綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

角質を取りすぎていない?必要な角質、いらない角質について

2015年1月15日更新 | 6,391 views | お気に入り 571

 

角質は美肌には必要のないもの。というイメージがありますよね。
角質を取るために、しっかりと洗顔をしたり、ピーリングをしたりしている人も多いことでしょう。

しかし、本当に角質は必要ないものなのでしょうか?
必要な角質、いらない角質について知り、正しいスキンケアで美肌を目指しましょう。

角質の役目

皮膚は表皮と真皮の2重構造になっています。
そして、表皮の一番外側が角質層です。外部と接触する部分ですね。
角質層は0.02~0.03mmというとても薄い膜で、角質細胞がレンガブロックのように重なって出来ています。重なった角質細胞の間には、肌の水分を保持するためのセラミドが存在しています。レンガブロックを繋ぐための粘土のような感じですね。
角質層は、とても薄い膜ではありますが肌の水分を保持し、肌を守るバリアの役目をしています。
すなわち、角質層がなければ肌は水分を維持できず、また、外部からの刺激にも耐えられないということになります。角質層ってとっても大切なんです。

 必要な角質って?

健康な肌を保つための角質層

角質層は肌を健康に保つためにとっても大切なものです。
そのため、ゴシゴシと洗顔をしたり、ピーリングをしすぎたりして角質層を破壊してしまうのはダメなんです。
角質層をしっかりと守るようなスキンケアをしましょう。
角質層を守るケア方法がこちら。

●しっかりと保湿をする
●ゴシゴシ擦らない
●洗顔をしすぎない

角質層のあり方によって肌は美しくもなり、ボロボロにもなります。
美肌のためには角質層を守るためのケアを行いましょう。

 いらない角質って?

役目を終えた角質

肌を守る角質層はとても大切です。
しかし、肌は常に生まれ変わっています。肌の奥に新しい肌細胞が生まれ、徐々に表皮へと運ばれます。肌細胞によって新しい角質層が作られれば、古くなった角質は役目を終えたものとなります。肌をバリアしていた角質であっても、もう肌にとっては必要のないものとなるのです。

また、必要のなくなった古い角質が剥がれ落ちずに肌に付着したままだと、くすみやニキビ、肌の老化促進などの肌トラブルを起こす元凶となってしまいます。
役目を終えた角質が、ズバリ!いらない角質なんです。
いらなくなった角質は、肌トラブルを起こす前に取り除きましょう。だからといってゴシゴシ洗顔をしてはいけません。必要な角質まで取り除かれてしまいますからね。
古くなった角質だけを取り除くようなスキンケアを行いましょう。

 最後に

角質=敵というイメージがありますが、実は肌を健康に保つためにはとっても大切なものなんです。肌を美しく健康に保つためにも、角質層を守るスキンケアを心がけて下さいね。

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年1月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。