綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,844 記事

あなたは大丈夫?スマホ依存症が及ぼす身体への悪影響

2014年11月20日更新 | 6,482 views | お気に入り 398

 

今問題となっているスマホ依存症。私は大丈夫と思っている人が多いと思いますが、使用時間が長すぎれば首や顔のしわまで影響してくることがあります。単なる依存症と思わずに、美容や健康面から使用時間を減らそう!と考えてみると良いですね。
では、具体的にスマホ依存症で起こる身体的リスクや美容面への影響などを紹介します。

スマホ依存症って?

1日の大半スマホを利用して過ごしている人のことです。
酷い人になれば寝ているとき以外はずっとスマホを使っているという場合もあるのです。スマホは便利な器具ですが、薬物依存症のように身体にも影響を及ぼしかねないということから依存症という名前が付いています。

スマホ依存症がもたらす影響

うつ病になるかもしれない

スマホ依存症の人はスマホがないと強いイライラや不安感に襲われます。
すぐにSNSでコメントしなければならないという危機感を感じている人が多くいます。1日スマホが手元にないと不安という方は既に依存症になりかけているかもしれません。

睡眠障害になりやすい

常にスマホを利用しているため、寝る間も惜しんでネットやSNSなどを利用する人もいます。
寝る前に強い光を浴びると脳が覚醒し、寝つきが悪くなります。眠る1時間前には使用を控えるなど対処しましょう。

スマホ顔になる

スマホはうつむいたまま使用するため、顔がたるんだり、しわの原因になります。表情筋が衰えてお肉がたるみ、見た目年齢がアップしてしまうのです。

疲れ目の原因に

現代人が多く抱える疲れ目。スマホの使用時間を減らすだけで随分と楽になることがあります。
スマホから発せられるブルーライトは目に刺激となるため、長時間の使用は避けましょう。

電磁波の影響

スマホは電波等から電波を受信したり送信したりしています。このときに電磁波がわずかに出ており、常に持ち歩いている人は影響が考えられます。特に寝ているときに顔の近くにスマホを置いて寝たり、男性の場合はズボンのポケットに入れることで生殖器官への影響も考えられます。
1日に数時間の使用ならそれほど問題はありませんが、小児の長時間使用や大人でも顔の近くに置いて寝るのは避けたほうが良いでしょう。

ストレートネックの影響

スマホを使うと長時間下を向いたままの姿勢になるため、ストレートネックの危険性があります。
首は通常湾曲しているのですが、長時間うつむくことで首が真っ直ぐになるのです。これにより目の疲れ、肩こり、頭痛などを引き起こすことがあります。

最後に

どうでしたか?スマホの長時間の使用は美容や健康には良くありません
1日の使用時間を決めたり、ロックをかけて制限をかけるなど対策をしてみてはどうでしょうか。便利なグッズですから使わないというわけにはいきませんが、ある程度のルールは必要かもしれません。

 

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2014年11月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。