綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,854 記事

紫外線対策!傷んだ髪のケア方法

2015年4月1日更新 | 4,269 views | お気に入り 546

imasia_10201191_M

顔のお肌同様に、私たちの頭髪や頭皮だって、紫外線を浴びて危険な状態になっています!
髪や頭皮の紫外線ケアについてご紹介します。

無防備な髪の毛は、紫外線を思いっきり浴びて疲れています・・・。

紫外線は毛穴の奥まで浸透します。

顔や首、腕などの紫外線対策は、バッチリな人でも、髪の毛の紫外線対策をしている、という人はかなり”まれ”なもの。え?髪の毛って紫外線対策する必要があるの!?と思っている人の方が断然多いかもしれませんが、答えはハイ!バリバリ紫外線によって髪は痛むものなんです。

日本人の髪の毛は元々、黒い色素(メラニン)を形成しています。紫外線対策グッズを見てみると、黒は紫外線を吸収して、カバーされている部分のお肌には紫外線が浸透しにくい、ということで人気がありますよね。ということは、髪の毛だってしっかり紫外線を吸収するもの、というのは当然のはなしなんですね。

紫外線を多く浴びた髪の毛は、メラニン自体も、髪の毛を形成しているキューティクルも壊されるため、髪は水分を失い、パサパサのボロボロになってしまいます。メラニンも破壊されているので、茶色っぽい髪の色になり、「日焼け」したようになります。

頭髪と同じように、頭皮も紫外線によるダメージをかなり受けています。この目に見えるようなパサパサボロボロの状態になっていると、もうかなりのダメージを受けているのですが、それでも!おしゃれの為にしっかりヘアケアしましょう。

紫外線よさらば!なヘアケア術をご紹介!

紫外線をシャットアウトして、キレイでおしゃれで、楽しい夏を過ごしましょう。

紫外線 たくさん浴びたら まず保湿

imasia_3610883_M

まずは、紫外線を浴びたらやることといえば、クールダウンと保湿。基本的には体や顔の日焼けをしたときと対応は同じようなものです。ただ、髪の毛ですので、保湿力の高い、ダメージ補修効果に優れたものを使用することをおすすめします。

今使っているシャンプーと同じシリーズのトリートメントを使う。

市販の紫外線ダメージ用のヘアケア製品は、さまざまなメーカーから発売されています。今お使いのシャンプーのシリーズでトリートメントを使うのも、髪が効果的に修復される方法のひとつです。

しっかり浸透させて、しっかりすすぐ。

丁寧にシャンプーした後に、トリートメントを髪にまんべんなくつけてしばらく置いたあと、しっかりすすぎます。すすぎ残しは症状の悪化やフケを引き起こすことも。

ダメ押しで温パック。

さらに、温かい濡れタオルで頭を巻いて、温パックをすると、髪への浸透がよくなり、補修スピードが上げられますよ。

編集部:
紫外線で傷んだ髪には、低刺激の重曹シャンプーもおすすめです。頭皮の汗や汚れ、皮脂などをサッパリ洗い流して髪の毛もサラサラになります!

紫外線 浴びる前にも しっかりカバーを

imasia_10296180_M

うっかり、髪の毛が悲しい結果になる前に心がけたいこと。それは、日焼けどめ、紫外線対策です。おススメの方法は次のとおりです。

市販の日焼けどめスプレーを使う。

体・顔用のものでSPFが高いものなら、家を出る前に頭にシューっとひと吹きするだけで、髪の毛の紫外線ダメージはかなり違います。

帽子、日傘などでがっちりガード。

出来るだけ直射日光に当たらないように、帽子や日傘で、しっかり紫外線対策をして、「傷まない環境」作りを心がけたいものですね。

紫外線を浴び続けた髪の毛は、年齢を重ねると抜け毛にもつながる、「弱い髪の毛」になりかねません。日頃からのヘアケアで、いつまでも健康で美しい髪の毛でヘアアレンジを楽しみましょう。

著者情報

綺麗のトリセツ編集部です。皆様のお役に立てるよう美容や健康に関するハウツーやトピックスを投稿してまいります!

本記事は、2015年4月1日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。