綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

薄毛対策は早いほど効果的!今日から実行できるコト

2014年12月26日更新 | 2,827 views | お気に入り 382

薄毛の進行ストップ!

薄毛は男性に限った悩みではありません。男女共通の悩みです。
近年、薄毛に悩む女性が増えています。他人から指摘されるほどではないにしても、何だか髪の毛の量が減っているかも・・・そう悩む人が多いようです。今回は薄毛対策について紹介します。

薄毛になる理由とは?

薄毛に悩む、もしくは薄毛対策を知りたいという前に、知っておくべきことがあります。それは、どうして薄毛になるのかということです。

ストレス

ストレスはからだにさまざまな影響を与えますが、髪の毛を薄くする(抜けやすくさせる)ことがあります。全体が薄くなる場合もあれば、よく聞く5円ハゲ、10円ハゲ(言葉は悪いですが)というような、一部分が抜けて地肌が露出してしまうという場合もあります。
ストレスでどちらの薄毛になるかはそれぞれですが、これは10代の若い女性でもあり得ることなのです。
ストレスが溜まるとからだに影響があることは誰しも知っていますが、それが胃腸症状に来るような人もいれば、眠れなくなる人、髪の毛が薄くなる人などさまざまです。もしくは、複数のこういった症状が現れる人もいます。

ホルモンのバランスが崩れている

 ホルモンのバランスが崩れて、薄毛になることがあります。
では、どうしてホルモンのバランスが崩れるのでしょうか。
それは、ストレスで崩れるという場合もありますし、急激なダイエットで崩れるということもあります。または、出産後に体重減が激しかったりすると(ダイエットではないのですが)髪の毛が薄くなることがあります。
ホルモンのバランスが崩れて薄毛や抜け毛になる場合は、男性ホルモンが増えてしまうことが原因となっています。

加齢によるもの

レディース〇〇というように、女性用の髪の毛を多く見せる商品がありますが、それだけ女性が薄毛に悩んでいるということです。最近、このような商品は男性用の商品より売れ行きもよいというような話も聞きます。やはり、女性はいつまでも若く見られたいという気持ちがあるからでしょう。実際、髪の毛が少なくボリュームが無い状態ですと老けて見えます。

薄毛に効果のあるもの

薄毛もいきなり髪の毛が抜けるわけではありません。毎日少しずつ抜けて行っている状態が続いて段々薄くなってしまうものです。
抜ける髪の毛 < 生えてくる髪の毛であれば、全く問題はありません。
それが反対になってしまうと、髪の毛が薄くなってしまいます。
私たちにできることはあるのでしょうか。

食べ物を見直す

 私たちの髪の毛や肌を作っているのは日々の食物です。
髪の毛は、たんぱく質、亜鉛、ビタミンの摂取が重要だと言われています。肉や魚をしっかり食べ、卵の摂取も大切なんです。しかし、これらの食物を
太るという理由で避ける人もいます。確かに、ヘルシーな食物ではないのですが、髪の毛の維持には大切な栄養素です。
昔から髪の毛にはわかめがいい!そういわれているのは、わかめには豊富な栄養素があるからだと思われます。
また、カロリーだけ高くて栄養価が少なく、脂質が多い食物は髪の毛にはあまりよい影響はありません。

シャンプーなどの髪の毛に関する商品を見直す

元気な髪の毛は頭皮の状態が左右されます。髪の毛が少なくなると元気のない髪の毛が多くなって来ることからもお分かりのことと思います。
最近はシャンプー界にも革命が起きていますね。ノンシリコンとか、ラウレス硫酸フリー、スカルプケアなどよく聞きます。
ということで、最近では頭皮に焦点が当てられた商品が多く発売されています。やはり、あまりお値段の安いものは髪の毛にはよくない成分が多く配合されています。CMや香りだけで使うシャンプーを決めないようにしましょう。また、髪の毛をサラサラにする効果のあるスプレー等も使いすぎには注意が必要です。一時的には髪の毛がきれいになりますが、髪の毛の健康という面から言えば、微妙なことも多いのです。

ノンシリコンだとすべてOKというわけではない。
ラウレス硫酸フリーの商品が望ましい。
使い心地は良くないが、天然成分を使っているものも髪にはよい
 分け目は定期的に変える

女性の薄毛の場合、分け目から始まることが多いようです。
分け目をいつも同じ場所にしていると、その傾向があると美容師さんから聞きました。
分け目は定期的に変えるか、分け目を作らないような髪型にするなど工夫すれば、分け目の薄毛を防ぐことができるようです。
ちなみに筆者は、分け目を作らないような髪型にしています。

彼女のような髪型は分け目が少なめのような感じですね!

最後に

髪の毛が多くてすいてもらうという人がいる一方、髪の毛が薄くなって悩む人もいます。最近の女性は、ダイエットに熱心な女性が多いので、下手するとホルモンのバランスを崩したりする可能性もあります。
キレイになる=若く見えるということでもあるのですから、ダイエットの際には体重減だけに注目せずに、髪の毛のことも考えてみましょう。 

著者情報

自分に素直に生きることをモットーにしています。

本記事は、2014年12月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。