綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

桃井かおりの女として凄すぎるエピソード

2015年2月20日更新 | 45,505 views | お気に入り 631

momoi_stempower_boutique

画像出典元:http://www.sk-ii.jp/ja/ambassadors.aspx?name=momoi-kaori

男前な女優、桃井かおり伝説

独特の個性と演技力で人々を魅了し続ける女優、桃井かおりさん。流行りの女優、というわけではないけれど、その存在感たるや、他の女優さんと一線を画しています。そして、その発言もしかり。その珍発言、男前発言のエピソードの数々をご紹介。

「役作りのために、〇〇を教えて欲しい」

001

画像出典元:http://internet-frontline.com/blog/?p=513

1971年公開の映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」は、桃井かおりさんの本格的なスクリーンデビュー作です。現在のイメージとは違い、当時、恋愛の「れ」の字も知らなかった桃井さんは、ヌードシーンに臨む前夜、監督である田原総一朗さんの宿泊している部屋を訪れ、「役作りのために、(セックスを)教えて欲しい」と言ったそうです。驚いた田原さんですが、モチロン、この突然の申し出をお断りして、事なきを得たそうです。 

「27歳で、初めて口紅買った女なのねぇ~」

このコメント自体も驚きますが、このコメント、鬼奴さんがやる桃井かおりさんのモノマネを更にモノマネしながらコメントしてました。桃井さんは、モノマネされやすい女優さんですが、この茶目っ気も、彼女の魅力ですよね。

マネージャーの呼び名は〇〇で統一

とある番組にゲストで登場した桃井さん。マネージャーが変わるたびに仕事関係先にお知らせするのが面倒なので、マネージャーの名前は「ワタナベ」に統一しているのだそう。マネージャーになる人も、芸名ならぬ、マネージャー名を付けるというのも、実に桃井さん的エピソードでオモシロイ。

「たばこも吸うし、酒も飲まなきゃ生きていけない」

b0471bea4481dabb23bed05ef66f912d_2704

画像出典元:http://girlschannel.net/topics/48424/

お酒もタバコ(噂によると1日5箱吸うそうです(驚))も豪快に楽しむ桃井さんです。体のサビとコゲをつくり、美肌に大敵なこの2つを楽しみつつ、「肌さえ綺麗だと、自信がもて、悩みも乗り越えられる」という位、お肌には気をつけているそうです。

「失恋で泣いている暇があったらパックをする」

前向きで還暦を超えても美肌な、桃井さんらしいコメントですよね。また、彼女は、どんなに疲れていても、しっかりお化粧を落とすことと、汗をかくことを大切にしています。ポリシーは曲げず、自分の置かれた状況の中で、最大限の美の追求をしている桃井さんです。

自称「パンツのきれいな女」

しっかりお化粧を落とすことは、デビュー当時から必ず守っている桃井さん。お風呂にゆっくり浸かり、お化粧を丁寧に落とすことを習慣にいしていることから、桃井さん曰く、自称「パンツのきれいな女」だそうです。

「SK-Ⅱの商品は高いので全部使う必要はない」

桃井かおり

画像出典元:http://guru-forum.net/%E6%A1%83%E4%BA%95%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%AE%E7%BE%8E%E8%82%8C%E3%81%AE%E7%A7%98%E8%A8%A3

長年SK-Ⅱのイメージキャラクターを務めている桃井さんにとって、これは掟破りなのでは!?と思いがちですが、「50代過ぎてからの素肌の自信は、長年使ってきたSK-Ⅱのお陰」ということが前提で、「(SK-Ⅱの商品は)自分に必要なものだけで良い」と言い切れるあたり、スポンサーに200%媚びることはしない、桃井さんのスタンスが女性の憧れとなっています。

 「40歳になって、長生きしようと決めたら、生きることが本当に好きになった」

常々桃井さんは、若く見せたい、とは思っていないのだそう年相応に、カッコよく年を重ねることをポリシーにしているので、年を取ることを否定しません。

54歳、腐って出直した

2005年、54歳の桃井さんは、オーディションを受けて映画「SAYURI」の役を射止めました。その後、現在に至るまで、米国ロスアンゼルスに生活の拠点を置いて活動しています。54歳で新しい道に進むなんて、天晴れ。

骨粗しょう症啓発CMで美背中を披露

63歳の桃井さんが背中が大きく開いた衣装で骨粗しょう症の啓発CMに登場して話題になりましたよね。アラフォーの筆者、既に負けています。人工的な美でないところが、女性の支持を受けています。

「私は120歳くらいまでは生きるでしょうから、80歳からがさらに楽しみ」

美肌が自身のポジティブな精神に繋がっているという桃井さん。年齢を重ねることが楽しくてたまらない桃井さんらしいコメントです。

友達は人生の旨み、シミは人生の柄

生きることに前向きな桃井さん。友達は、人生という料理の旨みとのこと。更にシミまでもポジティブに表現する辺り、マジリスペクト(笑)って感じですね。

桃井かおりが緊張する人

file

画像出典元:http://car-me.jp/articles/1126

いつもドン!と構えている桃井さんですが、「幸福の黄色いハンカチ」の山田洋次監督に会うと若かりし頃を思い出すのか、とても緊張するのだそうです。

桃井かおりが腹立つ人

上記の「幸福の黄黄色いハンカチ」では、あの桃井さんも50回以上NGを出したシーンがあるそう。その時、何度もNGを出していた武田鉄矢からなぐさめられ「図に乗っている」と頭に来たそう。

あの人も桃井かおりのモノマネをした

imgres

画像出典元:https://www.youtube.com/watch?v=Pv6LnLjTHR8

桃井さんのモノマネというと、清水ミチコさんや、鬼奴さんが有名ですが、過去には、ウッチャンナンチャンの内村光良さんの「ミル姉さん」なども桃井さんのモノマネをしています。そしてレアなところでは、有吉弘行さんも過去に桃井さんのモノマネを披露しています。桃井さんは、「モノマネしやすい女優さん」の代名詞でもあります。桃井さんは、かなり特徴的でモノマネしやすいというのもあるかもしれませんが、ただの男前な女性というだけでなく、個性の中にも愛嬌や色気があるからこそ、老若男女に愛される女性というのが、モノマネされる人気女優の秘密なんでしょうね。

桃井かおりかるた

独特の名言がそのまま、かるたとして発売されています。「30過ぎたら同い年」「古いヘビほど柄がいい」など、直筆のカードでかるたを楽しめば、女子力アップ間違いなし。

まとめ

 桃井さんのコメントやエピソードを見てみると、「素直」「飾らない」「そのまま」といった、非常にナチュラルな印象を受けます。しかしながら、1本芯が通っているその行き方が、桃井さんの魅力であり、人気の秘密であり、綺麗の秘密というのがよく分かりますよね。綺麗の先輩、というだけでなく、人生の先輩として是非、この行き方、お手本にしたいですね。

著者情報

心と身体を鍛える空手の魅力にはまりそうな今日この頃です。

本記事は、2015年2月20日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。