綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

旬のお野菜でおいしく綺麗になれる、春野菜の美容レシピ【春キャベツ】

2015年2月25日更新 | 3,436 views | お気に入り 609

春はお野菜の美味しい季節。春キャベツも美味しいですよね。
実は春キャベツには美容に良い効果がたっぷり含まれているんです。

そんな甘くて柔らかい春キャベツを使ったレシピを紹介します。

春キャベツの美容効果

まずは春キャベツの美容効果をまとめてみました。

ビタミンC

キャベツにはビタミンCがたっぷり含まれています。
ビタミンCは、疲労回復効果の他にも、美白効果や抗炎症作用などがあります。
そのため、シミやニキビの予防・改善に役立ってくれます。

ビタミンU

ビタミンUは別名キャベジンとも呼ばれている成分です。
キャベジンといえば有名なのが胃腸薬。ビタミンUはその効能のとおり、胃腸を整える効果があります。飲み過ぎたり、食べ過ぎた時はキャベツを食べると良いですよ。

ボロン

あまり聞きなれない栄養素のボロン。この栄養素、実は美容にとっても効果的なんです。ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促します。
女性らしい美しさはエストロゲンによって保たれています。エストロゲンが不足してしまうと、肌や髪が老化してしまうんです。それをボロンが抑制してくれるんですね。
いわゆるアンチエイジング効果です。エストロゲンが減少し始める、更年期の女性は是非ともキャベツを食べましょう。

エストロゲンがしっかり分泌されると、バストアップにも繋がると言われています。
お胸のサイズが気になる人にも、ボロンたっぷりのキャベツはおススメです。

春満載♪春キャベツの温サラダ

冬に収穫される冬キャベツは、葉が固めなので煮込み料理や、炒めものに適しています。
でも春キャベツは、水分をたっぷり含んでおり、柔らかく甘いので、じっくり火を通してしまうのも勿体ないですね。
春キャベツの柔らかさと甘さを楽しむためにも、余り火を通さないお料理にしましょう。
たっぷりの春野菜を食べたいのであれば、おススメなのは温サラダです。
それではレシピの紹介です。

rel07

春キャベツの温サラダのレシピ

~材料~2人分
春キャベツ・・・3枚
アスパラ・・・2本
パプリカ・・・1/4個
新じゃがいも・・・2個
~ドレッシングの材料~
新玉ねぎ・・・1/6個
マヨネーズ・・・大さじ3
粒マスタード・・・小さじ2
ワインビネガーor酢・・・大さじ3
オリーブオイル・・・大さじ1

作り方

①春キャベツは食べやすい大きさにちぎっておきます。
アスパラは細めの斜め切り、新じゃがいもは8分割にカット。
パプリカは細切りにしておきます。

②新玉ねぎはみじん切りにして、辛さを取るために軽く洗っておきます。

③ドレッシングの材料を全部容器に入れ、よく混ぜてマスタードドレッシングを作っておきます。

④キャベツとアスパラは一緒に耐熱容器に入れ、軽く塩をふり、ラップをかけます。

⑤じゃがいもはシリコンスチーマー(耐熱容器でもOK)に入れ、軽く塩をふり、大さじ1杯の水を加えます。

⑥レンジにシリコンスチーマーに入れたじゃがいもを入れ、約4分チンします。
竹串がスッと通るくらい火が入ればOKです。

⑦じゃがいもができたら、次はキャベツたちをレンジで約3分チンします。

⑧出来上がった野菜たちを混ぜ、細切りにした生パプリカを加えザックリ混ぜます。

⑨お皿に盛り付け、作っておいたマスタードドレッシングをかければ完成です。

キャベツとアスパラに、あまりしっかりと火を入れてしまうと、せっかくのビタミン類が壊れてしまいます。春野菜は柔らかく生食に適しているので、しなっとなるくらいで大丈夫ですよ。

最後に

春のお野菜たちは美味しさも栄養も抜群です。
春の恵みたっぷりの温サラダを食べて、体の中からきれいになっちゃいましょう!

著者情報

楽しいことを見つけるために、日々いろいろ模索しています。新しい健康法やビューティレシピを試したり、作ったりするのが好き。

本記事は、2015年2月25日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。