綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

誰でもできる!いまどきな美人眉の簡単な作り方!

著者情報

メイクアップアーティスト/美キャリア・ラボ代表

2014年11月20日更新 | 27,924 views | お気に入り 362

「今どきな美人眉を描きたい!でも描けないので教えてください」

と、私の元に駆け込む人が続出している2014年。
多くの方にふわっと優しい太眉をご紹介してきました。眉が変わるだけであら不思議。美人度がぐぐっと上がり若々しく幸せそうな印象に見えてきます。

逆に眉が細いだけで一気に昭和顔に。洋服はおしゃれなのに、いまいちあか抜けない印象なのは眉のせいかもしれません。

理想の眉の太さは?

私ももちろん太眉で、計測したところ太さは8mm。こちらのモデルさんもほぼ同じです。元が細い方はいきなり8mmを目指すのではなく、今までより太めを目指したらOKです。ノーズシャドーで影をつけるだけでも印象が変わりますので、ぜひお試しくださいね。

【基本の美眉】

・眉尻の位置・・・小鼻と目尻を結んだ延長線上(A)

・眉尻の高さ・・・眉頭と水平な一直線上(B)

・眉山の位置・・・目尻寄りの白目の終わりの真上

・色・・・髪の色に合わせる

・使用アイテム・・・パウダーアイブロウがとても便利

美人眉の描き方

①眉山から眉尻までを書きます

スクリューブラシで眉の毛流れを整え、濃い色のアイブロウパウダーで眉の中央から眉尻に向かってなだらかに描いていきます。
眉尻を下げすぎると元気が無い印象になるので、眉頭と水平な一直線上を守りましょうね(基本の美眉B)。

こちらがスクリューブラシ。毛流れを整えるために一本持っていると便利です。

②眉山から眉頭を書き足します

眉の中央から眉頭に向かって薄い色のアイブロウパウダーで描き足します。
眉毛に生えムラがあり毛が足りないところがあればペンシルで一本ずつ描き足します。ここで8mmの太さを目指しましょう!

③ノーズシャドーを入れます

パウダーアイブロウを中指にとり、眉頭から鼻筋のくぼみに沿ってすっとつけます。たったこれだけでめりはりのある美人顔に近づけてくれます。

色がついたかつかないかわからない程度でOKです。二度、三度とつけ足すと厚化粧の印象になるので注意。

ポイント:ノーズシャドーは中指でつけましょう。

眉8

④眉マスカラで眉の色と毛流れを美しく整えましょう

髪の色と同じトーンの眉マスカラで、毛の流れに逆らうように眉尻から眉頭に向かってつけます。次に毛流れを整えるように眉頭から眉尻へつけます。眉毛の裏側までつけることでより美眉に仕上がります。

眉カットの仕方

今どきの太眉ではナチュラル感を出したいのであまり眉カットしないようおススメしていますが、どうしても気になる場合は以下の方法でカットしてくださいね。眉が上手に描けた日に行うとよいでしょう。

①眉の周りの毛を眉カットばさみで整えます

肌に平行にあて、眉尻から眉頭に向かって滑らせるようにカットします。カミソリで剃ると床屋にいったばかりの小学生になってしまうので眉カットばさみの使用がおすすめです。

②眉尻の長い毛を整えます

描いたラインよりもはみ出しているところだけをカットしましょう。

眉10

いかがでしたか?

眉は練習すれば必ず上手に描けるようになります。
あなたも美人眉を手に入れてくださいね!

本記事は、2014年11月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。