綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,859 記事

ヒップUPアーティストが内緒で教える「まだ間に合う!気になるヒップの黒ずみ解消法!!」

2015年3月4日更新 | 33,069 views | お気に入り 590

f038fbcf694863ba13dce68aaa9fa83f_s

皆さ〜ん!最近お尻チェックしましたか?
ヒップUPアーティストのタカシです。

今回のテーマは「まだ間に合う!ヒップの黒ずみ解消法!!」についてで〜す。
「どこに黒ずみ!?」って思っていらっしゃる方、はい!チェックのお時間です!ご自分のお尻とももの境目あたりをチェックしてみて下さい!何か周囲のお肌より、がさついていたり肌色が濃くなってはいませんか?そうです!!これがもう黒ずみが始まっているサインなんです!!えっ〜!!これどうすればいいの!?って方、ご安心下さい。
今回はこんな方のための「黒ずみ解消法!!」です。

なぜ黒ずみになっていくのか?その仕組みは?

そもそも黒ずみって何で出来てしまうのでしょうか?

  • 摩擦や外力による
  • 肌が乾燥することで外的刺激に敏感になる摩擦や外力による

以上2つ。
この「摩擦や外力」と「乾燥」が原因で肌の角質が厚くなるのが原因です。
ちょっとお肌の図を見てみましょうか!


【出典元:「一番正しいスキンケアの教科書」吉木伸子著】

お肌は基本3つの層に分けることが出来ます。
表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」。
今回のヒップの黒ずみは「表皮」にあたる部分の角層と言われる部分の変化だと思って下さい。

角層は肌の最も外側の部分で、肌やカラダを守ってくれています。また角層は死んだ細胞の層が重なり合って構成されており、レンガの壁のようにびっしりと並んでいるとイメージしてください。

通常はこのビッシリとした細胞の壁が外からの刺激に対して頑張っているのですが、外からの刺激が強過ぎると、ある変化が起こります。

ある変化とは?

外からの強い摩擦や圧迫、そして乾燥によってこの角層はダメージを受けます。そうするとその刺激に負けないように角層が厚くなり色素が沈着するようになります。また肌全体のくすみも関係しており、年齢と共に肌のターンオーバーが弱り、角層が厚くなってくるのも原因となります。


【出典元:「一番正しいスキンケアの教科書」吉木伸子著】

ヒップの場合は特に骨盤の座骨結節部分の周囲の肌、簡単に言えばお尻とモモの境目あたりが黒ずみやすいのです。


【出典元:「クリニカルマッサージ」医道の日本社より】

黒ずみが出来る人の具体的例

  • 座っている時間が長い人(座骨に体重がかかるため)
  • 自転車に長く乗る人
  • 締め付けのきつい下着やナイロン系の下着を好んでつける人
  • ナイロン系のタオルでゴシゴシ洗う人

いかがでしょうか?結構皆さんが普段やっていることで当てはまるものもありますよね!?

この中でも気になるのが下着の締め付けやナイロン系の下着の摩擦があまり良くないこと、そしてナイロン系のタオルでゴシゴシ洗うことの2つは意外に知られていないようです。
下着に関しては、コットン系の下着がおすすめ!最近はオーガニックコットンでカッコいいデザインのものもあります。そしてゴシゴシ洗う方は後ほど対処法で詳しく説明しますね!!

黒ずみ対策&対処法とは?

対処法で大切なコトは2つ。

  • ピーリング
  • 保湿

この2つなんです!!
早速ですがまずは「ピーリング」から。

ピーリングとは!?

簡単にいうと、表面の固く古くなった角質を取り除いてあげることで深層にある角質のターンオーバーをスムーズにし肌代謝をUPさせることなんです!

そしてピーリングには「グリコール酸」や「AHA(フルーツ酸)」配合のもので、洗い流すタイプがおすすめです。いろんなタイプがあるのですが、スクラブ系(粒入り)はヒップの黒ずみには刺激が強すぎて余計にガサつき、黒ずみに拍車をかける場合があります。

そこで僕がおススメするのは、今流行の洗顔固形ソープをヒップに使うという方法です。顔用の固形ソープはもともとデリケートスキン用に作られているので、お尻に使用すれば最高なのです。
特におすすめはサンソリットの固形石鹸です。

サンソリット固形石鹸


出典元:http://www.sunsorit.co.jp/SkinPeelBar/index.shtml

是非お試し下さい。

ピーリングの方法

固形ソープでもジェルソープでもしっかりとまず泡立てること、そして綿のタオルを使ってなでるようにピーリングするのがおすすめです。決してナイロン系のタオル等でゴシゴシやるのは絶対にNGです。またハンドで行うのもありですが、スキンケアなら良いのですが、ヒップの黒ずみはハンドだけだと不十分なので綿タオルをお使い下さいね!

次は「保湿」です!

保湿について

実は黒ずみやカサカサの原因の1つとして、乾燥肌があります。
乾燥肌になる原因の1つにボディソープなどをしっかり泡立てず、ナイロン系のスクラブ石けんでゴシゴシ洗っている方は、肌の角質が逆に傷つき、はがれ落ち、正しい周期(28日)よりも早く、ターンオーバー(肌の入れ替わり)が起きてしまうことで角質細胞が不安定な状況となり、保湿力が低下します。

ボデイ用保湿剤の形による特徴

【クリームタイプ】
メリットは保湿力があり、肌にも優しいものが多い。
デメリットはベタつきが残ること。

【乳液】
メリットはクリームタイプよりベタつきが少ないので扱いやすい。
デメリットは界面活性剤(水と混ざりやすい成分)が多いため、敏感肌の方には向かない。

【ローション】
メリットはさらさらして化粧水に近く扱いやすい。
デメリットは保湿力はあまり期待出来ない。

【オイルタイプ】
オーガニックなものが今は主流。肌のしっとり感の持続性は高いが、保湿力自体は高くなく、敏感肌の方はアロマエキスでかぶれやすいので注意が必要。

保湿成分の種類

  • 油分
  • 美容成分
  • 尿素

などがあり、油分は年齢と共に油脂量が減少するので必要です。
美容成分系は保湿力はあるのですが高価ですね。
安価なのは尿素なのですが、肌荒れがひどい場合はしみたりするので状況見て使用して下さい。

【肌の水分量と皮脂量の変化】


【セラミドの働き】


【出典元:「一番正しいスキンケアの教科書」吉木伸子著】

ピーリング及び保湿剤使用時の動きの方向が大切だよ!!

最後に実際ピーリングや保湿剤を塗る際にどのような方向に動かすのがベストかというと、もちろん筋肉の繊維の動きに沿って動かした方がマッサージ効果もあり、血流の促進及びお尻の筋肉の活性化にも繋がります。
下記の図の矢印の方向でやってみて下さい。
大事なことは下から斜め上方向です!!
特に黒ずみやすい、お尻の下部は優しく重点的に行って下さいね!!
これ大事だよ〜!!


【出典元:「クリニカルマッサージ」医道の日本社】

まとめ

ということで「お尻の黒ずみ解消法」いかがでしたでしょうか?
大切なことは普段からチェックし、こまめに「ピーリング」と「保湿」を行うことそして「動きの方向性」これを忘れずに、ピカピカヒップめざしましょうね〜!
がむしゃらにやってもダメです!お尻は結構デリケートなんです!!

著者情報

ヒップUPアーティスト

本記事は、2015年3月4日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。