綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 2,878 記事

メイクと服の色の組み合わせ方法について

著者情報

AFT1級カラーリスト/センセーションカラーティチャー/骨格スタイル協会認定骨格スタイルアドバイザー

2014年12月9日更新 | 304,149 views | お気に入り 426

あか抜けて見える人のファッションに共通するのは、全身に「まとまり感」がある事です。
特に、最も目につきやすい、お洋服とメイクのカラーコーディネートはとても重要です。まとまり感を出すための、洋服とメイクカラーの組み合わせ方についてご説明します。

①お洋服の色とメイクカラーの合わせ方の基本

メイクの色は、お洋服、スカーフ、ネックレス等、「上半身にもってくる色と調和させる」のが基本です。
多色使いや柄物のお洋服の場合は、「一番大きな面積の色」か「一番目を引く色」に合わせて下さい。

②お洋服のカラー別、相性のいいアイシャドーカラー

1)黒い服

強い色なので、彩度や質感に「強さ」がある色がバランスがとれます。
シルバー、ゴールド、ブロンズなどの艶(ラメ、パール)のある色や、パープル、ボルドーなどはっきりした色と合います。

2)グレーの服

比較的、どんな色にも合わせやすい色ですが、明度によって相性のいい色が変わります。
暗いチャコールグレーには、黒色と同様に「強い色」が合い、明るいライトグレーは、肌色に近いベージュやパステルカラーなどの、「明るくソフト」な色が合います。

3)ネイビーの服

爽やかな寒色系の色や、ソフトなパステルカラー、薄いアイシーカラーが合います。

4)ベージュ、ブラウンの服

ベージュ、ブラウン、ゴールド、オレンジ等の同系色や、グリーンとの相性がいい色です。
ベージュに合わせる場合は、明るい色を、ブラウンには、落ち着いた明るさでと、お洋服の明度と合わせると、より馴染みやすくなります。


5)ピンクの服

ソフトで女性らしい色と相性のいい色です。肌に馴染むピンク系のベージュや、パステルカラーなどが合います。

 

6)カーキの服

はっきりした暖かみのある色が合います。同系のダークオリーブ(暗いカーキ)の他、ゴールド、ダークオレンジなどがおすすめです。

③お洋服の彩度別、似合うアイシャドーの選び方

1)ビビッドカラーの場合

選ぶ色によって多少の違いはありますが、同じ色をメイクで繰り返すとくどくなるので、基本的には、カラーレスで質感に艶があるもの(シルバー、ゴールド、ホワイト系)や、肌に馴染むベージュ系が合います。
ただし、締め色程度に少量繰り返すのは大丈夫です。

2)パステルカラーの場合

彩度が低めのソフトなアイシャドーが馴染みます。パステルカラーや、ナチュラルなベージュ系カラーなどと合わせると違和感が出ません。

3)アースカラーの場合

同じトーンで揃えると地味になってしまうので、少し彩度を高めのはっきりした色と合います。

④洋服別おすすめのメイクカラー

1)ナチュラルカラー&カジュアルスタイル

 
出典:http://zozo.jp/coordinate/?ts=2&sid=391&st=&stid=&cdid=2160471

▼ナチュラルカラー&カジュアルスタイルのメイクカラー

デニムにムートンのアウターとブーツを組み合わせたカジュアルなコーディネートにはナチュラルでヘルシーなイメージに仕上がる色使いがおすすめです。
アイメイクは、アウターのベージュにあわせ、ナチュラルなベージュ&ブラウンのアイシャドーを。アイラインの上から、明るい緑を足して「締め色」にすると、ポップでキュートな印象になります。
口紅は、ジューシーなコーラルピンクやオレンジでヘルシーにまとめます。

2)ネイビー&フェミニンスタイル

 
出典:http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/coordinate/index673.jsp?intid=ttop_main

▼ネイビー&フェミニンスタイルのメイクカラー

お洋服のテイスト同様、ロマンチックで優しい色を使います。
アイメイクは、ワンピースの花柄と同じネイビーとブルーを繰り返します。
ブルー系でまとまり過ぎるのを避けるために、口紅は、明るい青みのピンクや青みの赤色を使って、アクセントを効かせます。

3)ダークグリーン&フェミニンスタイル

 
出典:http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/coordinate/index681.jsp?intid=ttop_main

▼ダークグリーン&フェミニンスタイルのメイクカラー

アクセントカラーのダークグリーンをアイメイクで繰り返します。口紅には、グリーンの補色でコントラストをつけて、フェミニンな華やかさを演出します。この時、ジューシーなストロベリーレッドだとキュートに、鮮やかなスカーレットだと、大人っぽい印象に仕上がります。

4)ピンク&ベーシックスタイル

 
出典:http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/coordinate/index681.jsp?intid=ttop_main

▼ピンク&ベーシックスタイルのメイクカラー

ピンクのカーディガンが、キュートなベーシックスタイルには、同系色の口紅をあわせます。口紅が引き立つよう、アイメイクはナチュラルなベージュの濃淡メイクで。

5)スモーキーパステル&ロマンチックスタイル


出典:http://www.erina-t.com/blog/staff/index.html

▼スモーキパステル&ロマンチックスタイルのメイクカラー

お洋服の優しい色使いと、メイクのトーンを合わせます。アイカラーも口紅も淡く落ち着いた色でまとめます。ただ、それだけだと印象がぼやけるので、目元の締め色には、強いチャコールを合わせます。

6)ダークレッド&ハンサムスタイル


出典:http://voi.0101.co.jp/voi/webshop/coordinate/index681.jsp?intid=ttop_main

▼ダークレッド&ハンサムスタイルのメイクカラー

落ち着いた色使いのハンサムスタイルに合うのは、シャープでコントラストの効いたメイク。アクセントカラーになっている、セーターのワインレッドを口紅に、マフラーのグレーはアイメイクで取り入れます。この時、口紅をローズピンクに変えると、少し可愛い印象になります。

⑤最後に

メイクは、お洋服の延長線にあるものと考えて、トータルで色を考える事が大切です。
まずはお洋服を選び、メイクをそれに合わせるのがコツです。
印象をまとめるテクニックを使って、もっとおしゃれを楽しんで下さいね。

本記事は、2014年12月9日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。