綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,861 記事

冬だからって油断は禁物!乾燥を防いで除毛する無駄毛対策方法

2015年1月15日更新 | 3,491 views | お気に入り 531

冬の脱毛

冬になると意外と悩んでしまうのが脱毛でしょう。見えないからといって放置するわけにもいかず、かといってカミソリで頻繁に処理していると乾燥が酷くなってしまいます。冬にやる脱毛方法で適切なやり方を紹介します。

冬の脱毛でカミソリはNGな理由

元々乾燥肌になりやすい冬なのに、肌を傷つけやすいカミソリでの脱毛はもっとダメージをひどくしてしまいます。皮膚の表面が剥がれて色素沈着したり、毛穴の炎症が起きて黒くブツブツ肌になるなどのトラブルが起きてしまいます。カミソリでの処理は気をつけても皮膚の表面を削ってしまうものです。後で保湿ケアをすれば良いというものではなく、乾燥肌で皮膚の再生が追いつかない冬は避けるようにしましょう。

カミソリだと頻度が多くなりNG

カミソリでの処理は2日に1回、長くても1週間に一度はケアしなければなりません。炎症が治まる前に処理するため、夏でもダメージが蓄積しやすいんです。冬なら乾燥により角質が剥がれやすい所に利用するため、よけいに皮膚の炎症を酷くしてしまいます。

どうしてもカミソリの処理がいいなら

冬のカミソリ脱毛

冬にカミソリの処理をしたいなら最低でも2週間に1度くらいのケアに留め、剃る前に保湿力の高いワセリンを塗りましょう。すべりが良く角質を除去しすぎません。剃った後は石鹸で洗い流さず、ぬれたタオルで軽く拭き取る程度にしてみてください。

ワックス脱毛は冬がおすすめ

頻度が少なくて済むワックス脱毛は実は冬がおすすめなんです。夏だと汗や紫外線のダメージにより皮膚に負担がかかりやすいのですが、比較的落ちついている冬なら脱毛ができます。利用するときは事前に保湿をして、肌が乾燥していないことを確認してから実行しましょう。

冬におすすめの理由

ワックス脱毛は回数を重ねるごとに毛が細くなります。冬からはじめると来年の夏頃までにはケアの必要が少なくなります。夏に向けて今からケアしておけばつるつる肌に近づくことができるのです。完全に生えてこないわけではありませんが、夏には比較的ケアが楽になり、水着を着る季節にキレイな状態を保てるというわけです。

手作りワックス脱毛

手作りワックス脱毛

砂糖やはちみつを利用したワックス脱毛は初心者におすすめの方法です。皮膚に負担が少なく、アレルギーを起こしにくいため初めてセルフ脱毛する方はこちらでチャレンジするほうが良いのです。

材料

砂糖・・・250g

レモン・・・2分の1個

はちみつ・・・おおさじ2杯

これを鍋に入れ火にかけカラメル状になるまで加熱します。トロトロになったら余熱を冷まし皮膚に塗って脱毛します。その上から伸びないガーゼなどを貼ると良いでしょう。貼り終わったら毛の流れと反対方向に一気に剥がします。最後に保湿ケアも忘れずに。

まとめ

乾燥しやすい冬の脱毛では頻度が少ない方法がおすすめです。カミソリだと頻度が多く肌がボロボロになっちゃう人も。脱毛は色々なやり方がありますが、肌に負担が少ない方法をチョイスしてみてくださいね。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年1月15日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。