綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

ミネラル不足が招く!?困った生理前のジャンクフード暴食の原因と対策!

2015年2月25日更新 | 10,457 views | お気に入り 636

生理前のイライラとミネラル不足

生理前になると無性にジャンクフードが食べたくなる人もいるようです。実はその症状は生理前症候群のひとつかもしれません。
女性ホルモンの変化によりイライラしやすい、むくむ、食欲が増えるなどの症状は当たり前?と思っていませんか。もしかしたらミネラルが不足しているため起こっている症状なのかもしれませんよ。
生理前の異常な食欲とミネラル不足の関係性について紹介します。

生理前にミネラルが不足しやすい理由

生理前は排卵が起こり妊娠のための体の準備をしています。そのため食欲が増えるのは当たり前のことなのですが、イライラしやすい・むくみなどの症状はミネラル不足とも関係性があります。
マサチューセッツ大学などの研究によると鉄や亜鉛を多く摂取している人は生理前症候群の症状が少ないことがわかっています。特に亜鉛は味覚とも密接な関係性があり、この成分が不足すると味が濃い物や甘い物が食べたくなる傾向があります。
また卵子を作るために亜鉛が必要なため食生活で足りないとミネラル不足の症状が出やすくなります。

生理前症候群と関係あるミネラル

生理前症候群

生理前症候群のトラブルはビタミンやミネラル不足と関係があるといわれています。食生活が乱れていると症状も酷くなりやすいため、次のような栄養に気をつけてみましょう。

カルシウム

生理前のイライラを予防する効果があります。小魚を食べたり、桜えびやじゃこなどをご飯に混ぜるのもおすすめです。

マグネシウム

むくみ解消に効果があるミネラルです。ナッツ類や納豆、牡蠣などに含まれています。

亜鉛

ホルモンの生成とも関係があるミネラルで、牡蠣やアマランサスなどに多く含まれています。

生理前に食欲が増えたり甘い物が食べたくなる理由

生理前と甘い物

生理前には無性にジャンクフードや甘い物が食べたくなる人も多いですね。どちらも糖質が多いため糖分を摂取して血糖値を上げることで精神が安定するからです。
甘い物は手っ取り早くセロトニンを増やすことができ、精神の不安定を解消できるのです。

糖質の摂取では逆効果も

ジャンクフードは油分も多いため体が酸性に傾いたり、糖質が多い食品は一時的な解消に過ぎず悪循環を招くこともあります。血糖値が急激に上昇するとそのあと急降下し、そのときにイライラやうつなどの症状が起こるのです。
何となく気持ちが落ち着くような気になり食べてしまいますが、かえって生理前症候群の症状を酷くする原因となるため避けましょう。

まとめ

生理前症候群とミネラル不足は密接な関係性があることがわかったのではないでしょうか。糖質が多い食品は一時的な安心感は得られますが、血糖値の変化でイライラしやすくなったり、食生活の乱れでミネラル不足になる原因にもなります。症状が酷い方は排卵日から生理までの期間の食事に注意してみましょう。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年2月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。