綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

恥ずかしくて聞けないけど絶対必要!正しい鼻毛のお手入れの仕方

2015年2月26日更新 | 6,724 views | お気に入り 485

気が付くと目の前のキレイな女性に鼻毛が・・・!そんな経験、ありますよね?「気の毒。恥ずかしい~」なんて、他人ごとみたいに考えていたら、とんでもないことになるかも!女性だって鼻毛がのぞいてることなんて、よくあることなんです。

でも、鼻毛のお手入れ方法なんて誰も教えてくれないし・・・そんな方のために、ここでは鼻毛のお手入れ方法についてご紹介します。意外と間違ったお手入れをしている人がたくさんいます!お手入れをしたことがない方は、ぜひ試してみてください。

鼻毛は抜かずに「切る」が正解

鼻毛が出てるなんて恥ずかしいから、思い切って抜いてしまおう!と、意気込みいさんで抜くのは絶対にNG。鼻毛は抜いてしまうと、毛根部分が細菌感染を起こして化膿してしまいます。鼻の中に「おでき」ができたような状態ですね。

でも、「おでき」なんてすぐに治るし・・・と思ったら大間違い。鼻の中は薬が塗りづらいので放っておく人が多く、化膿がひどくなる場合もあります。最悪の場合は細菌が脳にまで及んでキケン、という意見も。

鼻毛を抜いたことがある方は分かると思いますが、鼻の中は粘膜なので毛を抜くと痛みが強く、鼻血が出たという人もいます。やはり、鼻毛は抜かずに「切る」が正解と考えておきましょう。

なにを使って鼻毛を切るの?

鼻毛はなにを使って、どのようにカットするのが正しいのでしょうか。普通のハサミは大きすぎるし、危険なので使えません。鼻毛カットに使うハサミは、鼻毛用の先のまるい小さなはさみをチョイスし、使用前・使用後のアルコール消毒は必須です。

鼻の中に先を入れてカットするタイプの「鼻毛カッター」という器具もありますが、鼻毛カッターはかなり短くカットされてしまいます。鼻毛は本来、細菌やゴミが入らないように鼻を守ってくれるもの。全く無くなってもよい、というわけではないのです。

なので、適度に長さを残してくれる、鼻毛用のはさみがベスト。鼻毛カッターを使うと花粉症の症状がひどくなった、なんていう意見もあります。めんどくさくても鼻毛用ハサミを使用して、少しずつケアしておくのがよさそうです。

どうやってカットする?

では、鼻毛はどうやってカットするのでしょうか。最も安全で無駄がないカットの仕方を調べてみると、「鼻をつまんだ時に、鼻からはみ出た部分をカットする」のが確実です。鼻をつまんでみて、先っちょが見えている毛を少しずつカットし、様子を見ていきましょう。

アレルギーを持っている方は、短くしすぎるのはNGです。あくまでも外に飛び出てくる部分だけを、ちょっとずつカットすることが大切です。鼻毛の根元まで切ろうとすると、誤って鼻の内部を傷つけることもありますから、毛先だけをカットしましょう。

鼻毛が伸びないようにしたい!

そもそも鼻毛は、外部のホコリやゴミ、細菌などを内部に入れ込まないようにするという役目があります。鼻毛が伸びるのが早い、という人は、ほこりやゴミが多い場所に住んでいる可能性も・・・思い当るところがないかどうかを確認してみましょう。

確実なのは、空気の澄んだ場所に住むこと。ですが、そう簡単に引越すわけにもいきません。せめて、部屋の中はゴミやホコリが舞うようなことのないように、こまめに掃除をし、鼻毛が伸びてしまうのを防ぎましょう。

著者情報

アンチエイジング・美容・健康に関する情報を集めるのが得意。『とりあえず自分でやってみる!』がモットー。実践に基づくキレイ情報をお届けします。

本記事は、2015年2月26日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。