綺麗のトリセツ

美容専門ハウツーサイト女子力UP!ウェブポータル

綺麗のトリセツ

掲載中のトリセツ記事数 1,856 記事

シャンプーを使わない湯シャンって本当にいいの?芸能人もやっている湯シャンの方法とその効果

2015年3月23日更新 | 11,118 views | お気に入り 565

imasia_9494937_M

シャンプーを使わない方法として注目されているのが「湯シャン」です。芸能人でも実践している人も増えており、抜け毛が減るとか白髪対策にいいなど色々な面で評価が高いシャンプー方法なんですよ。この洗い方のメリット、デメリット、やり方を紹介します。

湯シャンとは?

湯シャンとはお湯のみで髪を洗う方法です。シャンプーやリンス、石鹸など洗浄成分となるものは一切使いません。でも本当にシャンプーを使わなくてもいいの?と思っている方も多いのは事実です。使用した方からは色々な良い効果が報告されているため、メリットが高いと思った方は取り入れてみるのも良いでしょう。

  • 皮脂の分泌が落ち着く
  • シャンプー代がかからない
  • 抜け毛が減った
  • 頭皮が健康になってきた

湯シャンを実行する芸能人

タモリさん、福山雅治さんが実践者としては有名です。どちらも頭に石鹸やシャンプーを使わないだけでなく、体も湯洗いだけなのだとか。女性の場合はミランダカーも湯シャン派だといわれています。日本でも湯洗いのみの洗顔方法は増えてきましたが、頭皮となると敷居が高いのは事実です。まずは正しい方法を知ってみましょう。

湯シャンのやり方

1・動物の毛のブラシで丁寧にブラッシング

頭皮に付いた汚れ、皮脂などを浮かす効果があります。湯シャンだけではベタベタしやすい、汚れが落ちていない気がするという人もいるようです。面倒でも丁寧にブラシをかけましょう。

2・40度のお湯で湯シャン

40度くらいの少々熱めのお湯で洗うと、頭皮の皮脂が適度に落ちます。いつもより長めの時間を使って、頭皮もしっかりとマッサージします。ただしゴシゴシ洗うのは頭皮に傷を付けて痒みの原因となるため優しく行なうのがコツです。

湯シャンVSシャンプー

imasia_2417035_M

通常のシャンプーは添加物が多く含まれているものもあります。石鹸シャンプー、低刺激のアミノ酸シャンプーを使えば頭皮に優しいのですが、それでも皮脂を多く取りすぎるという考え方から生まれたのが湯シャンです。元々皮脂は必要だから分泌しており、取り過ぎると常在菌のバランスを乱すのです。これにより雑菌が繁殖したり、痒み、カビなどの原因となります。しかし誰でも湯シャンが向いているわけではありません。いつも使っているシャンプーに満足できない人は是非挑戦してみましょう。

シャンプー・・・頭皮や髪にトラブルが無い人向け
湯シャン・・・頭皮の乾燥、皮脂が多い、痒みなどのトラブルがある人向け

まとめ

湯シャンは私も一度ためしたことがあるのですが、ベタベタしたりきちんと洗えていないような感じがして続けられなかったことがあります。頭皮のコンディションが良くなるにはある程度の時間が必要みたいです。またブラシを使わないとすっきり感も出にくいため、湯シャンに興味がある方は正しい方法で実践してみてくださいね。

編集部:
やっぱり湯シャンには抵抗感がある方には、重曹シャンプーがおすすめです。泡は全く立ちませんが、頭皮のベタつきや汚れはしっかり落として、刺激も少なく、気になる頭皮のニオイも無くなるのでぜひ試してみて下さい!

著者情報

最近はもっぱらナチュラル思考です。自然が大好き!

本記事は、2015年3月23日公開時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。