綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,860 記事

バストが小さくなるNG習慣とサイズがマイナスにならないためのバストケア方法

2015年3月4日更新 | 12,893 views | お気に入り 617

バストが小さくなる習慣

こんな習慣がある人はバストが小さくなっちゃう!という内容を紹介します。実はバストは垂れるだけでなく、サイズ自体も小さくなってしまうことがあるようなのです。日常生活で気をつけたいこと、そしてできるだけバストを大きく保つコツをお伝えします。

バストは小さくなる?

バストのほとんどは脂肪ですから生活習慣により脂肪が燃焼されればしぼんでしまうことがあります。20代などまだ若いのに胸がどんどん小さくなるなんで悲しいですよね。次のような習慣が無いかチェックしてみて下さい。

コーヒーをたくさん飲む

1日3杯以上のコーヒーは胸の脂肪が減るという研究結果もあります。詳しいことはわかっていない部分が多いのですが、コーヒー好きの女性を調査したところ小さくなる傾向が見られたそうです。

短期間に体重を落した

ダイエットすると当然胸の脂肪も落ちますが、短期間のダイエットは胸にある筋肉まで落す結果に。胸が小さくなるだけでなく垂れる原因にもなるため避けましょう。

ベジタリアンである

ベジタリアン

たんぱく質が不足すると胸の栄養も減ります。たんぱく質にはアミノ酸が含まれており、肌の弾力を保つコラーゲン・筋肉の材料にもなっています。ダイエット中なら脂肪は減らしつつもたんぱく質が摂れる赤身のお肉がおすすめです。

寝不足ぎみ

細胞の修復は寝ているときに行われています。栄養をしっかり摂っているようでも胸がしぼみやすい方は、睡眠時間が十分か見直しましょう。

生理が不定期

生理が毎月ちゃんと来ないということは女性ホルモンのバランスが乱れています。ホルモンの乱れはやりすぎのダイエットでも起こります。

ストレスを感じやすい

ストレスは自律神経を乱し体を冷やす原因となります。血流がわるければそれだけバストへの栄養がいきにくくなるのです。またストレスは男性ホルモンを優位にする働きもあるため、仕事が忙しい方は適度に休憩を取ってくださいね。

体が冷えやすい

体の冷えはストレスや筋肉の不足など色々な原因が考えられますが、血流が悪くなり女性ホルモンの生成も上手くいかなくなります。半身浴などで体を温め、適度な運動で血流を良くしましょう。

バストアップのためにやりたいこと

バストアップとキャベツ

紹介したバストを縮める原因を取り除くことはもちろんですが、食生活を改善したりエクササイズでバストアップさせる方法もおすすめです。大豆に含まれるイソフラボン、キャベツに含まれるボロンはバストアップに良い食材だといわれています。マッサージは乳腺を刺激し、血流を良くするよう優しくやりましょう。オイルを塗ったら下から上、外から内側にマッサージします。これだけでも女性ホルモンがバストに伝わりやすくなります。
ボロンたっぷりの春キャベツレシピはコチラ⇒

まとめ

今回紹介した生活習慣は意外とやりがちですよね。若い方もこれらで縮んでしまうことがありますから注意しましょう。今からケアしておけば加齢により胸が垂れるのも防ぐことができますよ。

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年3月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。