綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,844 記事

バストアップに効果的な食材について学びましょう

2014年11月5日更新 | 4,837 views | お気に入り 389

バストアップと食材の関係

今の自分の食生活を変える必要はありませんが、どのような食材がバストアップに効果的かを意識をするだけで、胸が変わってきます。
バストアップに役立てられるような知識について学びましょう。

バストアップに効果的な食品とは?

バストアップに効果的な食材というと、皆さんは納豆や豆乳という大豆製品を思い浮かべませんか?詳しい方などは、キャベツ等ボロン含有食品などを上げる方もいるでしょう。

バストアップに効果的な食品は3つ

  • 血流をよくし、代謝を促す食品
  • 大豆製品に含まれている大豆イソフラボン
  • バストに脂肪をつけるためのたんぱく質

代謝を上げて血流を良くすることは、ふわふわの柔らかいバストを作るのに大事な要素です。
また、イソフラボンは、植物性エストロゲンとも呼ばれ、胸を大きくするのに欠かせない女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと似たような働きをすることで知られています。女性ホルモンの働きで胸が張ることがバストアップには必要です。
ご存知かと思いますが、おっぱいは脂肪です。バストアップの為に脂肪を付けるというと、抵抗のある方もいるかと思いますが、バストアップには脂肪が必要。タンパク質の取り方で、血や筋肉を作り、女性ホルモンの働きを促進し、豊かなバストを作ることができるんです。それぞれの効果に最適な食材はどんなものかご紹介します。

代謝を良くする食品

辛いものを食べると体が温まるといわれていますが、これは科学的にも立証されています。唐辛子、しょうが、にんにくなどに含まれる辛味の成分は、内臓感覚神経に作用し、最終的には肝臓でグリコーゲンの分解を行ったり、脂肪を脂肪酸へ遊離させるなどして、代謝を促進させるのです。けれど食べすぎは禁物。発汗作用が促進されるけれど、今度は体が冷えてくるからです。
かたくて、水分が少ない根菜類が体を温める効果があります。
また、寒い地方で取れるもの、くるみやりんご、あんずなども温めるものとして代表的です。

【野菜】

かぼちゃ、生姜、ニンジン、ごぼう、山芋、海藻、 ねぎ、玉ねぎ、大根、レンコン、ウメ、ニラ、ほうれんそうなど根菜類、青菜類

長ネギの白い部分やニラに含まれている硫化アリルという香り成分は、血行促進作用があるので、冷えの改善に効果的。

【魚】

海老、シラス、アジ、いわしなど

魚に含まれている不飽和脂肪酸のDHAやEPAは、エネルギー源になるだけでなく、血液の流れをよくするなどの効果があります。特にアジやイワシなどの青魚は、DHAやEPAが豊富で、ビタミンや鉄分も多く含んでいます。そのほかにビタミンB群やビタミンEなどが多いウナギ、良質なたんぱく質を含むマグロの赤身などがあります。

【肉類】

豚肉、鶏肉、羊肉、牛肉

肉類はたんぱく質が豊富なので、エネルギー源として必要です。
特に豚肉は代謝を助けるビタミンB群が豊富で、ビタミンB1は牛肉の10倍もあります。牛肉は豚肉より鉄分が多いので、貧血気味の人は積極的に摂るように心がけて、血をたくさん作りましょう!

【飲み物】

紅茶や番茶、黒豆茶等

黒豆茶は「アントシアニン」という成分が血をサラサラにしてくれます。シミや色黒のもとになるメラニンを作る酵素の働きを抑制してくれる効果もあるので美肌にも期待できますね。

日本酒の燗や焼酎

お酒はポカポカしてきますよね。適度な量のアルコールも血行をよくします。
しかし、過度の飲酒は美容に大事なビタミン類やミネラル分も大量に消費してしまうので、適度な量にとどめましょう。

【穀物】

大豆、玄米、とうもろこし等

大豆に含まれているたんぱく質はエネルギー源になるだけでなく、コレステロールを下げ、血管を丈夫にする働きもあります。
ビタミンB1やビタミンEも豊富なので、冷えを予防する栄養素をバランスよくとることができます。また、納豆特有のナットウキナーゼという成分は、血液の流れをよくします。

大豆製品に含まれている大豆イソフラボン

【大豆製品】

納豆、大豆油 、きなこ、豆乳 、おから 、ゆば 、豆腐 、油揚げ 、生揚げ、厚揚げ 、がんもどき 、枝豆、黒豆茶、味噌、おから、大豆、高野豆腐、黒豆等・・・

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンという成分がバストアップに役立ちます。この成分は植物性エストロゲンとも呼ばれ、胸を大きくするのに欠かせない女性ホルモンのひとつ、エストロゲンと似たような働きをすることで知られています。
また、大豆製品はアミノ酸豊富な大豆たんぱく、活性酸素を消す働きをするサポニン、細胞に酸素や栄養を送り込む大豆レシチン、ビタミンB群やE、ミネラルなど、バストアップと美容と健康に必要な栄養素がとっても豊富なので「畑のお肉」と呼ばれています。

高たんぱくな食材

【肉類】

基本的には脂肪分が少なくて、たんぱく質がたっぷりの肉類を食事に含めていくといいでしょう。
バストに脂肪をつけるに最も必要な栄養は、なんといってもたんぱく質です。
たんぱく質は、血や筋肉を作り、女性ホルモンの働きを促進し豊かなバストを作ります植物性たんぱく質・動物性たんぱく質の両方のたんぱく質を積極的に摂りましょう。たんぱく質は、いわば人の血や肉となります。女性ホルモンの分泌を促す要素と共に、たんぱく質の補給も重要なのです。

【魚介類】

魚介類にもたんぱく質が豊富に含まれています。
必須アミノ酸8種類をバランスよく含んでいる、魚介類などの動物性たんぱく質は、血液や筋肉をつくり出す栄養素です。また、ホルモン分泌を活発にし、バストアップに効果をもたらします。
魚介類などの動物性たんぱく質や植物性たんぱく質をバランスよく摂ることで、女性ホルモンの働きが活発になり、バストアップに効果があるといわれています。

いかがでしたか?

毎日の食事に意識してこれらの食材を摂取することで、綺麗なバストアップの土台ができていきます。美乳は1日にしてならず。日々意識して行くことで、胸は変わっていきます。

著者情報

日本初育乳カウンセラー・ (株)CECIL代表取締役・ 一般社団法人日本ウィメンズ協会 代表理事・ (株)セシルクリエイティブ顧問・ (株)office 樹 取締役

本記事は、2014年11月5日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。