、太い毛質ですと、処理方法を選ぶ人も多いとは思うのですが、このスレッディング、やってみると大分顔がすっきりします。旅行ついでに体験してみては。

ブラジリアンワックス

アメリカのドラッグストアには、これでもか!というくらい、脱毛関係の商品がずらっと並んでいます。クリームにワックスに、これどうやって使うの?と思ってしまう商品までそろっている商品は様々で、色々見ていて飽きません。
でも、やっぱり自宅ケアは面倒だし、なによりも綺麗に脱毛できない。肌荒れも気になりますよね。

そこで、よく利用されているのが、ブラジリアンワックス(Brazilian Wax)です。この方法は、最近エステサロンなどで行われているVIOエリアにこそ、効果を発揮します。
方法は簡単、局部にワックスを塗って、びりっとはがすだけです。最近は日本でも行われているので、よくご存知の人もいらっしゃるでしょう。海外ドラマのSex and the cityでも脱毛シーンが出てきて知っている方もいるのでは?

ただし、この方法、剛毛や毛が太い人にはあまりおすすめできません。慣れるともいいますが、やっぱり痛いです。初めてのときは、毛穴がびっくりして悲鳴をあげます。しかし、外国人の方は、毛質が柔らかく、また細いので、このはがす痛みがよりマイルドらしく、一般の人は、このブラジリアンワックスをサロンで行うことが多いみたいです。

もちろん、レーザー、光脱毛をしている人もいるけど、施術料が高いイメージがあるので、まだまだブラジリアンワックスが主流かもしれません。また脚などは、シェーバーなどで処理している人も沢山いると思います。

多様性を認めて、脱毛への価値観も色々

様々な人種、宗教が混在するアメリカですので、中には、ワキの毛をそのままにしていらっしゃるご婦人もいらっしゃいますよ。念のため。
男性でも、おヒゲから、胸毛、もちろん局部も、綺麗に整える、もしくは完全脱毛している方から、もじゃもじゃの方まで十人十色です。

価値観も美意識も人それぞれ、人によって出身国、民族、文化や宗教が違うなかで、人の見かけや主義などにあまり口を挟まない。多様性を認める。それが移民の国に暮らす人々の生活の知恵です。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年11月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。