綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,850 記事

こんな方法があったのか!女性ならではの痔の治し方7選

2015年3月5日更新 | 66,098 views | お気に入り 439

097442

意外と多い、女性の「痔」。女なのに、痔になるなんて・・・と、恥ずかしさのあまり、治療を遅らせてしまう人も多いようです。しかし、痔になると排便のたびに痛みが走り、ひどくなると手術以外の治療がなくなったり、何度も再発したりします。

できれば手術せずに治したいのが女心というもの。しかし、痔の治し方なんて人にはあんまり聞けません!そこで、ここでは意外と痔に効く!と評判の痔の治し方を7つ、ご紹介しましょう

肛門体操でイボ痔を直す

これは、初期のイボ痔の人に効果があると言われている方法です。肛門に力を入れながらゆっくりと締め、息を吐き出していきます。次にゆっくりと息を吸いながら、肛門の力を抜いていきます。

これを10回程度行い、朝晩の習慣にしていきましょう。症状がひどくない場合は、市販の薬とこの体操で治る!と断言している人も。筋肉を鍛えるというのがイボ痔の予防にもなるようです。ヒップアップも期待できるので、お尻の形を気にしている人にとっても良い体操ですね。

長風呂でイボ痔解消!

肛門部分の圧迫は、痔の症状を悪化させてしまいます。肛門部分の血流を良くしておくことでイボ痔の症状が軽くなる、という人もいます。体全体の血流を良くするのが一番効果がありますが、時間のない人は温かいお風呂につかるだけでも構いません。

ぬるめのお湯に長めに浸かるだけで、血流は少しずつ良くなります。理想は汗が出るくらい使っておくこと。全身の血流が良くなれば、ダイエット効果も見込める!ということで、女性に特に注目されている痔の治療法です。

座りっぱなしを避ける

097373

これも、お尻まわりの血流改善のための方法ですね。デスクワークで長時間座りっぱなしになっていると、自分が思っているよりも血流が悪くなっています。体を動かして血流を良くする、軽い運度をするなどが効果的です。

でも、どうしても運動ができない!座りっぱなしで仕事をせざるを得ない・・・という方は、ホッカイロを使用しましょう。お尻に小さなホッカイロを貼り付けるだけで、ずいぶん違ってきます!使用するときはやけどしないように気を付けてくださいね。

ビフィズス菌で痔を改善

ビフィズス菌は痔に直接関係ありませんが、痔を引き起こす原因となる「便秘・下痢」に大きくかかわってきます。痔になりやすい人は腸内環境が悪くなっている人が多く、便秘と下痢を繰り返す、という人は痔になりやすいという人もいます。

ビフィズス菌を効果的に摂るには、オリゴ糖を取るのがおすすめ。大豆や玉ねぎ、にんにくなどに含まれていますが、より効果的に摂るには市販のオリゴ糖を使用するとよいでしょう。朝のヨーグルト摂取もおすすめの方法です。

固形石鹸でお尻を洗う

女性が多く使うボディソープは、実はとても刺激が強いものです。洗浄力が強いものは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、切れ痔の人にとってはあまり良い洗い方ではありません。そのため、固形の石鹸を使用して洗浄するのがオススメなんです。

排便後はトイレットペーパーでごしごしこすらず、なるべくウォシュレットで洗浄しましょう。ウォシュレットが無い場合は、できればシャワーで流し、やわらかめのタオルでやさしく洗います。石鹸でも刺激が強いと感じる場合は、やわらかい繊維のガーゼと、シャワーでふき取るだけでも十分です。ゆっくりと丁寧に、汚れを残さないようにして洗浄してください。

ツボ押しで痔を解消!

痔のツボなんてあるの?と思われるかもしれませんが、「痔に効くツボ」は、いくつかあります。代表的なツボは、頭のてっぺんにある「百会(ひゃくえ)」、尾てい骨の両側にある「会陽(えよう)」、尾てい骨の先端部にある「長強(ちょうきょう)」などです。

この3つは特に代表的なツボなので、ぜひツボを指圧したり、お灸をすえたりしてみてください。お尻は自分では難しいので、親しい人や家族にお願いしましょう。お灸をすえるとじんわりと温かく、とても気持ちよいのでおすすめです。

ストレス解消で痔も解消!

098228

一番大切なのはこれではないでしょうか?ストレスがたまる→便秘や下痢になる→痔になる、といった悪循環がうまれると、解消されるものも解消されません。ストレスは血流の悪さにもつながりますから、痔にとって良いことはないのです。

体を動かす、長風呂を楽しむなど、さまざまな解消法がありますが、できれば血流を要するものを選んでみましょう。ゲームやお酒などの娯楽よりは、汗を流すものの方が痔にとっては効果的です。体の中からストレスを出し切る!という気持ちで、汗を流してみてください。

著者情報

アンチエイジング・美容・健康に関する情報を集めるのが得意。『とりあえず自分でやってみる!』がモットー。実践に基づくキレイ情報をお届けします。

本記事は、2015年3月5日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。